FC2ブログ

源流釣行

この滝より上流にイワナは居なかった。ココが魚止めか?(動画から落としたので目がチカチカしますね)

無題水温は9.6度(午前7時)、気温は明け方8.1度だった。う~、寒いッ。
 入渓地点(本流との合流点)到着7時。(思ったよりも早く着いた。あ~もう少し寝られたのに・笑)
 支流は、陽が差し込み水温が上がるまでは望み薄なので、時間調整で目の前の流れを釣ってみる事に。
 水は平水?減水?久し振りだからサッパリ分からない。分流の小さな落ち込みの脇で、定位しているイワナを見つけました。クリップヘッド風にした#12のエルクヘアカディスをキャスト。追ったけど喰わず。で、フライを#14のパラシュートに換えて、午前7時20分今日一匹目をキャッチ。ボ~ズじゃなくて良かったです。

無題2時間調整のつもりが調子が出て40分ほどで7匹釣って、チョッと早いけど8時に支流へ突入。予想通り反応が良くないです。30分ほどで見切りをつけて、もう一回本流筋に戻って釣る事に。戻ってからイワナを3匹釣ったんですが、岸寄りのかなり浅い場所にイワナが居て結構走られましたね。朝一は岸寄りに居るのは分かってましたけど(ダブルハンドを使う本流でも、早朝、岸ギリギリに50cm近い大イワナさえ居る)、水が動かない場所に居るのはチョッと驚きでしたね。勉強になりました。お日様が昇り、渓が明るくなって来たので再び支流へ。

本流は放流したイワナかその末裔。支流はヤマトイワナ。比較的、開けた支流なのにイワナは真っ黒or婚姻色、秋ですねぇ~。残念な事にデジカメの調子が悪くてお見苦しい画像ですが、本流と支流のイワナを並べてみます。

DSC07241-1.jpg本流のイワナ。標高1200m、交通事情が悪いこんな所にもまだ放流が行われているのかな?それとも、かつての放流魚の末裔でしょうか?(今年放流が有ったとしたら)漁協もこんな所に放流って、経済効率悪いと思うんだけどな。道路事情が悪くて、一部の「いわなヲタ」くらいしか入らないのに。
※真の「ヲタ」は「放流魚を釣りにわざわざ山奥には参りません」との事ですぞ。
支流はほぼ婚姻色が出てました。面白いですね。真っ黒いのも居たし。
DSC07227-11_201409181847517b7.jpg

DSC07229-1.jpg

↓このイワナは釣り上がる時、喰わせられなくて、帰りにウェットでフォローして釣りました。
掛けた時「スレじゃなきゃデカイ」なんて独り言が動画に録音されてました(笑)。DSC07238-2.jpg

午後5時、本流の浅い瀬でライズを釣って終了。林道が近いので帰りは楽勝です♪。釣果は30~40匹位でしょうか。今回はクマにも遭わなかったし、疲れもなかったけど、一つ残念なのは酒を持っていくのを忘れたことでしょうか?朝、川に着いた時、一杯やろうと思ったのに。でも、そのお陰で転倒が一度も無かったのかなぁ~。
 これで、今期の源流釣行は終了です。今年はクマに2回遭遇しましたが、トラブルが無くて良かったです。来期スプレーは必需品になるでしょうね。

残りは近くの川に1~2回釣りに行けたら良いですね。

19:55 | 源流釣行 | comments (8) | edit | page top↑