思い出すと涙が・・・

川内原発(せんだいげんぱつ)を”かわうちげんぱつ”と言った所管大臣が居たような・・・漢字や地名を含めて日本語は難しいんだね


遂に今年を振り返る時期になってきました。ネタ不足の時期ともいえます。今年の悲しい思い出を少々、「人の不幸は蜜の味」笑って頂ければ幸いです。

泣きたかった事 その①

 源流釣行の足にモトコンポを使う事が有ります。急な上り坂やダートは厳しいですが、緩やかな上りが続く整備された林道には重宝してます。
 何時もの様に林道を走っていると、エンジンが調子悪くなってきた。目的地まで500m位の所でストップ寸前、大した勾配でも無いのに上らない。で、点検すると機械音痴の自分でも分かるのは後輪のタイヤの空気が少なくなっていること、その結果、接地面が増えて(ただでさえ)調子の悪いエンジンに負担が掛かって上らないのではないかと(体重による負荷も大きいとは思うが・笑)。帰宅後、専門店に調べてもらったところ、エンジン不調の原因はエアクリーナーとキャブレターに有ったようです。

 30年以上前のバイクとはいえ、毎年バイク店に整備をお願いしてたのに、何を整備してたのかなぁ~。←一番泣きたかったのはココですよ

 エンジン不調とスローパンクっぽいから、引き返すのが普通ですがね、着いっちゃったから(爆)、まぁ、釣りをして帰りは10時間歩けば車に着くだろう、車止めには午前二時かな?なんて思ってましたが、こう言う時に限ってよく釣れる訳でして(笑)、出発時間が遅くなってしまいました。

 普通に歩けば7~8時間で車止めだと思いますが、小さいとは言えバイクを押してますからね、思ったより歩が進まない。しかも睡眠不足と、疲労と、空腹と、渇きでもうヘロヘロ、途中、林道で寝てしまいましたよ。林道脇で横たわるオッサン、もし他人が見たら間違いなくオバケだと思うでしょうね・・・、すべての超常現象には理由がある!!ってコレの事?

 結局、車止めに着いたのは翌日の午前十時でした。自営業FF遭難?消防団出動にならなくて良かったです。もちろん、帰宅後すぐに(何事も無かったかのように)仕事をしたのは言うまでもありません。

 今考えると、もし雨が降ってきたらヤバカッタですね。ホントに遭難してたかも(バイクを放棄してくれば別ですが)。モトコンポは専門店に持ち込んでオーバーホールしてもらいました。全部で40Kほど掛かりましたが一晩中歩くことを考えれば安い・・・(涙)

泣きたかった事 その②

 林道で車が故障、貴方なら如何する?携帯も圏外、人家も無いから、やっぱり歩く事になるでしょう。里に下りてきて、やっと人家が見えます。その向こうには小さな車屋さんが有るじゃないですか。で、状況をお話して助かりました。ココまでは良いとして・・・

 問題は帰宅後でして、確か保険の特約に故障時の保障もあった筈だから保険会社に問い合わせてみたら「当社と契約している業者ではないので、保険の適用はされません」「故障したときは直ぐ当社にご連絡をお願いします」
はぁ~?携帯もつながらないし人家も無かったんだけど、穏やかに、こういう場合は如何するんです?と尋ねると、保険を使うのであれば連絡をくださいの繰り返し。今回のケースは如何すれば良かったのか具体的に答えて下さいと言うと「その車屋さんで電話を借りて、当社に連絡して頂いて当社が契約している業者が来るまでお待ち下さい」本気で言っているのか!あいおいニッセイ同和損保。

 序でに訊いてみました。「先ずは、現状を如何にかしたいと思って、自動車屋さんがあれば相談するのが普通の人間だと思うけど」と前置きして「車が故障して、目の前に業者が有っても保険を使おうと思ったらそこじゃあダメなんだ」「自動車のトラブルがあって自分で対処した場合保険を使えない可能性大きいんだ」ハイッ、そうです。もう一度言う、マジですか!物理的に電話が出来ない場合如何するのか?に対しての回答が電話をくださいには、参った!日本語が分からなかったのかな?偉い政治家も間違う位日本語は難しいから・・・

と言う訳で、皆さん!安全で好い釣りを!

12:33 | 源流釣行 | comments (2) | edit | page top↑

前回が最後ではなかった・笑

左手親指の付け根、腫れが酷いです。でも釣りに行っちゃう。

穂高に同級生が住んでいて、プチ同級会。早朝帰宅するはずが逆方向へ・・・。1時間釣って即撤収。慌しいけど、釣らずに帰れるか!日釣り券千円、1時間で元取ってやる!!

今回は竹竿にフローティングライン、ダブルハンド&シンクティップを使わずに釣ってみました。大きいフライは投げられないけど、シングルハンドの釣りも面白いですね。岸寄りのポイントを丁寧に釣っていくと反応があります。結果は三回当たって、二つ掛けて一匹キャッチでした。ちびブラウンは何時でも活性が高くて元気です。

岩盤のスリット状のポイントをダウンで送り込むと「コツン」、そのまま流し続けると乗った!リールのクリックを目いっぱい緩めておいたから逆回転が楽しい♪。で、余裕ぶっこいて居たら外れてしまいました(笑・笑・笑)。おそらくブラウンでしょう。←何故か悔しくない、余裕・余裕。

今年はシングルハンドの竹竿にフローティングラインとウェットフライの組み合わせで本流にも挑戦しましたが、ポイントを選べば結構楽しめることが分かりました。来年は結果を出したいですね、コレを超えたいな~。出来ればニジマスで、出来れば60オーバーで。竹竿で掛けたらどんな感じなんでしょうかね?味わってみたいです。

これをもって、今年の釣りはホントに終了。釣りブログと謳っているけど、釣りにいけないから、次回からのブログは”今年の思い出"ネタでしょうか?或いは、困った時の動画でしょうかね。
DSCF1008.jpg



21:57 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (2) | edit | page top↑

今年最後の釣りは犀川さッ♪

30年以上前、NHKでサケをテーマに番組を放送していた。遡上してきたサケを採卵のため捕獲するのだけど、しなかったら如何行動するのか?目印をつけて追跡した。

川を遡ったサケはU字溝の細流に入っていった。そこはサケの養魚場の排水溝だった。自分が孵化した養魚場に戻って来た!!ホントに母なる川に帰るんだ!自営業FF少年は妙に感動したなぁ~。何故か分からんが、サケ・マスにはロマンが有る・・・気がする(笑)

と、言う訳で(多分)今年最後のロマンを感じに行って来ました。早朝から川に入りましたが、暫く経つと大繁盛、見える範囲で上流下流にルアーが二人フライが四人で平日でさえこれだから土日はすごいでしょうねェ~。
 インターミディエイトのヘッドにT-8・10fのティップ、ブラックゾンンカーとジェネラルプラクティショナー(GP)、スイングが終わって最初のリトリーブで来た!!8:27、ブラウン38cmでした。これでボ~ズ回避。対岸では大型のニジマスが時々ライズしてますが、そこまでは届かない。

 10:00、次のポイントに移動しようと車に戻ると、あれェ~、車が動かない。終わったな、今日の釣り。


地元の人に業者を教えて貰ったけど其処では対応出来ないので、結局、長野市内の業者に依頼して到着までに3時間掛かるみたい。料金は概算で30K+α、涙が出ます。時刻は10時30分、せっかくの休日も4時間釣らずに終了か?
ブラウン1

↑のお顔のアップ。GPに来ました。
ぶらうん2


車の修理が終わって、16:30、現場復帰←まだやるんかいッ!(笑)
準備している間にどんどん暗くなってくる。イブニングライズに期待してマドラーミノーとメイフライウェットの組み合わせ。薄暗くなって来た頃、15mほど下流でライズが・・・。やったぁー、なぜかもう捕った気分になってました。悪い事の後には良い事がある物ですよ!
 ニジマス
ライズの釣りにT-8のシンクティップラインはフライの沈み過ぎが心配ですが、ダウンクロスにキャスト。フライがスイングしてライズが有った辺りでリトリーブ一回目、来た。慎重にやり取りしてネットイン。丁度、午後5時を知らせる放送が流れてました。
 撮影してみたんですが、夜間撮影の操作が分からないから、こんなんなっちゃった(笑・笑)
まぁ、ネットの大きさを基準にブラウンと比べてみると、ひと回り大きいから42~43cmってところでしょうか。ドロッパーのマドラーミノー喰ってました。ギンピカのニジマスです。もう20cm大きかったら車の事は忘れられた・・・かもしれない。

これで今年の釣りは(多分)終了ですね。次回は年明けでしょう。犀川か”ひょうたん湖”か、厳冬期の釣りはやらない人が見ると”バカ”としか見えないのは間違いないですね。でも、世の中には”バカ”がたくさん居ます。"バカ"を見たい方は、冬の釣り場へどうぞ

※今更ながらブラウンがこんなに居るのって奇妙な感じがしますね。今年犀川で釣った魚の8割がブラウンだった。

19:50 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (4) | edit | page top↑