FC2ブログ

今年の渓流は終了

今年の渓流釣りは3回、以前は年間100日以上行ったのに・・・。週四回以上毎朝南アだった頃が信じられない。中アは水温が低いから早朝は反応が悪くてダメで、 早朝の渓流FFは南ア一択なのでした。←これ、仲間内の常識(笑)。

DSCN0001.jpg 7時入渓地点到着。車止めには県外ナンバーの車が数台有ったから、先行者も覚悟してたんですが居なかった。みんな最上流を目指すんだな、健脚&元気ですねぇ~。
 今日の目的は、どこまでイワナが居るのか?生息する限界まで上ってみようと思います。過去の釣行記録から四区間に分けて凡そのタイムスケジュールを立てました。天気予報は終日晴天、日の出が5時30分頃、日の入りが18時頃、山の陰になるから感覚的には20~30分ずれそうです。
7:00  入渓地点到着
釣行日6:50の入渓地点付近→
9:00  第一地点
11:00 第二地点
12:00 第三地点(A沢入口)
14:00 最上流部到着、隣のB沢に移動
15:30 B沢での釣り終了 
最大30分延長で16時には必ず撤収、でないと視野が狭い暗い中での川通しはかなり危険。
 
DSCN0026.jpg
18:00 入渓地点 
釣行日18:00の入渓地点→
19:30 車止め 
の、予定
 帰り道、真っ暗な林道を歩くのは問題無いけど、転倒の危険が増える(真っ暗な)石がゴロゴロした川原を歩くのは何としても避けたかったし、クマも怖いですからね。前回の教訓から最近持ち歩かなかったトレッキングポールも携行する様にして、安全策を取るようになりました。 
で、釣りですが・・・

7時25分に一匹目が釣れて8時37分第一地点に到着、第二地点に付いたのが11時24分、時間が押したので取り戻すために一番数が出る区間をショートカット、でも、途中魚の反応が良くて結局、第三地点到着が12:30分でした。
 最初はウェットで釣ってたんですが、途中テンポを上げるためにドライに変更、でもウェット用のシステムしか持っていなかったため、3X7.5fのリーダーにフロロの3Xを70cm結んでその先にドライフライを結ぶ、ロングリーダーもファインティペットも関係ないシステムになってしまいました。ティぺットにフロロの3X、まず切れないぞ!かかってこい(爆)←なんだかなぁ~。
2017913イワナ 


ハイブリット?
放流されていないから、イワナは全て天然のもの。ヤマトイワナが殆どですが、100匹に1~2匹位背びれから尾びれにかけて白い点がある中間型が混じります。今回も中間型が1匹釣れました。この手のイワナが釣れると在来のイワナ(ヤマトイワナ)と放流のイワナ(ニッコウイワナ)が交配して出現した魚で、ハイブリットと呼んでる方もいますけど、放流記録が無い川にも中間型はいます。在来種として中間型が居る訳で、必ずしも中間型=在来のイワナ×放流のイワナではないと言う事ですね!自分はハイブリットより中間型の方がしっくりきます。
↓婚姻色が出たこの川の平均的なイワナ(ヤマトイワナ)
DSCN0010.jpg


ウェットフライ
最上流は岩盤底で滑滝の連続、魚影は薄くたまに釣れるイワナは落ち込みの泡の下に居ました。それを釣るのにウェットは最適で、リードフライに#12ソフトハックル、ドロッパーの#10のロイヤルコーチマン、殆どのイワナはドロッパーを喰ってきました。↓画像最下段のイワナを上段左の落ち込み脇で釣って、15:20、タイムアップ。河畔林の感じから尾根が近いのに、かなり上流までイワナは居ます。まだ上流に居そうですね。
 結局、イワナの棲む限界もしくは魚止めは分かりませんでした。釣果は30~40匹でしょうか、一番数が出る区間をショートカットしたので何時もより数は少ないです。最大は28~29cm、9寸以上が7~8匹釣れました。それから最後のイワナを釣った場所の水温が12.5度、南向き斜面を流れる源流部は、思ったよりも水温が高かったです。
これにて、今シーズンの渓流・源流は終了です。イワナの生息する限界は、来シーズン挑戦かな?
DSCN0025.jpg源流19


DSCN0022.jpg

20:46 | 源流釣行 | comments (2) | edit | page top↑
久々のドライフライ | top | 源流のウェットフライ

Comments

# リコプテラ 様
お越し頂きありがとうございます。

源流は疲れます。加齢によりバランス感覚が悪くなるのか転倒が増えるし・・・(涙)
来シーズンは4pロッド・トレッキングポール・サポートタイツ・サポーター等々、装備を見直します。

放流のないヤマトイワナの渓にも白点の有るヤツは居るんですよね。天然魚×放流魚でも出現するとは思いますが、ハイブリットと呼ぶ方は天然魚として認めない傾向が有ります。でも、居るんだよ~!

リコプテラさんは私より年下だと思いますので、体力が有るうちにぜひ挑戦してみてください。

ではでは。 
by: 自営業FF | 2017/09/18 08:30 | URL [編集] | page top↑
# 素晴らしき源流釣り
こんにちは。
源流釣行、おつかれさまでした。
いつもながらお見事な釣果ですねー。
私なら途中で集中力が途切れそうです(笑)
確かに、放流のない源流ヤマト棲息域にも白点のある個体はいますよね。私もハイブリッドという呼び方には違和感があります。
私も、いつかこのくらい源流まで行ってみたいものです(^_^)
by: リコプテラ | 2017/09/17 16:27 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する