ニジマス

解禁と共に更新頻度が上がって来たぁぁぁ~(爆)。
2月17日と同じ場所、新しい魚が補給されていることを見込んで・・・、まぁ、願望が大きいですが(笑)。

気温3.7度、水温6度、釣りが出来るのは今回も1時間、前回よりも水は澄んでるけど如何でしょうか?

 何事もなく核心部分通過、前回バイトが有ったポイントより10m程下流で、スイングが終わってリトリーブ一回目、喰った!ロッドを倒して魚の横に回り込むと魚が上流に上ってきます、う~ん、小さそう。ゴボウ抜きにしようとロッドを立てたら思ったより大きくて抜けない。で、浅瀬に誘導して無事終了。大きさの感覚が分からなくなってますね。

40cm有るか無いかでしょうか?このニジマス一匹で終了。短時間の釣りでも結果が出るから、今年の本流は割と良いのかなぁ~。

日陰で撮影したので見辛い画像ですね。
ニジマス20173


23:08 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (2) | edit | page top↑

今年は良いかな?

解禁日は1時間勝負で出撃。お昼休みのチョイ釣りですからね、減水の上透明度も高いからあまり期待してません。で、やっぱりボ~ズ(笑)。でも、バイトも有ったし、沈み石の場所や駆け上がりも分かったから収穫はありましたよ。

 で、解禁翌日の2月17日は恵みの雨、少しの増水と濁りも入って、でもって魚がシャローに出て来てくると・・・

2017ニジマス


前日、対岸に向かって90度で投げて流れを横切るようにスイングさせてたら、岸寄りに怪しい流れが・・・。透明度が高いから石が沈んでいるのが分かります。ランニングラインを手繰って正確にキャスト、石の辺りにフライが差し掛かると「ゴンッ」、でも、手元に余っていたランニングラインを掴んでいたから、アタリを弾いちゃった!ちゃんとリールに巻き取っておけば良かった(涙)。これを教訓にして17日出撃、時間は1時間しかありません。

2017年、地元での一匹目は42cmでした。ルアーの三本針の痕が有ります。ランディング後、口から小魚とヒゲナガのアダルトとラーバを吐き出しました。5cm位のベイトフィッシュを4~5匹吐き出したからルアーが効く事に納得です。フライは#6に巻いた黒っぽい奴だったから、ヒゲナガのラーバにマッチしてたのかもしれませんね。



二匹目は40cm、胸鰭が無いですね。放流魚の雰囲気十分ですが、本流に放流は無いから何故いるのでしょうか?よく引きました。
2017ニジマス2


40cm位のニジマス二匹で1時間の釣りは終了。3回バイトが有って2匹キャッチだから良かった良かった。この雨で濁りが入って魚のスイッチが入ったみたいですね。状況を見て明日も出撃か(笑)。


19:20 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (4) | edit | page top↑