FC2ブログ

今年も源流

約20年続く(この時期の)源流釣行。翌日の疲労が年々大きくなってます。一年経った、「一つ歳を取った」を実感。

6時50分釣り開始、若干の減水。水温は8.6度、思ったほど低くない。まぁ、渓に日が射すまではドライには反応が悪いのでウェットで始めて頃合いを見て(ドライに)チェンジする予定でスタート。タックルチェックをかねて入渓地点で釣ってみます。期待なんてしてません。が・・・

予想に反して(笑)開始直後にヒット!結局、開始から10分で5匹キャッチ。20~22cmですが、アタシに大物が釣れるなんて思ってませんから(笑・笑・笑)。
DSCF3023.jpg


水面に小さい虫が飛ぶのを見かけるようになったのでドライにチェンジ。期待したけど出ない!出ない!出ない!。イワナが居ないのかと思って、前に出ると足元からスーっと落ち込みに消えていきます。居るんだよ!でも、ドライには出ないんだよ!と言うわけで、ドライで5匹釣ったところでもう我慢できずにウェットに戻します。
ドライではコレ↓が最大でした。9寸くらい。
DSCF3036.jpg


DSCF3045.jpg
 ウェットに戻すとまた釣れ始めたから、今日は水面のフライには反応が悪い日みたい。水温も9度を越えて、若干の減水、ドライフライには条件が良さそうなのに、こんな事が有るんだ!
 朝のうちはタナが深いと思い、ビーズヘッドのソフトハックルをリードフライに使ってましたが、着水音で逃げる魚が結構居たので、ビーズ無しのフライに変更して釣り続けます。

インスタネットだとイワナがみんな小さく見えますねェ~。←実際に小さいけど・・・
DSCF3032.jpg


今回の最大はコレ↓29cm、逃亡寸前の画で変なアングルですね(笑)。コレとは別に、同じくらいかもう少し大きいのが釣れたけど、測る前に逃亡されました。
DSCF3044.jpg


14時を過ぎてかなり上流に来ました。尾根が見えます、頑張れば魚止めまで行けそうですが無理はしません。だって、かなり足に来てます。
 ここで試したい事が・・・、水量が少ない最上流部でもドライへの反応は良くないのか?システムを交換していると時間をロスするので、リードフライはそのままにドロッパーのソフトハックルをエルクヘアカディス#12と交換します。どちらに出ますかね?

 ここでもドライへの反応は良くなかったです。4匹釣って、ドロッパーに出たのは1匹でした。ドライの好条件に思えてもそうならない時が有るって事ですね。う~ん面白い。因みに、釣り終了時の水温は10.3度、釣果は50匹くらい出たのかな?割合はウェット9にドライ1でした。
帰宅後、カシミール3Dで確認したところ、4キロ弱を9時間かけて釣り上がった様です。こうしてカシミールのデータが溜まって来ると計画を立てやすくてチョッと嬉しい。
DSCF3048.jpg


年々、運動不足のオジサンには体力的にきつくなる源流釣行、次回の源流釣行は8月下旬でしょうか。暫くは、今回撮影した動画を見て楽しみます。
※↓わがバイブル達。



12:16 | 源流釣行 | comments (5) | edit | page top↑