FC2ブログ

太田切川の楽しみ!

ここの画像と、ほぼ同じ場所なんですが、寒々として来ましたねェ~。今回は、旅案内みたいです(笑)。

yama.jpg 信州も小雪が舞う様になって来ました。地方紙では、冬の風物詩である、「ザザムシ獲り」が始まったとの記事も見られますね(ザザムシについてはこちら)。今年は、7月の集中豪雨で、川が荒れたからザザムシの数も少なそうです。川の様子も大分変わったから来年の釣りが心配だ(笑)。


自分が知る範囲では、信州・伊那谷には九つの酒蔵と、二つのワイン醸造所が有ります。※飯田市の喜久水酒造㈱もワインを作っているようですが、甘味果実酒なのかな?

清酒は、そろそろ新酒が店頭に並びますが、先日、ワインの新酒も出荷が始まった様です。カベルネ・ソービニョンを父に、日本に自生する山葡萄を母に持つ「ヤマソービニオン」を使った「紫輝(しき)」は、渓流解禁中にお世話になった(笑)、太田切川C&R区間下流部の、本坊酒造信州工場で仕込まれました。その名前の由来となった紫色のワインは、多少酸味を感じますが個性的な味わいですね。ワインについて、語るほど知識も味覚も持ち合せていないんですが、醸造所も栽培されたブドウも、良く行く釣り場の傍だと思うと特別に愛着が湧いてきます。工場ではウィスキーの試飲もあるようですから、釣りとは別に楽しめそうです。これで、釣果が良ければ言うことないんですが・・・。
※店先を借りて撮影いたしました。
IMG_2698wine.jpg


14:57 | 酒ネタ | comments (0) | edit | page top↑
新酒・夜明け前 | top | 信州サーモン?

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する