FC2ブログ

手取川サケ釣り・・・その1

行いの悪さか?前日まで秋なのに、釣行日は冬に!     ※画像は11月7日、釣りの帰り道

IMG_2618yuki.jpgいよいよ、手取川サケ釣りへ向かう事と成りました。11月6日、午前11時自宅を出発し、安房トンネル~平湯~富山へ抜け、そこから「美川IC」へ。宿に着くと真っ先に、天候チェック。今回、ご一緒したHさんが「ヤバイ!明日は、風速10m以上の強風で、大雨だって」。暗い雰囲気が部屋中に・・・(笑)。

そこで、2002年の事を思い出しました。この時も、調査区間の駐車場に着くと、ものすごい風と雨、雷も鳴っているし、おまけに雹も降ってきました。管理棟の前に集まった釣り人から「今日は中止か?」なんて声が聞こえます。川は上流のダムから放水が始まった様で、濁りもきつく増水状態です。トラウト相手なら先ず諦める所ですが、中止にならないのなら釣ってみよう!と言うことで始めると、これが当たる!20回近いバイトが有り、非常に良い釣りが出来ました。そこで、今回も一同前向きに考える事にしました・・・けど(笑)。

IMG_2600tedori1.jpg11月7日5時、風の音と雨、雷で目が覚めました。もう一度、天気予報をチェック、良い材料はありません。調査区間に向かいます。予報通りの強風が、しかも対岸側から吹いています。フライは前に飛ばないんじゃないか?誰もがそう思いました。強風でロッドは曲がり、18fの竿を風に向かって振り下ろせるのか?折れるんじゃないか?この時点でモチベーションはかなり低下してます・・・ビールを3本空けてからウェーダー着用です。


開始から、1時間後の午前8時、漸く準備が整い調査区間へ向かいます。川はかなりの減水で、管理棟前のプールは止水に近い様な状態で、先行している皆さんは、少しでも変化が有る区間最下流部(鉄橋方面)と最上流部に集中しています。特に下流部は管理棟前のプールの流れだしからザラ瀬になり、小さなプールを形成していて、遡上したサケがそのプールで休む様で、ポツポツ釣果も上がっています。流れ込みは、エサ釣り師が、その下流には十数人のルアーアングラーが陣取っています。フライは、まともに対岸から吹き付ける強風の為大苦戦。私達は、満員状態の下流部は諦め、誰も居ない「管理棟前プール」で頑張ることになりました。流れにメリハリが無く、いかにも釣れそうに有りません(泣)。
IMG_2599tedori.jpg
↑は「管理棟前のプール」雨で白く霞んでます。強風でススキも倒れてますね。帰宅してから、白山市の風速を調べたら18mだったそうです。

・・・・続く

13:37 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑
手取川サケ釣り・・・その2 | top | 源流釣行便利グッズ?

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する