カレンダー

最近、仕事上の物忘れを防ぐためにタックメモ(付箋)に要件を書いたり、通知をそのままカレンダーの該当日にベタベタ貼るようになって来ました。納品、集金、支払い、税務署の”お知らせ”から地区の行事まで。以前は手帳に書いていたんですが、手帳そのものを置き忘れるので(苦笑)、置き忘れないこっち(カレンダー)がいいや。一人親方だと先方から怒られるまで、忘れていても誰も指摘してくれません。二重三重の保険が必要です。

CIMG1972.jpgで、今年お世話になったカレンダーはこの二つ。左側はFlyfishing 2012 Calendar 。お気に入りは3月、日本で同じ物を作ると5月か6月あたりになりそうな景色ですが、若葉の中でフライフィッシング。感情移入出来るカットですねェ~。
 でも、現実は箇所箇所に”○×円”のタックメモが・・・支払いかぁ~(爆)。
右側はAngler's 2012 Calendar。中でも、8月は小さい子供の喰い付きが良かったですね。↓右側。


CIMG1968.jpg子供の目からは大きいクマ(グリズリー?)が後ろに居ても釣りをしているオッチャンが珍しかった様です。どうも、小さいお子さん達には”釣りバカ”と言う種類の人間がいる事が分かってないんですね~(笑)。巨大なグリズリーの傍で釣りをするオッチャンよ天晴れだ!

 そう「釣りバカ」と言えば、(前にも書きましたが)友人達が木曽の某川上流でキャンプ&釣りをした時、その夜、今で言う”ゲリラ豪雨”に遭遇しました。雨は直ぐに止んで直接の被害は無かったんですが、下流から別の釣り人が上がってきて「土砂崩れが起きて道が埋まった」と教えてくれました。山奥に孤立した友人達は、ウェーダーを履いて携帯が繋がる場所まで歩いて下山し、(何故か)警察に救助を求めました。そしたら、(護送車?)警察のバスが来て木曽福島の警察署まで送ってもらったそうです。で、家族に迎えに来てもらい、(車はキャンプ地に置いたままだったので)翌日、土砂が取り除かれあと車を回収しにもう一度キャンプ地まで奥さん達に送ってもらったそうです。で、どうしたかって?しっかりイブニングまで釣りをして帰ったそうですよ!(爆)。こう言うのをバカ愛すべき釣り好きと言うんでしょうかね。と言うか、それを許した奥さん達が偉いよ!付き合っているうちに、免疫が出来たのでしょうか?





 


21:05 | 未分類 | comments (2) | edit | page top↑

こんなの使ってました!

動画撮影はこれを使ってました。GoPro HD HERO2 アウトドアエディション。最近はテレビ番組CMでもよく見かけますよね。コイツをヘッドランプのように頭に取り付けるか、ブラジャーチェストバッグのように胸に固定して (ゴープロチェストマウントハーネス)撮影しました。NHKBSで火野正平さんが自転車に付けてましたね。←これでしょうかね。

 で、釣りですが、頭に付けた方が目線に近い絵が撮れるけど、編集の時、歩いている画像を見ると上下動が激しくて酔ってしまいそうです・・・画像酔い(笑)。と言うわけで、移動時はカメラをオフにして、ポイントに向き合った時は頭に付けての撮影がほとんです。でも、いくら小さいカメラでも「頭固定」はヤッパリ首が疲れるし、その姿はビジュアルがいまいちなので人が多い太田切川や、本流では「胸固定」で撮ってます(笑・笑)。広角レンズ仕様なんで思った以上に面白い画像が撮れますね。以下は、「頭固定」と「胸固定」を比べてみましたが思ったよりも違いが出なかったかな(苦笑)。


「頭固定」で撮影。HD720p推奨



「胸固定」で撮影。HD720p推奨



動画を撮るって、釣行から帰って来ての楽しみが増えます。それと、自分の”癖”も分かったりして面白いですよ~。

18:57 | GoPro HD・・・動画 | comments (6) | edit | page top↑

釣りは現場主義なのだ!

 釣りは現場主義なのだ!楽しみ方は人それぞれだけど、机に向かってリールを回していても、竿を磨いていても、川に立たなければイワナは釣れないのだ!
年に10日、50年やった人よりも、年60日以上3年間真剣に打ち込んだ人には敵わないと思うのであります。

ネタが無い禁漁なので今シーズンを、否、今までのFFを振り返りましょう(笑)。
 ところで、毛鉤で鱒釣りを始めてすでに四半世紀経ってしまいました。現在の年齢と男性の平均寿命から考えれば残りの方が短いですね。あと何回健康で解禁を迎えられるんでしょうか?(二十代の時は、こんな事は考えなかったぁ~)

ハッキリした事が一つ。釣りは現場主義。釣り歴が長ければ年月を重ねた分思い出は増えていくけど、釣果(腕前)は関係ないですね(笑)。
今年FFを始めた人が、自営業FF抜いていくなんて当たり前なんですね。老眼&体力低下でますますそう感じます。置いていかないでくれェ~。←「蜘蛛の糸」の亡者の心境 

 つらつら思い出すに、バイクにロッドチューブを縛り付けて木曽に通い始めた頃は、木曽福島から開田に抜ける”新地蔵トンネル”は開通してませんでした(1987年トンネル開通だったらしい)。ウ~ん、懐かしい。
 そう言えば、飛騨に抜ける途中、高根村の分校(木造校舎)の校庭で野営させてもらいました。校庭で野宿?今なら警察に通報されそうですね。

 南アの渓流に通い始めた頃は、三峰川上流に今は無き”塩見荘”が有りました。早朝、毎日通った頃はオウム逃亡犯に備えて、三峰川と黒川の合流地点に警察官が常駐してましたね。ウ~ん、懐かしい。

 昭和63年、辰野の横川ダムのバックウォーターで転倒して、カプラスのパワースペイを折ったんだよな~(涙)。当時の給料が手取り15万、パワースペイが5万4千円くらい?ショックが大きくて、今でも覚えてます。

 平成元年、木曽でイブニングをやって帰ってきて寝ていたら、夜中、母親が「起きて!お父さんが・・・」父親が心筋梗塞を起こしたんだよなぁ~。トラウマになって木曽に釣りに行くと何かあるんじゃないかと(しばらく)思ってた。←木曽以外には行ってたけど(笑・笑)

 平成2年、本流でのFF。3月、雪の中での釣行。当然、釣れなくて、帰宅したら新婚旅行のお土産を持って来てくれた知人が「エッ、雪の中釣りしてるの?」と、変わり者を見るような目をしてた(爆)
 本流のFFを本気で始めて今年で22年か!上達してませんね!


 FFについて人に聞かれると、ショップやインストラクターの講習を受けることを勧めてます。自分はそう言った環境に恵まれなかったので、数年を無駄に費やしてしまいました。釣りの技術以前に、イワナが居る川さえ分からなかった・・・その道で銭を稼いでいる人が提供する事には、対価を払う価値はあると思いますよ!

 で、2012年はどうだったか?こんな感じでした(動画総集編)↓HD720P推奨・音量注意!!



ねッ!全然、上手く有りませんね!もう一度言いますね、だから年数なんて関係ないんですよ。
 
07:54 | 暇つぶし | comments (4) | edit | page top↑