何とか帰還

本流も渓流も同じ釣り場は食傷ぎみ。違う場所へ入ってみたい。

そこには17~18年前から入る様になった。林道からロープを使って谷底に降りていって脱渓点まで釣り上がる。大型のヤマトイワナが釣れる場所でした。その後、台風の影響で川や山が荒れて治山工事や河川改修で環境が変わり、足が遠のいていました。今回、13年振りに下流部から入渓し、核心部に入ろうとした訳ですが・・・

 工事は数年前に終わっているので、見たところ川が浅くなったことを除けば昔のままでした。でも、自分も13年経って居て(笑)、以前の様にロープを使って降りずに(体重は増えて筋肉は落ちたし)、遠回りでも尾根伝いに進んで斜面を降りて行きました。←”無理はしないつもりだった”のである。

 でも、尾根から下る斜面の途中で進む事も戻る事も出来なくなってしまいました(”斜面”と言うより”崖”だ!ありゃぁ!!)。当然ウェーディングシューズを履いていて、フェルトのソールは落ち葉が積もった斜面では非常にヤバイです。もう、ポイントに着く前の此処で釣り意欲喪失、無事戻る事に目的が変わりましたよ。実は最短コースには、所々に工事の名残のロープが残されていましたが、何時・誰が結んだか分からないロープに命は預けられません。自分は置きっ放しのロープは絶対信用しないです。

 結局、なんとか戻るルートを見つけて尾根まで上がったけど上がったら降りなきゃ(涙)、尾根の反対側は傾斜が緩いので多少は気が楽ですが、此処でも”落ち葉”は怖かったです。やっとの思いで車に戻って帰宅のはずが「オレ、今日イワナ釣ってねえぞ」気が付いてしまいました(爆)。帰り道の途中、(また)久し振りの場所に入ってしまいました。

CIMG6021-2.jpg



 結果は・・・

止めときゃ良かった!急斜面の上り下りで(気が付かないうちに)足にキテまして大転倒二回。一回目の転倒は、釣り上がると底石の色が茶色っぽかったので「滑るから気をつけないと・・・」と思った時にやってしまいました。デジカメが水没。二回目は酷かった。アッと思った時には水面とその向こうに空が見えた。最初、自分がどう言う体勢なのか理解できなかった。天地が逆さまになって完全に水没。携帯も水没。でも、頭を打たなくて良かったぁ~←ポジティブ・ポジティブ。
 釣果は、底石の色をしたヤマトイワナが一匹だけ(涙)↓。
 
CIMG6024-2.jpg



分かっていたけど、今回の教訓

時間は皆の上に平等に過ぎている!10年以上前と同じに行動出来るわけが無い。

広葉樹の斜面にフェルトソールはヤバイ。海外メーカーのウェーディングシューズは靴底が硬いので(特にシ○ス)、大きい石がゴロゴロした源流はグリップが弱いし、ピンが打ってあるヤツは接地面が小さくなるから更にヤバイ(本流では滑らなくて心強いけど)。林道じゃなくて山歩きが必要な場合は、釣具メーカーの物より靴のメーカー(キャラ○ンとか)のほうが無難な気がする。←これ、主観ね

他人が設置したロープは絶対に信用しない。命を預ける価値なし。

ハードな釣行では筋肉に乳酸が溜まって転倒する可能性大、頭部保護のためにヘルメットが必要かもしれない。ツバが有る帽子を被っていた方が偏光グラスの性能が生きるから、帽子の上にヘルメット?蒸れて髪の毛に良くないか?

兎に角、デジカメと携帯の復活を祈るのみ。

皆さん、お互いに無理せずに楽しみましょうね!!





21:34 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑

釣り動画

狭い川での動画は面白い場面が映ります。フライにイワナが突進してくる瞬間、ラインが引き込まれる瞬間、etc・・・。




解説を少し。最初のイワナは中ア、最後のイワナは南ア。4分52秒~、エルクヘアカディスを水で揉んで水面下を流してます。ラインが引き込まれてますね!大型プレーヤーでご覧頂くと多少分かりやすいかも。

岡目八目、客観的に見ると色々気がつきます。まぁ、キャスティングが下手なのはもうしょうがない。

11:11 | GoPro HD・・・動画 | comments (6) | edit | page top↑

初めての川、やらかしたか?

行動範囲が狭い自営業FFは地元の川が主戦場。本流・渓流問わず、20年以上、同じ川ばかりだと飽きてくる。小学生の時、放課後ルアーを持って自転車に乗り本流へ、中学生の時、電車に乗って隣町の本流に行っていた。それがオッサンになっても同じ川に行ってる訳だから、たまには違う川で釣ってみたくなるでしょ?釣果なんてどうでもいい(ボウズは論外だけど・笑)。

 と言う訳で出掛けたついでに釣ってみました。事前情報なんて全くなし。ただ、本流筋には放流が有る様だから支流にもアブラビレは居るだろうと・・・。アクセスも良く分からないけどグーグルで俯瞰の映像を見てみたら林道も併走してるし、何とかなるでしょう。全くの行き当たりばったり、だけどこう言うのってワクワクしますね。腕が腕だから数も型も大した事が無いのは間違いない!

 で、着いてみたら・・・
08:04 | イワナ釣り | comments (6) | edit | page top↑