FC2ブログ

夏のイワナ祭り!!・・・その3

日帰り釣行なのに三回もエントリーしてしまった!
IMG_3230iwana.jpg
※ピントが手前のネットに合ってますね

17時20分、撤収。と、トラブルが・・・。二人ともライト等の装備が有りません。唯一K君のヘッドランプが頼りだったんですが「あッ、電池切れで点かない」あれッ?如何しよう。兎に角急いで入渓地点まで下らなければ成りません。あと一時間で日が落ちます。川通し以外道が有りませんから、暗くなるとかなり危険です。以前にも書きましたが、上りより下りの方が足に掛かる負担は大きく思うように歩が進みません。19時30分、漸く入渓地点に到着いたしました。ここからは林道を下るだけです。でも、辺りは真っ暗!(笑)。ただ、良くしたもので目が慣れてくると、白い石と黒い土とのコントラストで、道が見えるんですねぇ。頭上が開けた林道は何とかなりそうですが、林の中はホントに真っ暗、何処に道が有るか分りません。
ここでも天の助けが!よ~く見ると、午前中降った雨が轍に水溜りを造り、そこを工事車両が通った為に白く濁って、辛うじて轍が識別できる事を見付けました。これを辿れば林道から外れる(渓へ落ちる)事は無いでしょう。で何とか車まで帰る事ができそうです。あとは、二人で喋りながら道なりに下るだけです(と、言いながら一回道を間違えました。目から入る情報が乏しいと信じられないようなミスをするんですね)。
車に辿り着いたのが21:30分。釣りの時間も入れて15時間半歩いた事になります。二年ぶりの釣行になったK君はキツイを連発。自分も疲れ果てて、ウェーダーを脱ぐ気力も有りません。車に辿り着いた安心感からか、暫く動く事ができませんでした。今回は、二人での釣行だったので、未だ気持ちに余裕がありましたが、もし一人だったら?ゾ~っとしますね。
23時、車で林道を下り、携帯が通じるところまで来たら急いで家へ電話。これをしないと、家人から捜索願を出されてしまいます(笑)。消防団出動になったら暫くは釣りに行けないなぁ。冗談ではなく少し心配しました。
IMG_3194tani.jpg


今回の釣行は、隣町の源流に入っただけなのに、ちょっとした遠征並みの内容でした。普段、単独での釣りが多い私にはK君との釣行は大変楽しく、参考になりました。K君には改めて御礼を申し上げます。
教訓
・日帰り釣行でも強力なライトと予備の電池を。
・常に帰路を考えてのルート設定を。
・余程通い慣れた場所で無い限り、単独は避けたほうが無難。

以上、肝に銘じておきます。
11:31 | 源流釣行 | comments (0) | edit | page top↑
酒飲み・・・「長野の酒メッセ2007」によせて | top | 夏のイワナ祭り!!・・・その2

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する