FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

”すごろく”のあがり

源流FFを”すごろく”に例えたら、「あがり」は・・・まぁ、魚止め制覇でしょうか(笑)。・・・今回、釣りの話は殆ど無いです。
  
源流1 午前4時車止めに到着、10分後に目的地に向けて林道をスタート。20分ほど進んだ所で、ウェーディングシューズを履いていない事に気が付いて引き返します(涙)。ラバーソールのウェーディングシューズは自宅から履いて行く事が多いのに、今日は違った!普段履きのままだった、やっちまった!ハイ、Uターン

結局午前5時再出発、結構、大型の工事車両が通過します。6時10分、入渓地点到着、さらに40分歩いて釣り開始だぁ~

で、今回の釣行(も)画像が殆ど有りません。デジカメを、凍らせたアクエリアスハンディパックと一緒にベストのポケットに入れていたら、結露を起こしてレンズが曇ってしまいました。ウォータープルーフ云々のオリンパスμタフでも曇るのかよ!そうか、防水では有っても結露は起こすんだった!と現場でツッコミを入れてしまいました(笑)

少しですが、動画は記録してありますのでボチボチ編集してみます。

閑話休題
釣り開始から4時間、表面が黄色くていかにも滑りそうな、高さ2m近い大きな岩を乗り越えようとした時。まずロッドを岩の上に置いて、Yの字の様に両手を広げて手掛かりを掴んで、右足を掛けて左足を予定の足掛かりに持っていこうとした時、右足が「ズルッ」滑った。60cm位の高さを落ちた、両足着地なら問題無いけど右足一本に(健康診断のたびに、標準オーバーを指摘される)全体重が掛かっちゃった。”グキッ”痛てぇ~、やっちまった!ハイ、魚止めは断念!
 
 骨折はしてない様だけど、チョイ重い捻挫には間違いない。が~、此処で止めないのが”バカ”と言うものでして、もうチョッと上流のキリが良い場所に行って止めよう(笑)。で、”キリ”まで来て終了。帰り道は捻挫個所に負担が掛からない様にコースを選びながら休みながらゆっくり、ゆっくり、時々クマを警戒するためと痛みに耐えかねて「オ~イ」とか「痛てぇ~」とか叫びながら。

 足のケガ以外に心配事が一つ、予想通り時間がかかって真っ暗。午後8時過ぎの谷底、ヘッドランプ程度じゃ照らし出す範囲が狭くて景色が見えない。目標物が無いから正確な入渓地点が分からない。これには参った、今自分は何所に居るのか?ひょっとして入渓地点を通り過ぎちゃったんじゃないのか?まぁ、ひたすら下れば堰堤が有ってその右岸斜面を登れば林道に出るけど、痛めた足で斜面を登るのは嫌だし、かなり危険だからなぁ~。

源流2午後10時、入渓地点と言うか退渓地点に着いた。途中、真っ暗な中、二つの光る○が見えた。工事の為電気が引かれていてそのスイッチのランプなら、このまま進めば林道だと思ったけどチョット違う。以前、暗くなった林道で同じような光を見て標識だと思って進んだら鹿の目だった。やっぱり、今回も鹿の目がヘッドランプの光を受けて金色に光っていたんですねぇ~。「こうあって欲しい・入渓地点の林道であって欲しい」と思うから自分に都合が良い様に考えちゃうんでしょうね。

車止めに付いたのは、日付が変わった午前零時10分でした。釣りを止めてから9時間かかりましたよ!今回はチョット考えさせられましたね。もし骨折だったら・・・、単独で源流はリスクが大きいことを痛感しましたよ!もうそろそろ、単独での源流釣行も引退でしょうかね。とは言え、引退する前に”すごろく”あがっとかないと・・・

 現在、痛い足をかばいながら仕事に励んでいます。それにしても、会う人会う人が皆「自営業FFさん痛風なんだ?」には参ったなぁ(笑)。痛風じゃない!捻挫!・・・何故か拘ってしまいます。(爆)
 
05:14 | 源流釣行 | comments (6) | edit | page top↑
源流のウェットフライ | top | 魚止めを目指そう!!

Comments

# リコプテラ 様
お越し頂きありがとうございます。

年に数回でも深夜の林道を単独で歩く機会があると、夜の山道には慣れてきますよ。
怖いのは、天候の急変だったり、足元が不安定なだけに転倒だったり、疲労から来る状況判断のミスだったりです。
それと、ヘッドランプの電池切れ、これは参った!以来、予備の電池と電池要らずのハンドルを回して充電する懐中電灯も持つようになりました。

次回からは、今まで以上に怪我にも気を付けます。ではでは。
by: 自営業FF | 2017/09/04 09:06 | URL [編集] | page top↑
# 夜の谷底
こんばんは。
おつかれさまでした。
今回は大変な目に遭いましたね。脚大丈夫でしょうか。お大事にして下さい(^_^)
私も大岩で滑って、膝と頬を痛打した経験があるので、それからは細心の注意を払っています。
夜10時まで谷底に!? 想像しただけでオソロシイです。無事に生還されて何よりでした。
動画、楽しみにしています(^_^)
by: リコプテラ | 2017/09/01 17:58 | URL [編集] | page top↑
# SHIGE  様
お越し頂きありがとうございます。

結局、予定よりもかなり早めに切り上げて、その分、休み休み下ってきました。
ヘッドランプと予備の電池、行動食とスポーツドリンク、飴、ライター、デジタルオーディオもあったので、最悪、営林署の休憩小屋に泊るのもありかと思ってました。翌日、工事車両に泣きつくとか・・・工事車両が通るってある意味心強いです。

サンデーアングラーの人生2回分くらいは渓流・源流FFやったので、もうすぐ源流は引退かなぁ~(笑)
by: 自営業FF | 2017/08/29 14:45 | URL [編集] | page top↑
# mckee様
お越し頂きありがとうございます。

「この石(岩)は滑る」と予想していたので、三点保持して上るつもりでしたが不注意でした。
昨日から足が痛みだし、現在、松葉杖を使用してます。整形外科の先生曰く「骨に異常は無いけど、腫れ方が変だ」そうです。

それにしても、マイッタネ!ではでは
by: 自営業FF | 2017/08/29 14:26 | URL [編集] | page top↑
# 無理はダメですよ。
こんばんは。
僕も今年やりました。
僕は、すぐに引き返しましたよ。
無理してはダメなのと、まだ行けると思うのはやめましょう。
by: SHIGE | 2017/08/28 18:44 | URL [編集] | page top↑
#
こん○○は。

気を付けて行ってねって、言ったじゃん^^。
by: mckee | 2017/08/28 17:55 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。