FC2ブログ

釣れんッ!答えは川の中にあるのか?

本流も渓流もイケマセン。何時抜け出せるのでしょうか?ジャイアンツ原監督の心境。
IMG_3453sato.jpg

そろそろ渓流も水温が10℃超えて来ましたから、ドライで釣れそうなんですが、水量が多くて、魚が水面に出てきません。上流にダムが有り、水量をコントロールしている場所ではドライで楽しめそうです・・・と思う。

本流は・・・、どうなんでしょ?

5月5日午後、2回バイトが有り、一つはフッキング直後の首振りで外れ、もう一つはランデイング寸前、ネットのフレームに魚を当ててバラス(泣)。30cmくらいのイワナ。

5月6日早朝、田圃に水を引き始めた為10cm減水。昨日と魚の着き場が変わってそうです。
昨日掛けた場所より、開きに近いところで#6のホワイトゾンカーにバイト。コレも直後の首振りでバレマシタ。

5月7日早朝、ノーバイト。夕方(笑)、ノーバイト。
5月8日午後、ノーバイト。夕方ノーバイト。

5日・6日のバレが悔やまれますね。まぁ、川の中央がガンガンの流れで、自分側の岸寄りに出来た緩い流れで魚が掛かるので、殆ど自分の真下なんです。ですから、掛かった瞬間「あッ、こりゃ外れるな」と思うと、ヤッパリ外れます。

 バレを減らす為に流芯寄りで掛けたいので、ラインもメンディングが出来るシンクティップに換えたり、ラインを落とす角度や場所を変えたり、コレを獲るために色々工夫しているんですが、なんせ引き出しが少ないので答えが出ません。今年は、川の中の季節が遅れていて、鯉のノッコミが未だのようです。このポイントでは、もう少しイワナ釣りが楽しめそうですが、水温が上がりコイ科の魚が付く前に答えは出ますかねェ?無い知恵絞ってやってみます「答えは川にあり」ですな。




12:56 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑
信州イワナ釣りブログ | top | 4月4日、長野県太田切川

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する