我流!源流ウェット

年に数回とは言え、20年以上同じ釣り場に通っていると少々マンネリ気味・・・。最近は気分転換を兼ねて、ウェットで釣る事も多くなってます。人に教わった事もなく、(超)我流。それでも釣れてくれるから源流のイワナはありがたい。

ウェットフライといってもショートレンジなのでドライと変わりません。←上手い人は知りません!自営業FFレベルでの話。

上手い人の源流ウェットって如何やっているのかな?興味がありますね~。

動画ではピンク色のラインの変化に注目して下さい。引き込まれたり、弛みが取れたり動画でもアタリは分かり易く出てます。特に3分54秒~は、ラインが上流に引っ張られてますね。5分22秒~は、唯一ドロッパーのEHCに掛かりました。

BGM被せる時間がなかったので、リールの音と瀬音以外は何もないシュールな動画です(笑)。音楽無しの9分は厳しいなぁと、我ながら思います。お時間が御座いましたらご笑覧下さい。ホント、味気のない動画に仕上がりました(笑・笑)




23:38 | GoPro HD・・・動画 | comments (2) | edit | page top↑
表紙 | top | いや~、キツイ!

Comments

# リコプテラ 様
お越しいただきありがとうございます。

(超)我流を前置きして(笑)
リードフライとドロッパーの間隔ですが、ドロッパー1本の場合は50cmくらいです。源流はポイントも狭いのでこの程度で良いのかな?と思ってます。

ティペットは餌釣りの固い素材2.5~3号を10cmです。水量が少ない場所(取水の下流部とか)ではEHCをドロッパーに使うこともあります。EHCはウェットフライとしても必要にして十分で、ライズを見つけた時は、フロータント処理をして勝負です。←無精なだけ(笑)

皆さん、アタリが分かるのか?気にされますけど、御覧の通りハッキリ分かりますよ。EHCをマーカーに見立てなくても大丈夫だと思います。以上、参考になりますでしょうか?

それではまたお越しください。

by: 自営業FF | 2016/09/19 09:45 | URL [編集] | page top↑
# 臨場感たっぷり
おはようございます。
私はBGMのない動画の方が好きですよ。川の音とリールのクリック音、そして時折聞こえる熊鈴の音、自分が釣っている気分になれて最高です。まぁ、私の場合こんなに釣れませんが(笑)
ラインが引き込まれたり、エルクが引き込まれたり、動画見ながら自分でもアワセを入れてました(^_^;)
私もエルクのドロッパーたまにやりますけど、エルクからリードまで60cmくらいでやってます。動画見るともっと短そうですが、その方が良いでしょうか。
by: リコプテラ | 2016/09/18 09:23 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する