FC2ブログ

出掛けた序でに釣ってみた

去年も同じ時期に松本方面へ所要にて(←ココ重要)出掛けて16時から釣り開始。何事もなく時間が経過した19時辺りからヒゲナガが飛び始めライズも始まった・・・が、当方ダブルハンドにシンクティップしかなく、結局、1匹も取れなかった。敗因は、フライの沈み過ぎだと考えたけど。

で、雌伏一年(笑)今回はライズに対応するためにWFラインとバンブーロッド、ライズが始まるまではスカジットラインを使って水中を釣り、19時からはバンブーにフローティングライン+ウェットフライで勝負しようと考えました。当然、帰路も考えてヘッドランプと懐中電灯も準備して万全です。

19時過ぎ、予想通りヒゲナガが飛び始めました。と、自分から5m位の所でライズ?梓川・犀川水系名物(笑)のチビブラウンっぽいけど、マドラーミノーにフロータントスプレーを吹き付けてドライフライ状態にしてキャスト!

二投目に出た!小さいと油断していたら走る走る。走りが止まったところで、リールのドラッグを締めて勝負に出ましたよ。自分は引きを楽しむなんて考えは有りません。「掛けたら直ぐキャッチ」。水面と平行に上流側にロッドを倒して間を詰めます。ドラッグを締め過ぎてラインの出が悪いな?と思って手元に注意が行った時、魚が急に走り出し、ロッドと魚が綱引き状態(一直線)になってしまいました。ヤバイと思った瞬間軽くなっちゃった(涙)。  
DSCF1045-1.jpg


ドロッパー(マドラーミノー)が切られてました。直ぐに新しいフライを結んで釣り下ります。19時30分を過ぎて暗くなったから、オーバーヘッドで投げてバックの木に引っ掛けた時点で終了なので、トラブルを避けてダブルスペイで釣り下ります。再開後、五投目くらいに「ゴンッ!」リールがジー、先程のヤツより魚が走る。40m近く引き出されて、やばい事にバッキングが無くなり危険度5になったので、暗い中自分が下ってラインを回収して間を詰めると、魚が動かなくなりました。どうも石の下に潜られたみたい。ロッドを立てて強引に巻いたら「フッ」と軽く・・・リードフライが無くなってました(涙)。

完敗です。二匹とも魚に主導権を取られて姿さえ見られませんでした。もう一回挑戦だぁ~、ドラッグの微調整が利くリールともうチョッとバットの強いロッドを使って今度こそ取ってやる。

あ、それからスカジットラインの釣りでヤマメ32cmが釣れたのでボ~ズじゃ無かったですよ~。でも、不完全燃焼
DSCF1048-1.jpg



02:00 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (2) | edit | page top↑