FC2ブログ

ユル~い源流釣行

午前四時、近所のお客様と本流へ・・・二時間釣って異常なし。帰宅後、目いっぱい働いて予定通り源流へ出発致しました。しかし、午後出発ってユルいなぁ~(笑)。

CIMG2107-1.jpg


ここのイワナは、ちょっと木曽のイワナに似てる・・・と思う。

入渓直後、開きの底にイワナ発見。この時期のこう言うイワナって、頭の上をドライフライが通過してもまず出ないですよね(特に水深が膝丈超えると)。でも、水深が30センチ位だったからダメもとで投げてみました。一回目・・・無視、二回目・・・無視、三回目・・・フライの落ちる場所を一回目・二回目とは変えてキャスト。喰った!!17~18センチ位でしょうか、かわいいヤマトイワナですね。

CIMG2098-1.jpg

CIMG2100-1.jpg内容物を調べると、トビケラのニンフです。ヤッパリこの時期、大場所の開きの底に貼り付いてるイワナを釣るにはニンフが理に適っているんですね。まぁ、今日の水量と水温ではライズでもしてない限り、ドライフライでの大場所は難しいと言う事でしょうか。
この魚は浅かったから(もしくは、たまたま)だな(笑)


 午後二時を過ぎた辺りから、水面付近に浮いているイワナや白泡がある場所でライズも見かけるようになりましたよ。未だスレてないから浮いてるイワナは楽勝で、頭の上にフライを落とすと”一発”、サイズも八寸位はあり楽しくなって来たぞォ~。

もう一つ調子が良かったのは”穴釣り”。
CIMG1137-1.jpg←イメージとしてこんな(緑の丸印の)場所。
岸寄りの石で囲まれた小さなスポットにフライを落とすとかなりの確率でイワナが出てきました。う~ん、正に「岩・魚」(笑)。鍵は「狭いけど水が動いているスポット(穴)」でしょうか。ただ、日陰のポイント(穴)はイワナも黒いしドジョウみたいに痩せてました。ドジョウイワナの穴釣り(笑・笑)

CIMG2104-1.jpgドライに出たイワナの内容物。オドリバエ・ガガンボ・ブユ・カディスピューパ?が入ってますね。と言うわけで、オドリバエパターンで楽勝でしょう。実際は何でも良いとは思いますが・・・それを言っちゃダメだけど


三時間釣って10匹は超えたと思いますが、土・日に抜かれた様で上流ほど魚が薄かったです。ニンフを一個しか持っていなくて(合わせ切れでロストしてから)沈んでいるイワナには手が出ませんでした。オモリを持っていたらもう少し数も型も伸びたと思います(明らかに大型は底近くに居た)。

途中、水没したのでイワナの画像が少ないですが、きれいなヤマトイワナばかりでしたよ!!

数や型、或いはネイティブを追求する”イワナ道””渓流のFF道”の様な皆さんから見れば、実にユルいですが楽しかったから良しでしょうねェ~。

CIMG2102-1.jpg


CIMG2108-1.jpg


09:57 | 源流釣行 | comments (2) | edit | page top↑