FC2ブログ

今回は長文ですよ~!

以前、源流で夢中になってかなりの時間オーバー、車にたどり着いたのは深夜でした。なにしろ、灯りになるものは何も持っていなかったし最初は月も出ていなかったから、もうホントに真っ暗。林道は川沿いに一本道で昼間は工事車輌も通るし、迷うはずはないと思って安心してたら、道を間違えましたからねえ~。
 工事の為に造られた道に入ってしまい、川原に出て「あれッ?」ってなりました。暗いとどこまでが林道か分からないので(片方は崖で落ちたらヤバイ)、結局、無意識に開けた方、明るい方に行ってしまった為なんでしょうね。暗いと情報量が減るから判断力が鈍るんでしょうか、大怪我しなくて良かったです。


最近読んだ本を二冊ご紹介。
先ずは、単独釣行が殆どの自分には興味深かったです。実際に遭難した人から取材したもので、特に”秩父・両神山 2010年 8月”(45ページ~)においての事例は凄まじいです。


ドキュメント 単独行遭難 (ドキュメント遭難シリーズ)ドキュメント 単独行遭難 (ドキュメント遭難シリーズ)
(2012/07/20)
羽根田 治

商品詳細を見る

 
 40m滑落して骨折「まずは左足のケガの状態を確認しなければと思い・・・中略・・・靴下をめくってみたら、脛の下、足首の上10センチほどのところで骨が飛び出していた」(56ページ)の状態で、水が無くなれば泥水をすすり、尿を飲み、食べ物がなくなれば蟻やミミズを食べ、14日後に発見、救出、そして生還は信じられない。

 新田次郎の小説で、遭難した時幻覚を見たり幻聴を聴いたりする場面が有りますが(八甲田山や聖職の碑)、それは小説の中だけかと思ったけど”奥秩父・唐松尾山 2008年5月”の章に、「生まれて初めて幻覚を経験したのはこのときだ。20~30メートル先に人がいるのが見えたので・・・『おーい、こっちだ!助けてくれ』と叫んだ。・・・中略・・・よくよく見てみると、それは老木やガレであった。」「沢水の轟音が、人の会話や子供の声、童謡のように聞こえるのだ。耳に入ってくる音はきわめて明瞭で童謡は歌詞が聞き取れるほどであった。」(13ページ)オォ~、怖い。
アマゾンの商品の説明をコピペ。
<重傷を負い、あるいは道を失って山中にただひとりあまりに重い“自由の代償”死亡率2倍の単独行遭難の実態。>
 自分の釣りのスタイルから言って、道に迷いルートを完全に見失うことはないと思いますが、転倒による怪我や滑落・転落は考えられます。単独釣行が多い自分には強烈な話が多かったです。

もう一冊は戦記物。これも良い、感想は長くなるので畳みますがホント良かった。

鉄の棺―最後の日本潜水艦 (光人社NF文庫)鉄の棺―最後の日本潜水艦 (光人社NF文庫)
(2012/11)
齋藤 寛

商品詳細を見る

14:36 | 未分類 | comments (2) | edit | page top↑