FC2ブログ

夏のイワナ釣り

IMG_0921yama.jpg


長野県中南部の大雨も一息つきました。この10日釣りをしてませんでしたから、そろそろ限界になって来ました(笑)。
本流も支流も、まだまだ増水&濁りで釣りになりそうにありません。何処かないか?考えてみました。先ず、落石など無く安全な事、何かあった時に備えて工事車両等交通がある事、濁りが無い事、家から1時間以内で有る事、等を考慮に入れて「ある沢」に決定致しました。年に1~2回訪れるその沢は、多少濁っていましたが十分釣りになりそうです。
入渓早々、25cm程のヤマト系のイワナが釣れました。この沢でヤマト系を釣った事が無かったので今日は「当たり」か?なんて感じで釣り上がりました。どうやら、雨の影響で釣り人が入らなかった様で、反転流やポケット、流芯脇のタルミ、全てのポイントにイワナが入っていまして、釣り上るペースが一向に上がりません。
↓はニッコウ系。
726iwana.jpg

夏イワナは足で釣るそうですが、魚の反応が良すぎて、通常は1時間半で釣り上る距離が3時間掛かりました。釣れたイワナのほとんどが、お腹がオレンジの居付きの魚で、平水時には今年の成魚放流の魚(エラ蓋が小さく中が見える魚)が多く釣れて来た事を考えると、増水によって居付きの魚にスイッチが入ったのかもしれません。
「これが夏のイワナ釣りだ」と言う訳で、タックルも7fの竹竿に#14のテレストリアルパターンとショートリーダー、時にはボー&アローキャストを使ったり、フッキングしなければさっさとポイントを見切って次の場所へ、釣果も25匹を越えたあたりから分らなくなりました・・・と言うより、どうでもでもよくなりました(笑)。
IMG_0931kao.jpg

特別大物が出る訳でもなく、ネイティブが棲む訳でもありません。その辺に拘る人から見ればたいした事はないかもしれませんが、イワナ釣りと言う行為を楽しむには十分な時間でした。梅雨明けが待ち遠しいですね。
726iwana2.jpg


20:16 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑
太田切川を釣る | top | イワナと言う魚は・・・・

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する