FC2ブログ

お~ォ

釣りに行けないので更新できません。今年は人生の転換期になりそうで激動だ。

 で、9月19日に面白い経験をしたのでアップします。釣りとは関係ないのでそちら方面を期待してる方はスルーしてください。

 所用で長野市に行った帰り道、国道19号を松本方面に向かっていました。21時頃だったかな?山清路橋に向かう緩い下り坂、いきなり対向車線側から黒い物体が出てきた。ヘッドライトに照らされて金色に光る眼が二つ「クマッ!」と思った瞬間ぶつかった。橋を渡って直ぐの待避所に入って確認すると、ナンバープレートが潰れてバンパーがずれてる様な・・・だけどボディーは大丈夫そう。どうやら正面衝突は避けられたみたい。恐る恐る引き返してみると、逃げたようでクマは居なかった。

 が、翌朝明るくなって確認してみたら、相手も当たる瞬間逃げたようで、車の右側面下部に接触したみたい。車の側面と腹が結構やられてた(涙)。せめて、クマのケガが小さいのを祈るのみです。
不思議なのは、何十年渓流釣りをしててもクマに遭わない人が結構いるのに、自分の様に年に数回の釣りでもクマに遭う確率が高かったり、普段の生活でも遭遇するんだから「クマ運」なんてのが存在するんでしょうか?

 でもね~、いくら山国の長野県とは言え、長い一生でクマと接触事故を起こす人は多くないはず。しかも山奥の林道じゃなくて、通勤の車や大型が結構通る国道でしょ?「国道でクマを見ましたぁ~♪」じゃなくてぶつかるんだもの。それにしても、ツキノワグマ黒いからぶつかる寸前まで分からなかった。と言うか、こっちはせいぜい60kmで走ってて点灯もしてたわけだから向こうは分かるはずでしょう、何故ぶつかる。クマよ!以後注意していただきたい。
  
 ライトの明かりで金色に光ったクマの目は印象に残ってます。

12:49 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑