FC2ブログ

伊那谷のイワナ

今回はイワナの画像を並べただけ!スクロールが長くなります、スミマセン。二回に分けるほどの内容ではないのでご容赦!

民謡「伊那節」で

      東仙丈 西駒ヶ岳
             
      あい(間)を流れる
                
      あいを流れる 天竜川

というのが有ります。伝統に則って(笑)、天竜川の東と西でイワナの画像をまとめてみました。以前使った、画像なので、見覚え有るものが殆どで目新しさは一切ありません。でも、並べてみると面白いですよ!


IMG_2916iwana.jpg先ずは中間点、天竜川からスタート。なかなか釣れないから特徴なんて良く分からないです(爆)。全体にオリーブ掛かった魚が多い気がする。



続いて、東側!

その1
南アの標準タイプ?
CIMG0660-1.jpg
その2
朱点が濃いのも居れば・・・
IMG_1021iwana.jpg
その3
金色も居る・・・
20050920041205.jpg
その4
顎がしゃくれたヤツはお年寄りか?
bluedun-121.jpg
その5
これは源流に住む中間型。

如何でもいい話ですが、以前、ネットで見かける(多分中間型の事だと思う)「ハイブリッド」について水試の方に聞いてみました。種の異なるものが混じって「ハイブリッド」なので、種が同じヤマトイワナ×ニッコウイワナは「ハイブリッド」では無いです、との事。なるほど!どおりでこの話が出た時、水試の方は最初「イワナ×アマゴが釣れたんですか?」って聞いたわけですね。
学問とは関係無く、一部の釣り人で使われている呼び名と言うことなのかな。

因みにこのイワナが釣れた場所、近くに林道が無く下流には滝が有り漁協による放流の記録も有りません。
IMG_2363.jpg
その6
その5よりさらに上流。標高1,800m水源近く、一番奥は中間型?
CIMG0667-1.jpg
その7
秋になればイワナも色づく。良い色合い。
CIMG0071iwana.jpg


さぁ、ここからは西側!

その8
この朱点、毒々しい!
CIMG0608-1.jpg
その9
小型はパーマークのハッキリしてるのも多い
parmark.jpg
その10
おなじみ(笑)中アの白いヤツ
CIMG0700.jpg
その11
こちらもおなじみ、豹柄(爆)
CIMG0756-1.jpg
その12
「青」も良いですねぇ~。大きくなると白っぽく(薄いグレーに近い白に)なって来るんでしょうね。
CIMG1151-1.jpg
その13
こちらの「青」はチョッと暗い。暗い谷に居たからでしょうか。
CIMG0734-1.jpg
その14
ココは最近のお気に入り。色合いが少し違いますね!他の川に比べて、底石が茶色いんですよ。それが原因でしょうか?
 何故なら・・・
 「釣りキチ三平」で三平君が「青鮒」を釣った時、青く澄んだ水に棲んでいたから身も心も青くなったんだ!みたいな事言ってたから(笑)・・・あながち外れでは無いのでは・・・。
CIMG1133-1.jpg
その15
14と同じ川。ヤッパリこの色。如何です?背景の石と色が似てません?
CIMG1166-1.jpg

以上でお終い、スクロールありがとう御座いました。


改めて見てみると「東」と「西」では違いますね。そう言えば、東側には一年位行ってませんね。「空いた時間を使って、チョッと」じゃ行けないのが痛い所です。でも、西側にもまだまだ怪しげな場所が有るんですよね!そこにはどんなイワナが居るんでしょうか。


00:00 | イワナ釣り | comments (10) | edit | page top↑
再挑戦 | top | 今日もイワナを釣ってみた

Comments

# >ONO 様
>ONO 様
御越しいただきありがとう御座います。

> 大変失礼をいたしました。申し訳ありません。
いえいえ。先日、母親や姉も当方の名前を間違えていました(笑)、身内でこれですから←チョッと違うか?

自分もアメリカの竿は 相性が良く無かったです。と言うより、中古の自動車と同じ値段じゃあ川で転べません(爆)。

今、手元に残っている外国の竹竿は、ハーディー、ペゾン、バギンスキーです。フリースのヌードルは当時の自分には合いませんでした。
最近は専ら、日本製を使ってます。アクション云々は良く分かりませんが、ビルダーの方のフィッシングスタイルや、ホームリバー、対象魚が想像出来て楽しいです。オーダー過程で人柄も・・・
最近は資金機会が有れば、地産地消で長野県の人が作る竿って言うのも良いなと思ったりして。

木祖村が分かれば楽勝ですよ!国道361号「権兵衛トンネル」で木祖村の国道19号に通じてます。中央アルプスを挟んで、片や伊那谷、片や木曽谷です。まぁ、山の中です。

拙ブログにリンクを頂いてる皆さんも伊那谷の釣りを楽しまれている方達です。ご覧になっては如何でしょう、拙ブログよりも参考になりますよ!

長々と失礼致しました。それではまた御越し下さい。
by: 自営業FF | 2011/08/29 19:03 | URL [編集] | page top↑
# 大変失礼しました。
自営業FF様

大変失礼をいたしました。申し訳ありません。

私も竹竿を使いますが、どちらかというとティップの太めの竿が好きです。借用ですが米国の銘竿とよばれるP社とかL社の竿はうまく使えませんでした。もっとも腕のせいでしょうが・・・・

勿論、私は竹竿のウンチクを語るほどの腕も竿も持ち合わせていません。ただ、道具として気に入ってるのでついつい、手が伸びるんです。

伊那谷、行ってみたいんです。地理感があまりないのですが,木祖村とか開田村のあたりなんでしょうか?是非、一度お伺いしたいです。

by: ONO | 2011/08/29 12:39 | URL [編集] | page top↑
# >
>ONO 様
御越しいただきありがとう御座います&はじめまして。

> 自由業FF様。
おしいッ!自由業FF→× 自営業FF→○ ・・・まぁ、似たような者では有りますが(笑)

仰るとおり、四角を使っていた時期もありました。現在は六角で7fチョッとの#4を使ってます。
自分は、竹竿を語れるほどの知識も財力も有りませんし釣りの腕もさっぱりですが、アナログな感じが大好きです。
「最新のテクノロジーを使ったロッドと、合理的に組み立てられたシステムで爆釣」よりも 竹竿でぼちぼち釣ってる方が性分に合っているようです。
 それと、作品に(実用品ですから製品と言った方が良いでしょうか)ビルダーの釣りのスタイルが反映されているのが面白いですし、それが感じられる竿が好きです。←特に国内の竿

沢山の竿を所有している訳では有りませんし、手にした事もありませんが、ロッドティップが太めでしっかりしたのが好みです。そうするとヨーロッパ(ハーディーとかペゾン)になりますか。
国内外を問わず「ティップの径○○ミリ、繊細なロッド」と言うキャッチコピーの竿は相性が良く無かったです。

ONOさんは、伊那谷へ釣りに来られる事も有るんですか?上伊那・下伊那合わせて沢山の良い川が有りますよ!
是非いらっしゃって下さい。

それではまた御越し下さい。
by: 自営業FF | 2011/08/29 11:16 | URL [編集] | page top↑
# 私も7が好きです。
自由業FF様。

初めまして、千葉県在住のフライマンです。
どれもきれいな岩魚ですね。いろんな川で釣りができて羨ましい限りです。写真もお上手ですし・・・・
 自由業FFさんは竹竿がお好きなようですね。1の写真は何となく四角ロッドに見えるんですが?でも4と同じ竿なら6角かも。
13と15はぺゾンですね。スーパーマーベルかな?それとも・・・気になります。
by: ONO | 2011/08/28 16:02 | URL [編集] | page top↑
# >mckee  様
>mckee  様
お越しいただきありがとう御座います。

やっぱり、石の色や環境によって違いますよね?
水試の資料に「天然魚を偏愛する釣り人によって・・・」みたいな表現があったと記憶してます。
当方は「偏愛」する者では有りませんが、この流れにはどんなイワナが居るのかは興味がありますよね!

古い話ですが、奈良井川水系の源流でも朱点が濃い(朱と言うより赤い)パーマークのハッキリしたアマゴの様なイワナが釣れました。
 デジカメも普及していないころで、何百匹の中の数匹だったので記憶が曖昧ですが、釣れたイワナを見て「ヤマトイワナだ!」と思いましたよ。今も釣れるのかな?

それではまたお越し下さい。

by: 自営業FF | 2011/06/27 08:12 | URL [編集] | page top↑
#
毎度っす。

色の違いは面白いですね^^
オイラも自分なりに探索をしてみます。
まだまだよく知らない渓が沢山ありますから・・・
by: mckee | 2011/06/26 20:32 | URL [編集] | page top↑
# >SHIGE 様
>SHIGE 様
お越しいただきありがとう御座います。

金色のイワナはお盆休み明けの8月下旬に釣ったと思います。
降ったり止んだり、陽が出たりで不安定な天候でしたが、晴れ間に出た一匹です。
渓全体も光ってたけどイワナも光ってました。

>たまには東にも行ってきます。
天候が不安定なのでお気をつけて釣行して下さい。

それではまたお越し下さい。
by: 自営業FF | 2011/06/25 20:13 | URL [編集] | page top↑
# 私はその3がいいな!
こんばんは。
どれも素晴らしいイワナですね!
私はその3がいいですね!
少し前までは、東側によく通っていましたが、ここ2,3年は西側ばっかりです。
たまには東にも行ってきます。
by: SHIGE | 2011/06/25 19:15 | URL [編集] | page top↑
# > たったん 様
> たったん 様
お越しいただきありがとう御座います

面白い画像がイカレタPCに入ってたんですけど、復旧にお金が掛かるし(エロ画像もタップリなので)あきらめました(涙)。

西側で釣れる大物は、総じて薄いグレーでして朱点もぼやけてました。
数年前までは太田切川の「駒ヶ根キャンプセンター」の裏辺りでも釣れる事がありました。
明らかに放流イワナと違うので水試に画像を見てもらったことも有ります。

画像NO1が東側の標準的な感じがしますが如何でしょう?
お気に入りはNO7ですか?こいつは、色気づいてなかなか良いヤツでした(笑)

木曽の王滝や三岳辺りだと、もっと朱点が濃いのが居ますよね。
千曲川水系の源流にも居るそうだから、どの様な色をしてるのか見てみたいです。

それぞれ個性があってホント面白いですわッ!

それではまたお越し下さい。
by: 自営業FF | 2011/06/25 14:11 | URL [編集] | page top↑
#
おはようございます。
自営業さんの伊那谷イワナの遍歴?中間集大成?を興味深く楽しまさせて頂きました(笑)。
東西での違いが一望できて面白いですね。
周りの岩や砂、水の流れで多様な色合いが生み出されるんでしょうね。

私がイメージするカッコ良いヤマトは東のその7♪
婚姻色だったのですね、失礼しました(笑)。
西の豹柄も特徴的でカッコ良いですね~。

これからも色んな伊那谷イワナを、自営業さんの考察と共に拝見させて下さい。
by: たったん | 2011/06/25 08:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する