FC2ブログ

源流は水温6度だった!!

本格的な梅雨の前に、四年ぶりの場所へ行ったわけですが・・・、疲れた。

CIMG2160-1.jpg 予定の行程を終了し川通しで入渓地点に戻る途中、石に座って一休み。目の前の木を見ると1.5m位の高さに枝が引っ掛かってる。「へェ~、ココまで増水するんだ~」なんて思いながらよく見ると「クマ棚じゃん」、で周りを見回すとクマ棚多数。しかも折れた枝の葉が緑色で、極最近出来たものと思われます。夕方、此処に居てはヤバイかも(笑)。その後、ムチの入った競走馬のごとく下山スピードが速い!速い!釣り上がるのに8時間、帰りは1時間20分、新記録達成。
クマの威力は絶大ですね~、石から石へ跳ぶ事になる川通しで、何時も起こる腰痛が今回は出なかった(爆)。

早朝から歩く。林道には落石多数。場所によっては山崩れで道が狭くなっていたり、谷底を流れる本流も大分荒れてますね。目当ての支流は、晴天続きで減水しているかと思ったら平水でした。道路事情が悪いから釣り人が少ないのかな?入渓地点に向かう途中、水溜りを覗くとイワナがポツポツ居ますね。帰りに時間があったら釣ってみるかな。

 入渓地点に7時到着、歩き始めてから2時間か。スケジュールを確認します。夕方はクマの活動が活発になるから、16時前には切り上げましょう。19時迄には車止めに到着する予定。
 朝食を済ませてタックルをセットして「さぁ、始めますかッ!」

以下、釣りの様子を時間を追ってメモ風に綴ります。スクロールが長くなりそう・・・お時間のある方はどうぞ。


7時20分、釣り開始。天気くもり・水温7度・#14パラシュート。7時25分、反応あるが乗らず。7時42分、ヤマトイワナ、21センチ。水温が上がり始める10時頃までは釣れないと思っていただけに嬉しい。うっかりして、胃の内容物を見るのを忘れた。まッ、イイか。
CIMG2113-1.jpg


7時51分・59分に23センチ、8時34分・55分、9時02分に20~21センチ。8時55分に釣れたイワナは朱点が一つだけ濃くて印象的だった。今回も胃の内容物を確認し忘れた。バラシも二つ有り。
CIMG2119-1.jpg


 唯一の大場所に到着。釣れそうもないが投げてみる、距離にして17~18m。二投目、流れて来るフライが沈んだ。ラインのメンテナンスが悪くてティップが沈んだのが原因か?ラインの先端にフロータントを塗ってキャスト。また、フライが沈んだ。ピックアップしようとロッドをゆっくり持ち上げると魚信が伝わってくる、喰ってた。9時14分・痩せた24センチ、黒い魚体。9時24分、またフライが沈んだ。今度は合わせる、25センチ。どうやら、この場所のイワナは吸い込むようにフライを喰うようだ。最初に沈んだ時も喰っていたのか?
 近くでの反応が無くなりポイントの最奥、落ち込み近くにキャスト。フライが沈むがフロータントが効いてポッカリ浮かんで来て、少し流れてからフライが消えた。9時27分・25センチ。これで、このポイントも終了。釣れた3匹以外にバシャっと二回出たがそれはフッキングしなかった。派手に出る時はフライにドラッグが掛かっているのかも。
CIMG2122-1.jpg



CIMG2126.jpg胃の内容物を確認してみる。羽の付いた虫はいない。総じてエサも小さいし量も少ない、イワナが痩せているわけだ。もう二匹内容物を確認したが概ね一緒だった。

9時48分、10時21分・50分、11時02分・05分・21分、時間不明が3匹、22~26センチ。アップアイのフックに巻いたフライに交換したらバラシが続いた(二匹目と三匹目の間)。関係有るのか?トラブルが続いてリズムが悪くなる。集中力も途切れがち、釣り上がりはリズムが大事だと痛感する。三匹釣ったらフライを結び直していたのに忘れた、結果合わせ切れが二回。
↓は10時50分に釣ったイワナ。春先の魚のようだ。
CIMG2132-1.jpg


12時37分・43分・49分、13時07分・31分・40分・52分、不明が二匹。サイズが22~25センチ、型が良い。時々雨が降ってくる。最上流部、水温が6度になった、水に手を入れると痛い。
CIMG2143-1.jpg


14時から15時43分までに5匹。イワナは居る、でもドライフライへの反応が悪くなって来た。水温6度が原因か?15時43分、20センチのイワナで釣り上がり終了。予定時間をオーバーした、急いで帰らないと・・・。川通しで帰る途中、午前中釣った大場所で投げてみる(”柳の下に・・・”は有るのか?・苦笑)。17時02分、27センチ。#12エルクヘアカディス(イエロー)。これが本日最後の魚。吸い込むようにフライに出た。
CIMG2166-1.jpg



21時帰宅。ハードな釣行も無事終わった。疲れた(フう~・溜息)。

最後に・・・
イワナはたくさん居ました。来月になればドライフライで最も楽しい時期になりますね。記録的大釣りができるかも?
 今回、釣れたイワナを一匹づつ記録して、時系列で追ってみようと考えましたが古いカシオのコンデジはレンズエラーを連発してだめですね。途中、記録なんて考えはすっ飛んでしまいました。帰宅後チェックしてみると、静止画・動画合わせて33匹のイワナが映っていました。撮影出来なかった魚を合わせると40~45匹位の釣果でしょうか。仕事を休んだ価値はあったかな?まぁ、ストレス解消になったことだけは間違いないです。

えッ、また一人で行くかって?考えさせてくれ(笑)


CIMG2155.jpg

12:46 | 源流釣行 | comments (4) | edit | page top↑
尺ヤマト(イワナ) | top | スポットを釣る話

Comments

# >NOBU  様
>NOBU  様
お越し頂きありがとうございます。

経験上、源流域で早朝からの釣りは「労多くして釣果少なし」だと思っていますが
核心部に11時頃までには到着し、16時前には撤収したかったので無理をいたしました(クマも怖いですが、天気予報で15時以降の降水確率が高かったのでそっちも怖かった・笑)。

次回、一日釣りをする事があるとすれば、8月の19~23日の何れかだと思います。
ご都合がよろしければ是非

角ですか?荷物になる物はそっと元に戻しておきました(笑・笑)。

それではまたお越し下さい。
by: 自営業FF | 2013/06/16 10:14 | URL [編集] | page top↑
#
ハードな釣行?お疲れ様でした。
腹の真オレンジ、綺麗ですね~。

にしても5時から歩きですか!!!

早朝も一人じゃ怖くありませんか?

次に行く機会があれば是非釣れてって下さい。会社休みますから…(笑)

ところで、最後の写真は鹿角のようですが…持ってきました???
by: NOBU | 2013/06/15 17:38 | URL [編集] | page top↑
# >SHIGE 様
>SHIGE 様
お越し頂きありがとうございます。

> ハードな釣行、お疲れ様でした。
一週間以上疲れが取れません。それに加えてこの暑さ・・・
オッサンには辛いです。

クマを必要以上に怖がる事もないですが、トラブルは避けたいものです。
クマとの不意な遭遇を無くすためにも、音を出してコチラの存在を教えてやれば事故を減らせると
思ってましたが、一昨年遭遇したクマは車が通過していても平気で餌を食べてました。
あれを見たとき、クマ除けの鈴への信頼が揺らぎました。音を怖がるわけじゃないんだ!

それではまたお越し下さい。

by: 自営業FF | 2013/06/15 11:28 | URL [編集] | page top↑
# お疲れ様でした
こんばんは。
ハードな釣行、お疲れ様でした。
綺麗なイワナですね。数もたくさん釣って
羨ましいです。

でもクマには会いたくないですね。
by: SHIGE | 2013/06/14 22:39 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する