FC2ブログ

太田切川を釣る

長野県南部、宮田村と駒ヶ根市の境界を流れる太田切川。平成12年に長野県初の試みとして、C&R区間が設置されました。今回の大雨で大増水した太田切川ですが、放流されたイワナ達はどうなっているのでしょうか?
IMG_0946ootagiri.jpg


14:30、駒ヶ根橋上流に入渓致しました。小さいアマゴやイワナの反応は有りますが、20cmを超えるサイズは出ません。やはり、流されてしまったんでしょうか?そんな事を考えながら、ドライフライでポイントを打って行きます。反応が無いまま、50mほど釣り上がりました。いかにもと言うポイントで、沈んだフライに反応するイワナが見えました。試しに、ドライフライを沈めてみます。一発で食って来ました。次のポイントでも同じです。どうやら、そこそこのサイズは水面のフライよりも沈んだフライの方に反応が良さそうです。もしかしたら、増水によって水中の流下物が増えてイワナが水面まで出て来ないのかもしれません。
古い堰堤の岸際で、沈んだドライフライに本日最大の27cmのイワナが出ました。それからは、浅い場所で水面のフライに反応が出始め、1時間ほどの釣りでアマゴ1匹、イワナ4匹をキャッチする事が出来ました。
水面に出る魚はフライを吸い込む様に、「シュポッ」と静かに出ます。型の良い魚は沈んだフライに反応する様でした。増水時の釣り方のヒントになりそうです。しかし、大きな石がゴロゴロ流れる大増水のなか、イワナ達は何処に居たんでしょうかね?
IMG_0944iwana.jpg



08:53 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑
今日の釣り | top | 夏のイワナ釣り

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する