FC2ブログ

7月6日、一日一釣

好きな釣りでも、六日連続すると飽きてくる!

 渓流のフライフィッシングも、連続すると飽きてきますね。今日は、気分を換えて本流を攻めてみます。17:00、雷が近づき雨が落ち始めました。さすがに雷が鳴る中、川原で長い竿を振り回す勇気は有りません。
 数年前、本流の中州で釣っていると、雷の音がします。何しろ、だだっ広い川原で、何の障害物も有りません。落雷があるなら「自分か釣竿だろう」と思って、川原を這うように(ほふく前進というヤツですね)引き上げてきました。また、20年ほど前、ロサンゼルスオリンピック(あの、カール・ルイスが君臨した大会ですね)の時、自宅でテレビを見ていると、中継が一瞬途絶えました。直ぐに復旧しましたが、原因は鮎の友釣りの竿が高圧線に触れた為だったとか、お気の毒に釣り人は亡くなったそうです。そんな事が有ってからは、本流釣りでは落雷と高圧線には以前にまして、注意する様になりました。でも、晴れていても「ドーンッ」と来る時が有るので要注意ですよね。

18:00、雷通過を待って、釣り下ります。水は濁っていて透明度10cm程度。普通なら諦めるところですが、どの程度の濁りなら釣りになるのか確かめたいところです。兎に角キャストしてみなければ分りません。釣れなければ、また明日来れば良いだけのことですから・・・。

IMG_0413masu.jpgキャストする事一時間、水位も若干上がり、濁りも強くなってきました。これ以上中州に居るのも、危険なので、19:00終了。結局、ノーバイト。
 現在、引き出しの少ない私の本流釣りでは、インレットや日陰、高いところから見て黒くなっている部分(カケアガリ)を釣るくらいしか策が有りません。

プロショップが有ったり、上手い人が近くに居れば教わる事も可能でしょうが、田舎には、そう言う機会が少ないので試行錯誤あるのみです(泣。下手の釣り人の考えには、(大抵)結果は伴いませんが、工夫する楽しみはありますね。

最近、渓流のドライフライばかりだったので、ヘッドを使っての釣りもキャスティングの爽快さからストレス発散になりますね。釣れればもっと良いのだけど・・・。7日は、渓流かな?
13:42 | マス釣り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
7月7日、一日一釣・・・太田切川 | top | 7月5日、一日一釣

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://onionflavor.blog13.fc2.com/tb.php/132-df5c5f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)