FC2ブログ

麒麟ビールとニコライ二世

鱒釣りWebなのに、釣りの話じゃ有りません。本を読んでも、酒か釣りか(笑)
20061029120450.jpg

※先日、見事な杉玉を見かけました。
20061028221541.jpg作家、佐木隆三のノンフィクション勝ちを制するに至れり〈上〉を読んでいると、明治24年来日した帝政ロシアの皇太子ニコライ(後のニコライ二世)が、神戸に上陸した時「鳴戸ミカン、万年堂カステーラ、キリンビール、瓦煎餅の献上があった」と言う箇所が目に留まりました。神戸とキリンビールとニコライ二世、全く繋がりの無い様に思えたのですが、酒好きとしては調べてみたくなりました。


IMG_2553book.jpg岩波文庫の「大津事件」の中に、神戸元町一丁目明治屋より麒麟ビールが献上された、とあります。神戸元町一丁目明治屋?早速ネット検索してみます。出ました、出ました。明治屋って酒類食品の商社だったんですね。次にキリンビールの歴史を見ると1888年 ジャパンブルワリー、明治屋と一手販売契約を結びキリンビールを発表とあります。これで納得しました。1888年(明治21年)に生まれたキリンビールを、一手に販売していた明治屋が、1891年(明治24年)来日したニコライが神戸に上陸したt時に、神戸の特産品?の一つとして献上したんでしょうね。現在、私達が飲んでいるキリンビールとは製法も製造レシピも違うと思いますが、帝政ロシア最後の皇帝ニコライ二世もキリンビールを飲んだのかもしれないと思うと面白いですね。

※キリンビールのHPを見ると復刻ラガー成るものが12月に発売するとか。これ飲んでニコライ二世の気分を味わってみますかね。




21:59 | 酒ネタ | comments (0) | edit | page top↑
手取川、ようやくフライでサケが・・・ | top | 禁漁の渓は・・・

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する