FC2ブログ

川は変わっていくのだ

20011年8月。
IMG_1267-1.jpg


そして、2016年5月。河畔林が大分成長しましたね。で、変化が有ったのは”そこ”だけではありません。イワナ達にも変化が有りました。
DSCF1035-1.jpg


2010年迄はこのタイプ↓が多かったです。で、その上流を探索した時はこんなのも釣れたんですよ。それが2016年には如何なったのか?
CIMG0695.jpg


長くなりそうなので畳みます。←たいした内容ではないですが・・・(笑)

2011年春、雪融けと同時に治山工事が始まり、この沢の流れをパイプで迂回させ、水が流れていた場所が臨時の道路になりました。この辺りから怪しくなって来ました。怪しくなって来た話(笑)

CIMG1857[1]で、その2ヵ月後、何とブルックが釣れてしまった。ハッキリ、人間の手が加えられた証拠が出てきました。標高1100m、工事が始まる迄、荒れ果てた林道しかない(地図に林道が載っていなかった)場所に、わざわざ放流するんだ。ブルックは放流イワナに混ざってしまったのでは・・・と、推測。釣り人相手ならもっとメジャーな場所にしなさいよ!こんな場所じゃぁ、費用対効果無いよ。

何の目的の放流か知らないけどこれ!ダメだろう

2013年にはこれ。こうして変化が分かるってブログを続けた価値が有ったかな。そして今年。放流魚が定着し始めたのでしょうか?ブルックは2012年だけでしたが、あっさり、コレ↓が釣れる様になりました。
今後、釣れるイワナが如何代わって行くのか?ウォッチしていきたいと思ってます。自然って、こうして人間の手(工事も含めて)が入って変化するんだ。
もう一度言います。やっぱり、こう言うのダメだろう

DSCF1042-1.jpg


11:41 | 源流釣行 | comments (4) | edit | page top↑
出掛けた序でに釣ってみた | top | 初渓流

Comments

# patri 様
お越しいただきありがとう御座います。

根拠は無いのですが、工事と因果関係が有るような気がしてなりません。
大規模な治山工事と同じ頃から放流魚が出現し始めました。
工事の影響による「イワナの減少を防ぐ為の放流」みたいなことを言いそうで、何だかなぁ~、という感じです。
源流部は大雨とその後の工事でズタズタになりましたが中流部にはネイティブが頑張っているだけに残念です。

木曽は年券9K円は未だしも、日釣り2K円は痛いですね~。
根羽ですか、下伊那は25年位釣っていないので機会があればと思っています。

伝聞ですが、遠山川は在来魚に対する意識が高いそうなので漁協によって意識が違うのでしょうね。

それではまたお越し下さい。

by: 自営業FF | 2016/05/30 10:05 | URL [編集] | page top↑
# ヤマト魂
こんばんは
貴重なヤマトの渓が失われるかもと思うと悲しいですね
漁協に文句言いたくなってしまいました。
自分のホームの木曽も年券が以前の倍になり、漁協の決断に驚きと疑問に感じる事が多いです。
一匹ですがブラウンが釣れたこともありました
イワナの放流が全部ヤマトだけになるとか努力が見えれば喜んで払うんですけどね。
いっそ成魚放流なんかやめて稚児放流だけにすれば、釣れるのは綺麗なヒレピンの魚ばかりな川になり魅力的だと思うのになと
あと漁協にはローテーション禁猟区やエリアにより持ち帰り制限を厳しく設定して欲しいなどやれることは色々あると思います。
人手不足も大きいのでしょうかね?
もう一つのホーム根羽漁協は小さいながらも頑張って下さってるので、いつまでも年券は買い支えるつもりです。
by: patri | 2016/05/29 23:31 | URL [編集] | page top↑
# リコプテラ  様
お越し頂きありがとう御座います。

今まで放流しなかった源流に、工事で道が整備されたからって「わざわざ放流すんなよ」「今まで放流しなかったんだから今後も良いじゃん」「意味が分からん」とは心の声(笑)←”笑”どころでは無い?

放流しなければ魚が維持できない場所は放流すれば良いし、そうでない場所は自然に任せれば良いのに・・・と思ってしまいます。
釣り人相手の放流とも思えないし、工事とも関係が有りそうな気もします。
「工事の影響によるイワナの減少対策」とか言ってそうで怖い。ベクトルが違うと思うのは私だけ?
今後もイワナの変化を見届けます。それではまたお越し下さい。
※放流魚も年によってコンディションが様々ですね。特にエラブタが小さくて鰓が見える魚が多い年はイケマセンでした。

by: 自営業FF | 2016/05/23 10:28 | URL [編集] | page top↑
# いろんなイワナたち
こんにちは。
漁協さんの放流には頭をかしげたくなることが多々あります。
ブルックが釣れたことあるんですね!? ビックリです。
放流に混じったとしか考えられませんが、そもそもそんなのが混じること自体、管理がずさんというか、何も考えてないというか、漁協さんと養殖業者さんどちらも。
拙ブログにも書いたばかりですが、南アルプス側のエゾイワナのような大きい白い斑点しかない放流イワナが、最近気になっています。
by: リコプテラ | 2016/05/22 13:58 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する