FC2ブログ

一番近い魚止め

前回の釣行から二週間、いよいよ”釣り”が切れて来た。禁断症状が・・・


 14時30分、釣り開始。最大2時間の釣りです。今回は、我が家から一番近い魚止めを目指して釣ってみました。雨で土砂が出て川全体が浅くなってポイントが減ってますが、却って狙う場所がハッキリしていて効率は良いです。フライは#12のエルクヘアカディス、浮かせても沈んでもイワナに効く「フライの九一式徹甲弾」。

 ポツポツ反応は有りますがイワナが小さい。それに、川の中に木が沈んでいて釣り難い事この上なし。当方の様な未熟者には厳しい釣り場になってました。

↓イワナはこのサイズが殆ど

DSC07186-1.jpg


渓全体が暗くてコワイ
DSC07198-2.jpg16時魚止めに到着、2時間掛かりません。早え~ぞ(笑)。が~、ポイントの上を横切るように(橋が架かるように)倒木が邪魔してる。しかも、枝が水面に突き刺さっているから、サイドキャストで木をクリアーしても、フライかティペットが枝にキャッチされちゃう。もうガックリ。でも、ココを目指して来た以上ぶち込むしかない。ティペットを4Xにして枝の奥に捻じ込むようにキャスト。(フライを引っ掛けて)ポイントを潰すのが怖いから良い所に入らないです。もう10cmが届かない。
 こりゃダメかと思ったんですが、小さいイワナが落ち込みから出て来て、開きで喰った。もしかしたら、エルクヘアカディスの着水音に反応して、開きまで出て来るんじゃないかと思って、もう一度着水する場所を変えてキャスト。
↓コレが出てきた。(嬉)秋ですねぇ~。
DSC07194-1.jpg



右岸側を釣ったんで、今度は左岸側。手前に石があってブラインドになってますが辛うじて水面が見える場所にキャスト。黒い影が浮いてきたぁぁぁ~。あ~、フライが石の裏に入って見えない!・・・その時、ラインが動いたんですねぇ。
↓で、居たのがコレ。お腹に卵持ってそうだったので一回撮影して速やかにリリース。
DSC07188-1.jpg



良い魚、カッコいいヤマトイワナでした。何時間も歩いて筋肉痛にならなくても、魚止めまで十分楽しめました。次回はう~んと歩いて筋肉痛になる場所でしょうか?

19:25 | 源流釣行 | comments (10) | edit | page top↑