無題

友あり。年末、同級生が小学生の息子二人を連れて寄った。
少年達、我が家に入ると「寒い~、この家ホントさみい~」。で、帰る時外に出たら「お~、(家の)中よりも外の方が暖け~」←そんな事あるかッ!(笑)。

自営業FF「おいッ、立派な躾けだな!」

同級生  「あハハハハ」

自営業FF「そう言えば○×から年賀状が来たけど、大学卒業に7年、転職を繰り返した男がなぁ~。ちゃんと結婚生活だけは続いてる」

同級生  「今のオレはバツイチどうしで世間から”敗者復活戦”と呼ばれたが・・・」

自営業FF「年賀状を見たら娘二人がアイツにそっくりだった」

同級生  「親父似か!奥さんは凄い美人なのに神様は残酷だな!」「”親に似なくてもいい所は似る”ウチもそのパターンで、息子達(の成績)は昔の俺だぞ!」

自営業FF「それは深刻だ」・・・二人で爆笑。


 そう言えば、同級生と顔を合わせるのは葬式ばかり。幸いにして仏様が本人という事はないけど、両親が揃っているほうが珍しくなってきました。教室で机を並べて授業受けてたのは30年以上前か。ジャンプには”北斗の拳”が連載され、ロードウォーリアーズがリングで暴れ、堀ちえみがアイドル・アイドルしてたなぁ~。


DSC07045-1.jpg机を片付けていたら、古い年券が出てきました。平成8年までは、天竜川水系の他に木曽川や奈良井川も年券を購入して釣りに行っていたんですね。平成10年は木曽川の日釣り券を買っているから、年券は買わなかったんだ・・・この辺りから、主戦場が完全に伊那谷に移ったと言う事でしょうか?

思い出した!この日釣り券、前出の同級生と開田高原へ釣りに行って、その帰り木曽川の「巴淵」で釣りをした時のヤツだ。
 たしかアブラハヤが釣れたんだ(苦笑)。あれから(今年で)16年経つのか?

温故知新、今年は木曽にもちょっと行ってみようかな。

※同級生とは葬式以外で会いたいものですね。




07:50 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑

年末年始

素晴らしい釣果も無く、テクニックやタックルに対する知識も無い拙ブログを今年もご笑覧下さいませ。

 12月31日、20時営業終了。帳簿整理やって22時就寝、紅白歌合戦?一家団欒?知らね~よ(笑)。風邪っぽくて鼻水タラタラ、頭ズキンズキンで一滴も酒を飲まずに大晦日終了。

 1月1日、11時30分、”ひょうたん湖”に向けて出発。天気予報では小雨模様で風邪気味の体には良くないが、光量が低いのは止水の釣りには悪く無いです。12時40分・天候雨、桟橋から釣り開始。9f#8のロッドにシューティングヘッド、リールにタイプ3が巻いてあったので深く考えずにそのまま使用しました・・・まぁ、釣れなくても良いんです。釣りたかったら朝から来なきゃダメだろうし、投げるだけで楽しいです。因みに、カウントダウンの時間を稼ぐためにタイプ6も持ってきましたが、交換が面倒なので結局タイプ3で終始しました。フライは7~8年前に巻いたマラブーで#12~14、カラーはブラウン・タン・オリーブ・ライトオリーブが在庫として在ったのでローテーションしながら釣ってみました。←”策”も”略”も無し!

 時々ライズが有りますが小型の様で、良型は棚が深いと勝手に想像して(笑)30秒(2.5~3m?)ほど沈めてリトーリーブ。自分のキャスティング技術では、リーダーの先端まで確実にターンするのは32~33m位までなので、上手い人みたいに射程距離は長くないです。

 防寒対策は万全だったけど、ポットに紅茶を入れて持参したのでカウントダウン中これを飲んでいたら、トイレに行ってばかり(年でしょうか?笑)。

16時を過ぎて、ボ~ズが現実味を帯びて来て「小型はどうも」なんて言ってられない。もう”モグラ叩き”。ライズがあったら直撃して、カウントダウンもそこそこに速めにリトリーブ。あたる!でも魚が小さいから乗らない。結局、20㎝位のヤツが一匹で終了。

 去年はボ~ズだったから今年は良いかッ。←レベル低すぎ 


画像 142



源頭は近い、この上にイワナは居るのか?





11:58 | マス釣り | comments (6) | edit | page top↑