FC2ブログ

閑話休題

将棋の名人とチェスの生きる伝説が勝負。ワクワクする異種格闘技、それにしても羽生名人ってチェスでも日本のトップクラスなんだぁ~。 エンターテイメントとしてこれは面白い!
※11月28日、追記・・・・
sy


以下特設サイトのコピペ
ガルリ・カスパロフ
1963年4月13 日生まれ、史上最年少の22歳でチェス世界チャンピオンの座を奪取し、15年もの間世界チャンピオンのタイトルを保持し続けた。2005年3月にチェストーナメントから引退。現在は民主化運動をしている政治家。チェスの実力は今でも世界TOP10に入る実力を保持していると言われている。

カスパロフは“人類の代表”として、IBMが開発したチェス専用コンピュータ“Deep Blue”と対戦。1996年と1997年に行われた対戦では結果1勝1敗。 カスパロフは再戦を望んだが、IBM側はプロジェクトを終了させてしまい、結局再戦は行われることはなかった。


 おお~、チェスのチャンピオン対コンピューターってニュースで見た覚えがあるぞ。いくら将棋の永世名人でも、チェスは畑違いだし、相手は一線を退いたとは言えトッププロだった訳だし、どんな対局になるのか楽しみですね。

プロ棋士の対局を見ていつも感じる事「人間の脳って凄いな」

詳細はコチラ

結果は・・・

しかし面白い。将棋の名人の趣味がチェスだなんて。
11028.jpg



19:20 | 未分類 | comments (2) | edit | page top↑
とにかく更新 | top | 西駒ケ岳

Comments

# >リコプテラ 様
お越し頂きありがとうございます。

いやぁ~、将棋って面白いし、プロ棋士はホントに凄いと思いますね。
人間の脳は、どの様な可能性を見せてくれるのでしょうか?

去年の電王戦は788台のコンピュータを繋げてプロ棋士と対局するなんてのもありましたよ!
結果はコンピュータの勝ちでしたが、何らプロの価値が落ちる事はないと思いました。

意外なのは、コンピュータも(結構)間違う事がある事でした。
で、人間側は疲労や気持の動揺からミスが出て、負けるパターンが多かったです。
解説曰く「コンピュータは疲れないし、ミスをしても後悔も動揺もしないから強い」(苦笑)

羽生名人が史上三人目の中学生プロ棋士だと話題になったのは30年前なんですね。
当方も年を取るわけだ(笑)

それではまたお越し下さい。※自分も碁はさっぱり分かりません。
by: 自営業FF | 2014/11/29 15:20 | URL [編集] | page top↑
# 人間 vs コンピュータ
こんにちはー。
私は将棋は打てますがまるっきり弱いし、チェスはルールさえ知りませんが、こういうの大好きです!時々、意味もわからず囲碁番組眺めてたりもします(笑)
羽生さんがチェスの日本ランク1位ってのもすごいですが、相手は引退してるとはいえ本職、さすがですね!
一番気になるのはDeep Blueとの三戦目をやっていたらどうだったのか。逃げるんじゃないよー、IBM(笑)
人間 vs コンピュータってSFチックでおもしろい。いつかコンピュータに勝てなくなってしまう時がやって来るのでしょうかねー。
by: リコプテラ | 2014/11/29 13:57 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する