FC2ブログ

読みながら飲む。

釣りブログは禁漁になるとツライ。何か読みながら、一杯やって川に思いを馳せましょう。

DSC07260-1.jpg


ちょっと面白い論文が有りました。「2004年夏季の大井川源流域におけるイワナの食性」。標高1,900mを超える大井川源流で、在来のヤマトイワナと1980年以前から放流されたニッコウイワナの餌料生物を巡る競合関係について報告されています。で、釣り人として興味深かったのは20センチ以上のヤマトイワナは同階級のニッコウイワナと(採餌を)比較して水生昆虫幼虫は同等でも陸生昆虫は少なかった事と、20センチ以上のヤマトイワナと20センチ未満のニッコウイワナの摂る”エサ”が類似している事ですね。←毛バリ釣りはこれ重要!って上手い人が言ってそう。
DSC07091-1.jpg 本文には”ヤマトイワナは同階級のニッコウイワナより劣勢であるため、底生生物である膜翅目幼虫への依存度が比較的大きい小型のニッコウイワナと類似した食性になっているものと考えられる”とあります。ってことは、同じ様な大きさのヤマトとニッコウが混生している場合、ドライフライを流すと先にニッコウイワナが釣れて来る可能性が高いという事でしょうか。
それにしても、イワナでも亜種が違うというだけで優劣があるんですね。イワナの世界も厳しいな。

また、底生生物ではコカゲロウ科が一番多く食べられていました。これはニンフフィッシングのヒントになるのでしょうか?それにしても、釣り人目線で論文読むのって面白いナァ~。学生時代、この好奇心があれば・・・(笑)。
興味がある方は、全文がこちらにあります。


 
18:58 | 未分類 | comments (4) | edit | page top↑
久々に見たら面白かったヨ! | top | クマに遭う話

Comments

# > SHIGE  様
お越し頂きありがとうございます。

自分もただ釣りたいだけの人間ですよ、シンプルで良いじゃないですか(笑)

20~30センチの魚相手にオッサンが真剣に「如何やったら釣れるかな」「こんなふうにしたら面白いかな」なんて考えてるのは微笑ましいじゃないですか(笑)。

それではまたお越し下さい。
by: 自営業FF | 2014/10/18 22:42 | URL [編集] | page top↑
# ためになるなぁ~
こんばんは。
イワナ、ヤマメ、アマゴを釣りたいという気持ちだけで川に立っていた自分も、皆さんに出会えていろいろ考えるようになりました。
今後のリニア新幹線とか環境変化も控えていますがどうなっていくんでしょうか?
自分でできることはなんなのか!
今後考えていきたいですね。
by: SHIGE | 2014/10/18 20:49 | URL [編集] | page top↑
# >リコプテラ 様
お越し頂きありがとうございます。

釣り人目線で論文を探すと面白いヤツが結構ありますよ!放流アユがどの程度鱒族に捕食されるのか、みたいなのも面白かったし、イワナの採餌の水深についてとか、出水でどの程度移動するのか、等々。ヤマトイワナ関係もポツポツありますよ!

人生の経験値はこのままで、学生時代の体力と体型に戻りたいものです。←髪の毛も!(爆)
せめて老眼だけでも何とかならないかなぁ~(ボソッ)

それではまたお越し下さい。
by: 自営業FF | 2014/10/15 08:41 | URL [編集] | page top↑
# 今から思えば
こんばんはー。
興味深い論文ですね。ヤマトイワナの方が風貌からすると強そうなのに(笑)、劣勢なんですねー。
いやぁー、ホントに今から思えば学生時代っていろんな事を勉強する時間はたっぷりあったのになぁ。社会人になっちゃうと、やっぱりお金を稼ぐのに時間を取られてなかなか新しいことを勉強できないんですよねー(という言い訳…笑)。
by: リコプテラ | 2014/10/14 20:59 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する