本流釣り

昨年末、リンク頂くmckee氏が寄ってくださいました。その時、

「禁漁が無い犀川殖産へ行こうかぁぁぁ!」と、言う事で行ってまいりました。結局、お互いのスケジュールが合わず単独での釣行になりましたが、正直、犀川殖産なめてました。行き当たりばったりで行っても、一匹くらいなんとかなるだろう、って感じだったんですがね・・・

地元の本流と違って、放流もされてるし明科あたりの犀川ではスカは無かったので、非常に楽観しておりました。土地勘の無い自分には、雪が有るから駐車スペースとアプローチ出来るポイントが限られると思ったので、事前にmckee氏から地図等を頂き、向かったわけです。大きく無くても、一匹はいけるだろう・・・

結論を言いますね。釣れなかった(涙)。反省点をいくつか
 先ずね、(地図に対して)実際だとハッキリした目標物がないと、目的地が特定できません。雪が有るから、乗用車を乗り入れる場所も限られるしね(単独はスタックした時ヤバイから、舗装してある所にしか駐車しなかった)。やっぱり、最初は実際に行ったことが有る人と行った方が良い見たい←当たり前だろッ

 もう一つ弾(本流用のフライ)はしっかり準備した方が良い見たい←当たり前だろッ、その2
(老眼で)巻くのが面倒だったので渓流で使う#12のソフトハックルと#8のグリズリーキングをメインに、あとは7~8年前巻いたパープルゾンカーが1本、マドラーミノーが2本。根掛りでロストしていくと#12のソフトハックルしかないと言う事態になりました。白く濁った本流に#12のソフトハックルは頼りない。これが6月なら勝負になりそうですが。

悔しいのでもう一回、半日仕事を休んで行ってこようかな?今度はフライをしっかり持って行ってきます。今月中か?来月の頭か?

DSC07296-1.jpg


13:50 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (8) | edit | page top↑

お正月も通常営業だよ~♪

本年もよろしくお願い申し上げます。

 釣りブログですからね~、で、2015年一回目のネタは、元旦釣行です。中央道下り線は恵那山トンネル出口で、チェーン規制をしていました。雪が降りガイドが凍りっぱなしなくらい寒かった。

IMG_2618yuki.jpg


 目的地は、岐阜県・中津川市「ひょうたん湖」←ご存知ない方はクリック

かなり規模が大きい管釣り(面積3万3000㎡)なので「とにかく投げたい!!」下手なりに遠投してスカットしたい自分にピッタリ。器が大きい釣り場という事は、経験値(データ)がモノを言うわけですが、ここに来るのは一年に一回だからそんなものはありゃしません(笑)。シューティングヘッドにフラットビームの懐かしいスタイルで、投げちゃ引きを繰り返すのみ。マーカーを見ながら、バイトを待つなんて事を何時間も行うのは、私の性分ではできません。リトリーブする左手に「ガツン」と来ることを信じて投げ続けますが、今までは大概ダメでした。過去の悲しい歴史・・・2014年2013年2012年2011年・・・こうやって振り返ると、いつも同じ事を書いていて笑っちゃう。

 12時30分、小雪の中、第一桟橋の管理棟寄りから釣り開始。9f#8のロッドに#9タイプ3のシューティングヘッド、2Xのリーダーに#12の茶色いマラブーを(手がかじかんでティペットを結べ無いので)直結。高齢者住宅方向にキャスト、三投目に当たりますが外れました。どうも、水面~1m位に小型のニジマスが溜まっているようで、カウントダウン10秒位が一番当たりましたね。マラブーのカラーはダークオリーブへの反応が一番でした。

 リトリーブする手がシューティングヘッドを掴んでも、結構当たってくるので、ロッドを桟橋と並行にして最後までリトリーブしました。でも魚が小さいから、足元で喰わせると#8ロッドではティップが硬いのか弾かれる様に外れる事が多かったです。結局、16時30分の納竿までに10~12匹でしたよ。ストリッピングガイドの中まで凍ってラインが出ていかなくなる事も度々ありました。でも、釣れて良かった(涙)

 小型ばかりとは言え、元旦に釣果二桁は初めてじゃないでしょうか。今年の俺は何かが違う・・・かもしれない

 まぁ、小さいとは言え20~30m投げて手元に「ガツン」と来るのは楽しいです。←ホントは魚が小さいから「コツン」(爆)


※寒さと雪と小型が多かったため画像は無しです。

 タメになる情報、数釣りや大物釣りは上手い人のブログをご覧いただくとして、今年も田舎の釣り人をお笑い下さいませ。

17:18 | マス釣り | comments (8) | edit | page top↑