FC2ブログ

恒例のヤツ・・・

恒例の源流釣行。運動不足のオジサンにはツライ、ホントにツライ!

かわ
FC2ブログに移って来てから、来月で13年目に入りますが、ブログと源流釣行はよく続いてますね~。過去の記事
2006年6月・・・6月下旬、先行者が二名
2007年6月・・・6月下旬、梅雨の合間の釣行
2008年6月・・・6月下旬、まだ残雪が有ったよ
2010年6月・・・源流のウェットフライを試し始めた頃ですね~
2013年6月・・・この年から6月12日前後になりました
2014年6月・・・クマに遭遇、体毛が茶色だった
2015年6月・・・もう、ドライよりも沈める釣りが主体になってきましたね
2016年6月・・・最上流部で水温10度チョット、良い条件のはずなのにドライフライにはイマイチ
そして今年は・・・

水温8.2度、過去のブログを参考にしてみると平水かなぁ~。天気が良いのに、水温が上がらず終日8度前半でした。
イワナ613源流の(我流)ウェットフライフィッシングについて質問コメントを頂く事が有るので、今回のタックルについて少々。
 ロッド・7f半の竹竿#4、ラインWF#4F、リードフライに黒のソフトハックル#12、50cm離してドロッパーにオリーブのソフトハックル#12かEHC#10。リーダーは7f半の3X、ティペットは3Xを50cm。EHCは浮かせても沈ませてもOKの万能フライですが、ドライフライとして巻いたものを沈ませると、ウィングが開いて不自然に見えるのかUターンされる事も多かったです。本流に比べて透明度が高く、魚も小さい渓流でウェットとして使うなら、ウィングを少なくした”ウェット仕様”にした方がよさそうですね。


たに6時30分から釣り始めて、15時50分終了。釣果は40~50匹でしょうか。魚止めまで行ければと思ったけどダメでしたね。やっぱりこの川は(自分の体力では)日帰り釣行の限界でしょう。
 帰途川通しだったんですが、下って来ると大きな筆で線を引いた見たいに川原が1メートルくらいの幅で濡れている場所が有りました。3時間位前釣り上がる途中、自分が歩いた跡かとも思ったんですが、時間が経っているから濡れているはずないです。自分が歩いた後に、何か大きな生き物が川から上がって歩いたみたいですね・・・・・ぞォォ~。
 その後、「オ~イ、オ~イ」大声を出しながら下って来たのは言うまでも有りません。
 
お会いしなくて良かった


動画を撮ったので後日アップします。

01:31 | 源流釣行 | comments (6) | edit | page top↑