いや~、キツイ!

毎年恒例のお盆明け源流釣行。運動不足のおじさんには年々キツクなってます。この手の釣りは、年1回、いや2回、いや3回でいいや!って、結局何時もと同じじゃん(笑)

お盆中たくさん釣り人が入った筈だし、最近雨が降っていないから減水している筈だし、う~ん、条件的には×ですが、行って見なけりゃ分かりません。と言う訳で、標高1600mの高地へGO!

7時、何時もよりかなり下流から釣り開始。もともと川が浅い上に、減水してるからイワナの付き場がハッキリしてます。水が動いて少しでも深い場所、石なんかが入っていたら鉄板(確実)です。

kawa-1.jpg以前から試してみたい事があってヨーロピアンニンフやウエットフライで見かける3本針仕掛け、大きな石がゴロゴロしていて落差の大きい源流での使い勝手は如何でしょうかね?
 リードフライにはソフトハックルフェザントテイルの黒#12、真ん中のドロッパーにはプロフェッサー#12、目印役の一番上のドロッパーは白か黄色のウィングを・・・と思ったら、無い!ボックスを忘れました。代用品を探すと、EHC#10が2本パッチに刺さってました。まぁ、これで良いや(笑)

7時50分、何時もの入渓地点に到着、覗き込むと居る!デカイ!観察してみると左岸側に出来た緩い流れを、大型が時計回りで回遊して、時折ライスをしてます。さて如何釣りますか?まずポジションを取るには斜面を降りなければいけませんが、気付かれそうですね~。仕方が無いのでイワナからブラインドになる上流に移動してそこから目的地に下ります。這う様にしてキャストポジションに着いて「さぁこれから」と言う時に「あれッ、場所が分かんない」(爆)。

 4~5m高い林道からの景色と川岸では全然違う。こうなる事を予想して目標物はマークしていたのになぁ~。と言う訳で”勘”でキャスト。2投目出た!えッ?細長い29.5cm、ちっちゃくなった?←そんな訳ね~だろ~別の魚だよ(涙)
iwana-22.jpg


DSCF3064-1.jpg システムをドライに換えたりウェットに戻したりしながら釣り上がります。ウェットでは3本フライを結んでいましたが、掛かるのは真ん中が殆どだったのと、イワナが掛かって暴れるとドロッパーが絡むので1本減らして2本のシステムにして釣り続けます。ドライはアントパターンが良かったです。小さめの#16が特に良かったかな~。

DSCF3067-1.jpg13時40分、出たのは紅い一つ星の持ち主。

DSCF3070-1.jpg15時52分、このイワナでタイムアップ。夕方から天候が崩れるとの予測なので急いで下山です。帰り道、トラブルがあって22時50分車止め到着、当然真っ暗。疲れたぁ~キツカッタ~。お化けもクマも出なくて良かったぁ~

今回の釣果50~60匹位でしょうか。多少、源流でのウェットフライフィッシングが見えて来ました。しかし、疲れたなぁ~。

※動画を撮ったのでそのうちアップします。





12:16 | 源流釣行 | comments (3) | edit | page top↑