雨の影響は?

久々の雨は好結果をもたらすのか・・・

ずいぶん古い本ですが、糸井重里氏がバス釣りにはまった様子を綴ったエッセイ「誤釣生活」(ごちょうせいかつ)で、一日一匹の釣果だから「一日一本、晩酌オヤジ」なんて表現が有りました。上手いこと言うなぁ~、って感心したけど本流釣りは「晩酌オヤジ」で上出来なんですね(笑)。

ニジマス408 気温16.5度、水温11.3度。チョット増水で透明度は50cm位?。新しい魚が入って来ていると期待してたんだけど、何かビミョウなヤツが釣れました。サイズもビミョウで33cm、尾鰭の下側が擦り切れてます。
 
沈んだ石を目標に、送り込んだりスイングさせてるからフライの消耗が激しくて、弾切れで(30分で)強制終了(涙)。待ち続けた雨の効果が実感できませんでした~。

今年地元の本流で8匹目は(ちょっとお疲れの)ニジマス33cm。今年、50匹無理そう?




10:13 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (2) | edit | page top↑
一週間ぶり | top | ニジマス釣り・・・動画

Comments

# リコプテラ 様
お越し頂きありがとうございます。
 何故ニジマスが居るのでしょうかね?50年以上前、大雨のために宮田村に在った養魚場から大量にニジマスが流出した事が有ったみたいですが、諸々の原因が複合的になってるのかもしれませんね。
 ある時期はホウライマスが多かったので、イベントに使われるのにホウライマスが多い年が有ったのかもしれないと思ったりして。
 自営業FFが小学生のころ、70cm位のニジマスを釣ったと学校の先生が話して居ましたよ。自分が知っている範囲で、本流のニジマスについては、これが一番古い話ですね。その頃には、もう居たんでしょうね。
それにしても、どのように供給されているのか興味が有ります。

それではまたお越しください。
by: 自営業FF | 2017/04/11 10:06 | URL [編集] | page top↑
# 本流のニジマス
こんばんは。
またまた釣ってますね(^_^)
今回の雨で支流の活性も上がりそうです。
ところで、漁協はニジマスって支流のダム湖にジャンボニジマスを放流してるだけですよね。支流の鱒釣り大会で流れ出したのが、本流に下って育ったんでしょうか。それにしては数が多いし。
まさか、自然繁殖してるってことはないですよね?
by: リコプテラ | 2017/04/10 21:13 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する