FC2ブログ

キャスティングに(も)難あり!

シューティングヘッドで、ビューンと跳ぶはずがアレッ?

IMG_2413.jpg前回までの手取川では、#10~#12のDHを使用しましたが、地元の本流では使用する機会が激減したためオークションにて処分しました。結局、残った唯一の#12がGルーミスのこれ→
シューティングヘッドの長さを調整するのも兼ねて、キャスティングの練習をしてみました。笑っちゃうくらい飛びませんね。もう、キャスティングぼろぼろ!たしか、メーカーの謳い文句が「超遠投を望むなら」とか「キャノン砲」とか景気の良いコピーが並んでいましたが、ルーミスのテクノロジーを以ってしても、私の未熟さはカバー出来ません(笑)。


IMG_2411.jpg#13、13.5mのインターミディエイトで投げてみましたが、きっちり先端までターンするのは30~32mまでですね。それ以上は、グチャグチャ(笑)。しかも、長いヘッドだとフライの位置が掴み難くて、自分の流したい場所よりかなりずれているみたい。どうせ、30mしか投げられないのなら、もうチョッとヘッド短くして、フライのコントロールを良くした方がベストかな?と言う結論に達しました。試しに、ペリーポークで投げてみても、距離は一緒でした。むしろこちらの方がしっかりターンしてるみたい。レギュレーションの変更により、今年は右岸からの釣りになるみたいですが、魚の居場所まで届くのでしょうか?しばらくは、キャス練で楽しめそうです。


12:07 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑
木曽路とか、昔の話とか | top | だから本流はやめられない

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する