FC2ブログ

源流釣りのシステム

2016年、源流のウェットフライが少し分かったシーズンだった。
最近の源流釣行はウェットで始めて、時合を見てドライに替えて反応が良ければそのままで、今一つの時はウェットに戻したりと、そんな感じで一日楽しんでます。う~ん、面白い。

 まぁ、自分の場合はニンフとウェットの境界が曖昧でニンフを結んだらニンフフィッシング、ウェットを結んだらウェットって呼んでるからいい加減ですね~(笑)。唯一の拘りはマーカーを使わない事でしょうか。

 自分のキャスティング技術では、ロングリーダーにロングファインティペットそこにマーカーを付けるルースニングシステムは(絶対)上手く投げられ無い。ポイントが狭い源流のイワナ釣りではフライがポイントに入らないし、もう、ウィンドノットだらけ。結果、太くて短いリーダーとティペットに、ウェットフライを2本結んだ今のスタイルに落ち着きました。で、今のシステムで下手なりにやってみたところ、まぁ満足いく結果が出始めました。友人にそんな話をすると「フライが見えないのにマーカー無しで食ったのが分かるの?」と言う事だったけど、大丈夫!

 結論、源流のイワナ釣りではフライを沈めた時、マーカーが無くてもアタリは取れる!見逃しているのもあるとは思うけど、アタリはわかる!←言い切った
だから、「食っているのに気づかないのでは?」なんて心配は無用なのです。

 と、言う訳でドライとウェットを併用する今のスタイルが自分には一番合ってますね。





00:40 | GoPro HD・・・動画 | comments (2) | edit | page top↑