FC2ブログ

信州イワナ釣りブログ

そ~と覗いてみてごらん(唱歌「メダカの学校」のイメージで)、ヤマトイワナが泳いでる!
IMG_3501iwana4.jpg

水温7℃、魚が開きに出始めた!

皆さんのブログを見ると「その時々の旬な川を求めて遠征!」なんて記事を見かけますが、貧乏な自営業にはそんな事は出来ません(笑)。
ブログのサブタイトルに有る様に、行動範囲の狭いローカルアングラーは状況の良い悪いに関わらず地元の川を釣るしかないッ!本日は、その一端をドウゾ。

5月13日、林道脇の川へお手軽釣行。
14:00、入渓。水温7℃、若干の増水。林の中を流れる川なので、日当たりが悪く魚の活性は低そう。入渓地点の日当たりの良い場所で、イワナが出るもティペットが切れてお終い(笑)。その後、エサ釣りのオジサンに頭をハネられてホントにお終い。川から上がると千葉ナンバーの車が在り、上流から下ってきて自分の直ぐ先に下りた様で、まぁ、悪気も無さそうだし、遥々千葉から来たんじゃ文句言うのも気の毒なんで、その日は終了しました。
 ところで、ティペット切れの原因は4年前に購入し大切に使ってきた7X・・・未だ使ってました、貧乏性で物持ちが良いんです(笑)。

5月16日、14:00、水温7℃。今度は別の渓へ。で、居た、居た、イワナ達が(最初の画像を見てね)。

ただ、このイワナ達、底に張り付いていて水面まで出てきません。ニンフに換えれば何とかなりそうですが、システム換えるのが面倒くさいのでドライを何度も流しますが、全て無視!結局、深い所に居る魚は捨てて、水面に出るイワナを釣る事にしました。方法は至って簡単、ドライに反応するのは、日当たりが良く水深も膝丈位で、反転流では流れがかなり緩い場所。そんな所にポイントを絞ってフライを打って行きます。
IMG_3485iwana.jpg

釣り始めてから、1時間漸く出たのがこのヤマトイワナ。フライは#16のクリームパラシュート。この一匹で、着き場がハッキリしたので、あとは似た場所を叩くだけでした。その後、同じようなサイズを4匹追加して終了。

IMG_3495iwana.jpg

このイワナは、「中間型」かな?

IMG_3490tani.jpg

この流れには、良いのが居たんですがね。水面に出てきませんでした。画像奥の石に流れがぶつかってますが、そこにもイワナが着いてますがヤッパリ、ドライはダメでした。もう数日したら、魚が上まで出て来そうです。そしたら、下手な自分でも良い釣りが出来そうな予感がしますね。

23:33 | イワナ釣り | comments (0) | edit | page top↑
或る渓のお話 | top | 釣れんッ!答えは川の中にあるのか?

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する