FC2ブログ

何とか帰還

本流も渓流も同じ釣り場は食傷ぎみ。違う場所へ入ってみたい。

そこには17~18年前から入る様になった。林道からロープを使って谷底に降りていって脱渓点まで釣り上がる。大型のヤマトイワナが釣れる場所でした。その後、台風の影響で川や山が荒れて治山工事や河川改修で環境が変わり、足が遠のいていました。今回、13年振りに下流部から入渓し、核心部に入ろうとした訳ですが・・・

 工事は数年前に終わっているので、見たところ川が浅くなったことを除けば昔のままでした。でも、自分も13年経って居て(笑)、以前の様にロープを使って降りずに(体重は増えて筋肉は落ちたし)、遠回りでも尾根伝いに進んで斜面を降りて行きました。←”無理はしないつもりだった”のである。

 でも、尾根から下る斜面の途中で進む事も戻る事も出来なくなってしまいました(”斜面”と言うより”崖”だ!ありゃぁ!!)。当然ウェーディングシューズを履いていて、フェルトのソールは落ち葉が積もった斜面では非常にヤバイです。もう、ポイントに着く前の此処で釣り意欲喪失、無事戻る事に目的が変わりましたよ。実は最短コースには、所々に工事の名残のロープが残されていましたが、何時・誰が結んだか分からないロープに命は預けられません。自分は置きっ放しのロープは絶対信用しないです。

 結局、なんとか戻るルートを見つけて尾根まで上がったけど上がったら降りなきゃ(涙)、尾根の反対側は傾斜が緩いので多少は気が楽ですが、此処でも”落ち葉”は怖かったです。やっとの思いで車に戻って帰宅のはずが「オレ、今日イワナ釣ってねえぞ」気が付いてしまいました(爆)。帰り道の途中、(また)久し振りの場所に入ってしまいました。

CIMG6021-2.jpg



 結果は・・・

止めときゃ良かった!急斜面の上り下りで(気が付かないうちに)足にキテまして大転倒二回。一回目の転倒は、釣り上がると底石の色が茶色っぽかったので「滑るから気をつけないと・・・」と思った時にやってしまいました。デジカメが水没。二回目は酷かった。アッと思った時には水面とその向こうに空が見えた。最初、自分がどう言う体勢なのか理解できなかった。天地が逆さまになって完全に水没。携帯も水没。でも、頭を打たなくて良かったぁ~←ポジティブ・ポジティブ。
 釣果は、底石の色をしたヤマトイワナが一匹だけ(涙)↓。
 
CIMG6024-2.jpg



分かっていたけど、今回の教訓

時間は皆の上に平等に過ぎている!10年以上前と同じに行動出来るわけが無い。

広葉樹の斜面にフェルトソールはヤバイ。海外メーカーのウェーディングシューズは靴底が硬いので(特にシ○ス)、大きい石がゴロゴロした源流はグリップが弱いし、ピンが打ってあるヤツは接地面が小さくなるから更にヤバイ(本流では滑らなくて心強いけど)。林道じゃなくて山歩きが必要な場合は、釣具メーカーの物より靴のメーカー(キャラ○ンとか)のほうが無難な気がする。←これ、主観ね

他人が設置したロープは絶対に信用しない。命を預ける価値なし。

ハードな釣行では筋肉に乳酸が溜まって転倒する可能性大、頭部保護のためにヘルメットが必要かもしれない。ツバが有る帽子を被っていた方が偏光グラスの性能が生きるから、帽子の上にヘルメット?蒸れて髪の毛に良くないか?

兎に角、デジカメと携帯の復活を祈るのみ。

皆さん、お互いに無理せずに楽しみましょうね!!





21:34 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑
準備中 | top | 釣り動画

Comments

# >けばり 様
お越しいただきありがとうございます。

自分の場合は”ドボン”より”バタン”、こける方でして・・・転倒しては一人谷底で「イテェ~」叫んでおります。
いつか、頭を打ちそうで怖いです。←髪の毛が薄くて帽子が頼り!

年齢に関係なく無理はしない方が賢明ですよね。
釣りキチ三平”イトウの原野”で魚紳さんが言ってました(正確ではないけど)「釣りと命を引き換えにするのはナンセンス」

仰るとおり!!

それではまたお越しください。
by: 自営業FF | 2014/06/04 12:41 | URL [編集] | page top↑
# ご無事で (>_<)
自営業FFさんこんにちは、ご無事で何よりでしたね。
今まで私に付いていた、「ドボンの〇〇」の名称は自営業FFさんに差し上げます(笑)

以前(かなり昔)、単独釣行で、ぴょんと飛び降りたら、断崖の張り付きみたいな所で、進む事はもちろん戻る事も出来ず困った事がありました。
最終的に、クマザサ4~5本だけを頼りに全体重をかけて這い上りましたが、その時の恐怖は今でも忘れる事が出来ません。
今の体力と・体重だったらきっと崖の途中でミイラになっていたと思います(泣)
by: けばり | 2014/06/03 12:39 | URL [編集] | page top↑
# >リコプテラ 様
お越しいただきありがとうございます&はじめまして。

ブログ拝見致しました。木曽が主戦場ですか。当方も一時期、木曽に通った時期がありました。
89年、御嶽山の麓で出会ったテンカラの釣り人が見せてくれた朱点の濃いイワナは衝撃でしたねぇ~。
あれからでしょうか?ヤマトイワナに多少関心を持つようになったのは。

今年は所用で木曽へ行く事が有るのでブログを参考にさせて頂きますよ!

それではまたお越しください。
by: 自営業FF | 2014/06/02 12:23 | URL [編集] | page top↑
# 命あっての
初めまして。
無事生還されたようで、何よりでしたe-257
どういう経路か忘れましたが、こちらのブログにたどり着きまして、拝見しました。
釣りもブログもかなりなベテランとお見受けしました。私は釣り歴はそこそこありますが、ブログは始めたばかりです。よろしければ、こちらのブログにもお立ち寄り下さい。
渓流のルアーをメインにやってますが、フライも修行中の身です。割とお近くにお住まいのようですので、ブログ読ませていただき、勉強させてもらいます。
by: リコプテラ | 2014/06/01 18:23 | URL [編集] | page top↑
# > SHIGE  様
> SHIGE  様
お越しいただきありがとうございます。

> でも増水しているときは川の中も深くて流れが速くて怖い。

な、何のために不摂生をして体重を増やしたと思っているんですか!
少しくらいの流れには負けない標準体重+αを維持しなければ・・・

学校の運動会で、お父さん達が転んで大怪我をするのを見て「何で転ぶの?」不思議に思っていましたが
今は分かります。

それではまたお越しください。
by: 自営業FF | 2014/05/29 21:31 | URL [編集] | page top↑
# 無事でなによりでした
こんばんは。

お互い若くないので気をつけましょう。

昔は岩の上をぴょんぴょん飛べましたが、
いまは無理しません。

でも増水しているときは川の中も深くて流れが速くて怖い。
この前川の真ん中で動けなくなりビビりました。
by: SHIGE | 2014/05/29 21:07 | URL [編集] | page top↑
# >たったん 様
>たったん 様
お越しいただきありがとうございます。

いやぁ~参りました。来月の源流に備えて肩慣らしの心算だったのに
2時間位の間に、50m程の斜面を降りたり登ったりしただけですが一日経った今でも筋肉痛が・・・
それにしても今回の転倒は酷かったです。まさに”屏風倒し”バタンという感じで背中から落水ですよ(苦笑)
頭を打たなかったのが奇跡、持っていたロッドを手放したのは条件反射(爆)

ヘルメット、ビジュアルや髪の毛に良くなくても、安全には代えられないと思う今日この頃です。

それではまたお越しください。
by: 自営業FF | 2014/05/29 20:49 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは。
結構、ハードな冒険をしているのですね!
お怪我がなくて何よりでしたが、、、^^;

自分も今期途中からヘルメットを着用することにしました。
夏場は暑いかな~? まあ様子見マス♪(笑)
by: たったん | 2014/05/29 12:25 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する