今さらエルクヘアカディス

沈んでも威力が失せないのがエルクヘアカディス、フライの九一式徹甲弾(きゅういっしきてっこうだん)なのである(笑)。


 長野市で展示会が有って出かけて来ました。当然、仕事をやっつけて犀川で釣りですよ!(爆)

 お昼頃長野に着けば良いから、朝イチは安曇野周辺で釣ってみるつもりが、出発が遅れて9時釣り開始。が~、風が強くて風圧で6番のダブルハンドが曲がるほど。これは辛いので、山間を蛇行して流れる殖産なら風裏が有るだろうと思いそちらへ移動します。到着したら、釣り人が居ない!さざなみ前にもさぎり荘も誰もいないじゃん。釣れてないのかな?

 地元の川ではカゲロウのハッチが盛んだったから、犀川でも期待してたんだけど虫っ気が無いですね。リードフライはヒゲナガのラーバを意識した黒いフライ、ドロッパーはエルクヘアカディス。ドライじゃないですよ!沈めて使うんです、皆さんも知ってると思うけど、ハッキリ言ってこれは効きます。ウェットとして十分に働いてくれます。

 怪しい流れにフライを送り込んで、岸際までしっかり流し切ってリトリーブ3回目・・・喰った。44cmのニジマスがエルクヘアカディスに来ました。さすが九一式徹甲弾(笑)。でも後が続かず、この一匹でタイムアップ。今回もエルクヘアカディスは良い仕事をしてくれました。さぁ、明日からまた地元の本流で頑張りましょう。
406ニジマス



00:05 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (0) | edit | page top↑