取りあえず2015年のマス釣り終了

自営業者が月末に釣りをしていていいのか?回収は?支払いは?当座決済は大丈夫か?・・・

一匹釣ったら帰って来るから行かせてくれッ!(爆)


と、言うわけで行ってまいりました。今年、5回目の渓流は1時間勝負、一回里川でも釣ってるから小河川では6回目でしょうか。10年前なら一週間での釣行回数です。時間が無いので一匹釣ったら即撤収、が~、予定の場所への林道に車輌進入禁止の看板が・・・・。

まぁ、看板があるだけでバリケードは無いですが、その看板の横で作業しているので突破する度胸は御座いません。急遽、予定を変更します。でも、第二候補は渓が暗いのと魚影が薄いので好きじゃ無いですが仕方ないですね。開始から30分経過、ボ~ズの気配が濃厚の中、出てくれた自営業FFサイズの中アの宝石。
時間的にはもう少しいけそうでしたが、渓が暗くて不気味なのと吐く息が白いほど気温が下がってきたので撤収です。

今年は、これで勘弁してやるぜ!(笑・笑・笑)
DSCF9006_201509301945539d5.jpg


今シーズンも当然大物は釣れず、珍しくクマにも遭わない年でした。地元の本流は14~15匹で良かったのか悪かったのか。取りあえず、2015年のマス釣り終了。

10月長野で展示会・・・・犀川での釣りはあるのか?

19:42 | イワナ釣り | comments (4) | edit | page top↑

源流FF

階段状に続く源流の釣りはショートレンジ。ショップの方に伺ったら15ft位のリーダーを使っている人が多いとか。でも、自分の技術では竿2本分以上(14ft超)だとコントロールが非常に難しいし、障害物の奥にフライを放り込むのは無理。←断言した(笑)
 皆さん如何やって頭上や背後の木をクリアしたり、大きな石がゴロゴロしてる源流でロングリーダー使ってるんでしょうか?(そもそも15ftはロングリーダーとは言わないらしいですが・・・)状況に合わせて切ったり結んだりしてるのでしょうか?それも老眼には大変ですよね(笑・笑)。あッ、そう言えば肩も上がらなくなって来てるし、キャスティングが・・・。

では、年齢相応、技術相応の釣りをご覧下さい。









07:53 | GoPro HD・・・動画 | comments (4) | edit | page top↑

画像が少ないわけ

動画も記録するようになってからデジカメでの撮影が億劫になってきました。何しろ、ビデオカメラ回しっぱなしは手が掛かりません(笑)。撮影だけではなく、サイズを測る事も、数を数える事も、全部面倒臭くなってきました。と言うわけで、拙ブログは画像が少なくなってます。釣果は帰宅してから動画や少ない画像を見て数える程度。でも「釣ったら、ただ放すだけ」と言うのもなぁ~。味気ないなぁ~、と思いつつそれの繰り返し。と言うより、皆さんの様に記録しておきたいような大型・良型が釣れないのが一番の理由でしょう(笑・笑・笑)。

何時もこんな感じです。1分50秒ほどですが編集無しでどうぞ!


12:32 | GoPro HD・・・動画 | comments (2) | edit | page top↑

禁漁が近いと大賑わい

平日の午前4時、車止めには・・・うェ~!もう車が5台かい
 松本ナンバーは無くて県外か県内他地区、皆さん前日からの釣り人っぽい。今日(9月15日・火)だけでも最低5人はいる訳だ。おそらく前日もそれなりに入っているはずで、平日でこれだから土日はもっと多かったでしょうね。
 状況から推測して皆さん上流部に入っていることは間違いないので、予定していた場所にも”当然”先行者が複数いそうだし、釣る前からヤバイ感じが・・・。一日やって10匹行かないかも、と覚悟いたしました。

本日の作戦、沢筋は期待出来ないので早めに切り上げて、夕方本流筋の大場所で一発に賭ける事に予定を変更。早い話、数は諦めてまぐれの良型・大型に期待したわけです・・・
 の予定が、林道で自転車に乗ったオジサンが下りて来たので話を聞いてみると、二日前から川に入って”よく”釣れたとの事、自分の後に東京のグループが陣取って居る、等々。場所がもろ被りだったのでさらに作戦変更です。

DSCF7101-1.jpg結局、先行者が居なかったいつもの川に。なんだかなぁ~、迷った挙句にここかい!(笑)。
 慣れた場所でワクワク感は無いけど、折角休みを取ったのに贅沢は言えません。でも、ここは絶対に複数人入っていると思ったので意外と言うか不思議。皆さん、最上流部を目指すのかな?初秋、イワナと釣り人は上へ上へと向かうわけですな。
 7時釣り開始。水温は9.2度。10時頃まではドライへの反応はイマイチなので何時もの様に黒系のウェットで釣り上がります。

7時16分、ボ~ズ回避。大きさは自営業FFサイズ。
DSCF7100-1.jpg


11時を過ぎた辺りから、このサイズが入れ喰い。
実は偏光グラスを車に忘れてフライが見難い、で、ポストがオレンジでボディーがピーコックのパラシュートパターンが有ったので、泡の中を流すと出て来る、出て来る。何しろ、黒くなったイワナが白泡の中から飛び出すからフライが見えなくても喰ったのが分かるくらい。フライをEHC#12に戻すとイマイチだったから、ピーコックボディーが効いたんでしょうか?
DSCF7108-1.jpg


DSCF7110.jpg


このイワナを最後に15時50分、タイムアップ。当初と予定が違ったから大場所でのイブニングは無し。時間的にも体力的にも未だ余裕が有ったけど、釣果も70匹くらいだし、まぁ、この辺で勘弁してやったぜ(笑・笑)

DSCF9001-1.jpg



帰宅後、相互リンクのtattan1127さんのブログを拝見したら、週末、同じ川で良い釣りをされた様子。推測するに、自営業FFは予定が狂った結果、偶然、喰いが立ったちょうど良いタイミングで入渓したのかもしれません。←tattan1127さんの場合は腕が良い事は言うまでもない。ブログをチェック!!


カシミール3Dで確認したところ、3.5キロを9時間かけて釣り上がった様です。


18:36 | 源流釣行 | comments (4) | edit | page top↑

人生は短く楽しい時は少ない、だから釣りに行くのだ!!

友人が訪ねてきた。二十代から三十代前半にかけて狂った様に釣りをしていた、その時の相棒だ。

友人「渓流いってる?」

自営業FF 「うん、三回行ったよ」

友人「おツ、今月?」

自営業FF 「いや、今シーズン」

まぁ、短時間とは言え本流は30日以上は行ってるし、FFが釣りが好きな事には変わりない。おそらく渓流はサンデーアングラーの人生二回分(いや、三回分)以上は三十代前半までに行ったと思うので、漸く”普通の人”に戻ったと言うことでしょうか(笑)。

帰り際に友人が「今まで迎えた解禁の数より、これから迎える解禁の方が少ないぞ」「行ける時には行かなきゃな」。因みに友人に釣りをしてるか聞いてみる。「いやぁ~、今は娘の相手で時間が無くて」(爆)。

と言うわけで、近々源流に行ってきます。目標10匹位。
たぶんココ↓になると思います。
一昨年の様子 02:04~と下の動画0:28~、同じ場所で釣ってますね。


去年の様子


13:23 | 酒ネタ | comments (4) | edit | page top↑