FC2ブログ

売上は下降しているが大吟醸は飲む

はる~か昔、もう時効だから良いでしょう。会社自体も無くなってるし・・・


自営業を始める前サラリーマンをしてた頃なんですがね、自分は営業で地域担当のサブ(補助)でした。で、月に一回、取引先の社長から担当者ではなく自分に「顔を出して欲しい」とお呼びが掛かるんです。理由は「むかし付き合っていた女の所に金を送って欲しい」。その社長は世間に顔が割れてるから本人が送金手続きをするのは抵抗があるし、銀行に頼んでも秘密が漏れるかもしれないからという訳で、取引先の下っ端にお声が掛かる訳ですよ。社長は婿養子だったので、発覚した時の恐怖を考えると・・・確かにヤバイ

 会計的にはどう処理していたか、いまいち分かりませんが、当方がお客様(社長の会社)から集金して(小切手を振り出してもらい)、その後リベート分を社長にバックして(元)愛人・彼女?に送ってたのではないかと・・・。
 (自営業になって自分で帳簿を見るようになった)今考えると、リベートを支払う方に税務署が入ったらばれると思うんだけどな~。まぁ、今でも夫婦円満らしいからどうでも良いや。世の中には知らなければ幸せな事がたくさん有る訳ですね!勉強になりますねェ~社長(笑)。

CIMG2188-1.jpg金貸し金融機関の担当者と世間話をしていたら「6月に小野酒造の蔵開放で試飲した純米酒が美味しかった」なんて事を言っていたので、早速手に入れてみました(写真・左)。
え~、味はですねェ~、当方、酒は弱いし深くお酒を語れるような味覚の持ち主ではありませんが四合瓶が簡単に空いてしまいました。とだけ申し上げておきます(笑・笑)
 
 もう一つは(写真・右)レオ マルベック プレミアム (2010)。え~、当方、プロサッカーの事はよく分からないんですが、アルゼンチンのサッカー選手・メッシの名前を冠したワインだそうです。エチケットがサッカーボールをイメージしてますね。「レオ・メッシ財団」とワインメーカーのコラボっちゅう事でしょうか?自営業FFの貧困なイメージでは、アメリカで成功した人がステータスとして牧場を経営し、ヨーロッパで成功した人はワイナリーを経営する、なんて勝手に思ってますけど、(ちょっと違うけど)メッシも成功した典型でしょうかね?

でも、日本で成功した人が造り酒屋を始めるなんて聞いたことがないな。

CIMG2191-1.jpgそして、売上不振でも大吟醸を飲む。←唯一の見栄
当方、夏休みなんてものは当然無し、お盆休みなんてものも無し。仕事が暇で(事実上)休みなんて事は度々有り(爆)
8月22日の釣行(だけ)を楽しみに働くのだ!


大吟醸、美味しかったよ~♪


スポンサーサイト



23:23 | 酒ネタ | comments (4) | edit | page top↑