検索キーワード ランキング

久々に検索ネタ

解析拙ブログに辿り着かれた皆さんの検索キーワード。”イワナ釣りブログ”だけにヤッパリ”イワナ釣り”ですね。

 えッ!ランク14位は「南信州釣りバカ」僕の知り合いの方達のことかな?あッ、リンク頂いている方達の事でしょうか?検索された皆さん、答えはリンクに有りますのでどうぞ!!

 それから12位の「パタゴニア・ダブルホール」ですが、ハッキリ言ってアクティブな渓流釣りにはお勧めではありませんよね(使った人は分かると思う)。大・小二つのバッグを組み合わせて使うわけですが、バッグ(大)をワンショルダー・スタイルで使用すると、しっかり固定されずに動いてしまい背中で右に行ったり、左に行ったりでした。廃盤になっているところを見ると不出来だったんですね(笑)。

 で、8位の「Go Pro 釣り」ですが、↓(最下段)こんなんですからね。フリーのBGMを適当に被せてあるだけだし、釣果は”アレ”だし(笑・笑)。


  最後に・・・テクニックやタックルに関する薀蓄は上手い人のブログをどうぞ。

 以上、何の参考にもならない”イワナ釣りブログ”でした。楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。













21:11 | 未分類 | comments (2) | edit | page top↑

山里も春ですね

桜と言えば、上杉の直江兼続の詩の一節・・・”洛陽城裏花に背いて帰る”・・・太閤の死後、春爛漫の伏見を離れ故国・会津へ帰る(徳川との決戦を決意して)、それを思い出しますね。
DSC07078-1.jpg自営業FFの桜と言えば・・・眠い!!高校時代、春の陽気と退屈な授業、ついウトウトと(笑)。窓の外は桜が満開、暖かい日、窓を開けると桜の花びらが舞い込んでくる。物理の授業で記憶が無くなり、気がついたら現代国語だった。
何時間寝たんだろう?長閑な春の日だったなぁ~、桜がきれいだったなぁ~。


某所での会議。何時もの様に釣具一式を積み込んで出発。思ったより会議が長引いてしまい、釣りが出来るのは2時間かぁ~(悲しいヨ)。←本来の目的は何だ!

 本流は釣った事があるので、気分を変えて支流に入ってみました。日当たりが悪いので、魚は浮いていないでしょう。でも、水が少ないから、ドライにも出そうです。下流部はアマゴ、上流は二つに分かれていてイワナでしたね。これだけ棲み分けがハッキリしているのも珍しいです。

 予想通りドライには反応が悪かったけど、ポツポツと釣れました。魚は見えているのに、頭上をフライが通過しても反応はイマイチ。山岳渓流で早朝の釣りみたい。小型のウェットでやったら数が稼げたでしょうね。

 年に1~2回、早朝から源流に入りますが、真夏でもイワナの反応は悪い。それが10時を過ぎるとドライに出始める、でも8時に入渓しているんだから2時間もったいない。で、ウェットを使うとそこそこ釣れてくれる。
 
 こんな時はニンフを使う方も多いのでしょうが、自分はキャスティングが下手だから、障害物が多い山岳渓流で、細いティペットにマーカーやウェイテッドニンフを結んで、頭上や背後、水面に張り出している木をかわしてポイントにフライを入れるなんて出来ませ~ん。

 今年はもう少し渓流のウェットを試してみたいですね。テンカラが参考になりそうです。

DSC07083-1.jpg


ストマックはカワゲラ・ガガンボ?・ヒラタカゲロウ
DSC07085-1.jpg


小型のヤマトイワナ。
DSC07087-1.jpg


古い本だけど、↓これは参考になりました。コラムも面白かったし・・・。時代ですねぇ~、ヤマメとアマゴの区別が付いてなくてごちゃ混ぜになってる。75円!缶ジュースより安い(笑)



21:35 | イワナ釣り | comments (0) | edit | page top↑

読み通りにはならない

面白かったよ!将棋ソフトVS人間、将棋”電王戦”→公式サイトはコチラ

二十代の頃、釣り好き将棋好きな友人が恐ろしい事を言った。
「釣りが好きで将棋が好きって、俺達絶対モテないよな」。←"俺達"?自営業FFも入っているのかぁ~!まぁ、正論

 古い(新聞の)将棋欄に「米長(よねなが)のネクタイが揺れている。まるで米長の命の様だ」みたいな観戦記があった。ここだけを読むと”何言ってんの!意味不明じゃん”ですが(笑)、この情景は痺れますよ。勝負どころで懸命に読みを入れるプロ棋士(と言うより”将棋指し”と呼ぶのがふさわしい人)故・米長邦雄さん、スーツの上着を脱いで盤上没我、時計の振り子のように垂れ下がったネクタイだけが揺れている・・・命をすり減らして読む、そんな姿が浮かんで来る。棋士が全身全霊を傾けて手を読む姿はカッコいい~。今回の対局も、数日前に行われた名人戦も棋士達は皆カッコよかった。

 長考で有名な加藤一二三(かとう・ひふみ)九段の姿を、中島敦の短編「悟浄出世」の主人公”沙悟浄”が真理を求めて懊悩する姿に例えた作家が居た(中平邦彦さんだったような気がする)。最善手を求める棋士の姿は正にこれだよ!

で、今日も早朝から、もう一つのモテそうもない趣味、釣りをしてきました(爆)。
DSC07075.jpg今日はシングルハンドにフラットビーム・9mのシューティングヘッドの昭和テイストで釣ってみました。ショートヘッドばかり使ってきたので、9mは長く感じます。シンクレートはタイプ3でしょうか?有り合わせを使ったのでハッキリしない。クロスにキャストし沈めてスイングさせてターンが終了する時に「コン、コン」。そのまま流したら乗った・・・みたい。掛けた場所からイワナかコイ科だと思いましたが”アカウオ”でした。本流釣りの読みも当たらん。まぁ、また明日がんばりますよ!!


電王戦関係の本を乱読。ニコニコ動画を見ていると、ヒール(敵役)のコンピューター&プログラマーに対して、無条件に人間=プロ棋士を応援してしまう。でも、将棋ソフトを作ったのも人間だから人間と人間の戦いでしょうか。結果はコンピューター4勝プロ棋士1勝でしたが、ソフト開発者がプロ棋士に敬意を払っているのが救いでしたね。

 科学技術が進めばいつか将棋を指す”ドラえもん”が登場するのかな?でもドラえもんは将棋の駒を掴めるのか?正座が出来るのか?(笑)

※一局の将棋一回の人生は、プロ棋士でもあった河口俊彦さんの著書。特に若くして亡くなられた山田道美さんの章が印象深いです。
   








20:19 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (2) | edit | page top↑

目的は”会議”でした

会議に行くのに、何故かウェーダー・ロッドが積んである・・・(笑)


仕事関係の会議が有って出かけたついでにチョッと釣ってみました。2時間釣ってアマゴ2匹で終了。去年の9月以来のドライフライフィッシング。フロータントが揮発して無くなってるし、フライは一番小さいサイズで#12だし、こりゃあ~春先の釣りには向かねぇぞ。ホントに何時も準備不足ですね。

チョッと気付いた事が・・・。いつの間にかキャスティングのフォームが変わってた。以前は脇を閉めて右腕を前後に振ってたけど、今は脇を開けて、緩くボールを投げる様な感じになってた。ここ2~3年で(四十肩?五十肩?)腕が上がらなくなって来たから、年齢に応じて(筋力が落ちて)フォームも変わってくるって事でしょうか?
DSC07066-1.jpg

DSC07065-1.jpgアマゴの胃の内容物。小さいクワガタ?よく見たらハサミムシだった。と言うことは、テレストリアルでもOK?春先=メイフライ、って訳でもないんですねぇ~。面白いや。さぁ、明日は本流だぞ!


19:18 | マス釣り | comments (0) | edit | page top↑

釣りには行ってますがね・・・

我が家は代々の巨人ファン。祖父さんが四十代で死に、残された祖母ちゃんが子供たちを育てたけど、その中の一人は立教に進学した。その時、立教には長嶋茂雄が居た。で、長島の巨人入団とともに、我が家も(自然に)巨人ファンとなり現在に至る。だけど不思議ですねぇ~。自分が物心付いた頃には、母親が一番の巨人ファンだった。「立教大学で~」とか「長島さんが~」(息子の先輩だから祖母ちゃんも”さん”付けで呼んでたらしい)とか言っていた我が家の連中よりも、嫁いで来た母親が一番の巨人ファンになるとは・・・やっぱり、嫁に来て毎日「巨人が~」「長島さんが~」って言うのを聞いてるうちに、環境に染まってしまったんだな(笑)。これを”刷り込み”と言うのでしょう。


CIMG1689[1]解禁から約二ヶ月、三回釣りに行きました。時間にして述べ4時間ほどでしょうか。結果は・・・アタリが二回有っただけ(涙)。シンクティップラインで流心から岸にかけての「かけあがり」を丁寧にトレースしていたら「コンコン!!」とあたる。魚が乗るまでそのまま流したけど、それっきり(苦笑)。まぁ、釣れないのが本流なので別にショックは無い、と言ってみる。
 流れの緩い岸には鯉や鮒が居た。もうすぐ「のっこみ」が始まるのかな?確かに春は来ている。明日も、4時30分起床、5時30分つり開始だ!!



20:26 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (2) | edit | page top↑