FC2ブログ

源流のヤマトイワナ!

標高1,200m、午前5時20分車止めに到着。既に2台の車があり、1台は二人のエサ釣り師が準備中、もう1台の車に人影はありません。人数は不明ですが先行しているようです。これより先は、本流に沿って林道が続き、幾筋もの支流が本流に合流しています。必ずしも、先行した人達が目指す川が、自分と同じとは限りませんが、前回も、ウィークデイの早朝から2時間歩いた末、先行者が居たからなぁ。7時20分、標高1,450mの入渓地点に到着、明らかに釣り人のものと思われるマウンテンバイクが有り、今日も先行者を追っての釣りになりました。それにしても、皆さん朝が早いですねぇ。
IMG_1007iwana.jpg

※後姿がカワイイ!


当初は、入渓地点より1キロ程歩いて釣り始め、魚止めで終了する予定でしたが、先行者の頭をハネル事は出来ませんから、今回も「魚止め制覇」は諦めました。
IMG_0988iwana.jpgIMG_0991iwana.jpgIMG_1010iwana.jpg

※(左)7時50分・水温12℃、最初に釣れたイワナ18cm。(中)イワナの斑紋 (右)12時19分、25cm。
朝のうち、水温が12℃有っても魚の活性は低く、渓を太陽が照らし出すとイワナの反応は良くなって来ます。友人曰く「此処のイワナは重役出勤だ」と。確かに、早朝先行者がいても魚自体が流れに出ていない上、活性も低く頭上を流れるフライに反応しません。その後、私は活性が上がってきてから釣り始めましたから、大型こそ出ませんが数は30匹程釣る事が出来ました。
IMG_1018iwana.jpgIMG_1005tsukiba2.jpgIMG_1025tani.jpg

※(左)の小さなイワナは、(中)赤い円で囲んである場所、水深10cm、ポイントの広さも20cm四方の水溜りのような所にに居ました。(右)大物の気配がするポイントですが・・・。
IMG_0992iwana.jpgIMG_0998iwana.jpgIMG_1023rise.jpg

※(左)美しいヤマトイワナ       (中)逞しい胸鰭で歩きそう          (右)ライズ!!
30匹程釣ったところで、魚の出が急に悪くなりました。どうやら先行者に追いついたようです。この辺が切り上げ時でしょう。標高1,690m、午後2時10分納竿。魚止めを目指して来年もまた来るぞ!

※お盆中に結構抜かれたようで、魚の数型共にはダウンしています。山奥と言えども乱獲に近いことが行われている様で残念でありました。
IMG_1021iwana.jpg



13:35 | 源流釣行 | comments (0) | edit | page top↑
南アルプスでチョイ釣り | top | 源流釣行に向けて

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する