FC2ブログ

終点に到着

車止めから移動中、林道がかなり荒れていたから、帰路は明るいうちに管理された道路まで到着したかったので15時迄か魚止め到着で釣り終了の予定。谷に陽が差してくるまではドライへの反応が悪いので、沈めて釣るウェットフライが良いみたい。
 
 最下流部で時間調整とタックルチェックを兼ねて7時に釣り開始。ここは上流で取水されていて極端に水量が少ないから少しでも流れが有って水深も有る場所を狙います。リードフライ、ドロッパー共にソフトハックルを使いましたが、着水音で何匹か出てくるけどフライに近づくだけで喰わない、あと少しで喰わない。もしかしたら喰ってるのかもしれないけど、アタリのサイン(ラインやリーダーに変化)が出ないのです。見えるだけにイライラが・・・(笑)。流れが緩いとハックルがヒラヒラしないのかなぁ~、故に喰わないのか?流れが有る場所で生きるフライでしょうかね?7時20分に20cm位のイワナが釣れてタックルチェック終了ですぐ移動。
DSCN0161.jpg


 9時20分にコイツ↓が出て満足したのと、ライズも見られるし予定時間を押してたので、ペースを上げるためドライへチェンジ。動画の撮影も開始。今回使用したドライフライは三年位前に買ったコマーシャルフライで、#12のマーチブラウンパラシュート。釣行前にフライを巻こうと思ったけど、#12のフックの小ささに驚愕!!本流用のフライばかりを巻いていたので感覚がおかしくなっていて断念しました。老眼に#12のフックはキツイよ~、単純なソフトハックル(ウェット)が限界(笑)。それにしてもカッコいいヤマトイワナ♂、#12の黒いソフトハックル。
DSCN0170.jpg


やっぱり、河畔林がせり出している場所は、イワナが多いです。木漏れ日の中のイワナ釣り。このイワナはドライで釣れた中では良いサイズでした。さらに時間が押したのでショートカット。一番数が出る場所だけど・・・まッ、良いか!さらに上流を目指します。
DSCN01700.jpg



 終点(最上流部)の入り口付近。御覧の通り、かなり荒れるみたい。開けてるからFFはしやすいけど、餌の供給源である河畔林が無いとイワナは極端に薄くなりますね。遡ると谷は狭くなり下のような景色になります。釣りになりそうなのはその区間で、短いです。
DSCN0182.jpg


14時50分、終点に到着。標高は1850m位かな?滝壺でイワナは釣れなかった。水面には小さな虫が飛んでいたから、期待したけど、残念。まぁ、ここより30m位下流でイワナを釣っているから、間違いなくイワナは居るのに。ウェットを流せば一発の予定が外れましたわ。”魚止めの主”はお伽話ですね(笑)。15時撤収、本日の釣り終了。釣果は30~40匹位かな?最近不精になって来て、その日最初の魚とカッコいい魚以外は撮影しないし、サイズも測らないし数もかぞえなくなってきた。
魚止め


 振り返ると、こんな感じ。階段状の流れが続き、運動不足のおじさんがよくぞ登って来たものだ!
DSCN0180.jpg


帰路は小休止を繰り返して、予定より1時間遅れの10時に車止め到着。次回が有るとすればお盆過ぎだけど、今より昼間が短いからキツイな~。暗い中を歩くのは全く平気だけど、道路状態が悪いから視界が狭いと事故が怖いですからね。 これで今年の源流は終了かな。

※忘れた頃、動画をアップします。


スポンサーサイト



12:06 | 源流釣行 | comments (4) | edit | page top↑

準備しましょう

倉庫を物色しているとこんなものが・・・。「記念・近歩一」近衛歩兵第一連隊?我が家の歴史には兵隊さんは居ないけど、器の高台の部分に当家の名前が有ったから、縁者が入隊の記念か何かで作ったのでしょうか?

 倉庫には変わった物が有って面白いです。(日露戦争の戦跡の)旅順要塞跡が撮影された戦前の絵葉書なんかも有りました。絵葉書には、東鶏冠山北堡塁の大砲も写ってました。銃剣を構え斜面を登る日本兵をことごとく吹き飛ばし、司馬遼太郎が「魔王」と表現した堡塁も、かつての激戦地もすでに観光地になってたのでしょうかね。

DSCN0216.jpg先日、法事で墓地を訪れた時、従弟と戒名を見ながら、忠国院、顕忠院、儀忠院、殉国院、良忠院、義烈院、等々、「忠」や「儀」「殉」の字が有るのは兵隊さんだろうな!とか、「南海」の字が入っている方は海軍の軍人さんかな?とか、旅順院という戒名の方は、日露戦争で亡くなったんだな?伊那谷からも旅順要塞攻撃に参加したんだ、なんて話をしましたね。
 司馬遼太郎が「街道をゆく」の中で、山形県米沢を訪れた時、上杉の武将「水原常陸介」の墓石を見つけて「水原はここにいたか?」と書かれていたのを思い出しました。

以上、まったく本題とは関係ない話(笑)

今年も、源流釣行の時期がやってきました。去年は一泊したけど、今年は時間が取れません。日帰りになりそうです。で、今年も7時に入渓地点でチョッと釣って、一番数が出る中間部分はとばして、10時上流部で再開して13時魚止め。時間が有ったら支流に入って15時に撤退を考えてます。17時に入渓地点、18時林道、20時30分に車止めって感じでしょうか?
 過去数回、クマに遭ってますからね~、注意と覚悟は必要でしょう。今回もウェットフライメインにして、逆さ毛ばりも試してみたいと思ってます。通常のソフトハックルだけじゃあ面白くないからテンカラの毛ばりを使ってみようかな?と。まぁ、ウェットフライのドロッパーシステムのリードフライに結ぶだけですけど、おそらく可もなく不可もなく釣果には影響ないはずです(笑)。でも、逆さ毛ばりは「ザ・テンカラ」って感じでいいなぁ。

※逆さ毛ばりって巻いた事無いんで、資料集めかららはじまねけりゃなりません。頼りは、ブックオフで買ったテンカラ本とユーチューブのみ。これで、逆さ毛ばりと呼べるものが巻けるのか?ちょっと不安。結果は、来週以降という事で・・・

00:10 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑