FC2ブログ

26/100・・・忘れられた集落のイワナ

この滝でタイムアップ。下流部で二股に分かれていて、日当たりの良い(上流に向かって)左側を選んだけど正解だったかどうか。川沿いには何十年か前までは集落があったんでしょう、竹藪もあるし井戸なんかもあります。比較的平らな場所は畑の跡と思われます。今は忘れられた谷間の集落跡です。この細流にヤマトイワナはいるのでしょうか。居るとしたらどんなイワナなんですかね。

IMG_1736[1]-1先日、お客様と話をしていてヤマトイワナが居るらしい渓を教えて頂きました。初回は見事に入渓地点を間違えてタイムアップ。で、今回になった訳ですが入渓地点を間違えたんじゃなくて川そのものを間違えてましたね(笑)

 林道のスペースに車を停めて釣り開始、すぐ出ましたが乗りませんね。流れのど真ん中だったからアマゴ疑惑が・・・。浅い場所では反応無し、出るのは大場所だけですね。しかも流れの筋で小型が反応するからアマゴ疑惑が・・・(もうイヤッ)。

 併走する林道が尽きて、流れが細くなってきた辺りから反転流で反応が出始めました。どうやらイワナ圏に入ったようです。でも水面に出てくるヤツは小さいうえに、食うのが下手で#14のフライを食い損ねます。しかも前回の川と一緒で至る所に木の枝が沈んでいて釣りにくい事この上なしです。しかも魚は極めて薄いですね、入渓地点の近くの堰堤で小型のイワナを釣りましたが、明らかにニッコウ系でした。まぁ、アマゴらしき魚もいましたから、過去に放流があってもおかしくないわけで「ヤマトイワナ居るのかなぁ~、居てもフライで釣れるのかなぁ~」と言う懸念が・・・。


川1最上流部は概ねこんな感じ。広葉樹の林を流れているので、葉が茂ってくるまでは日当たりがいいですね。ご覧の様に、流れの中に木の枝だらけでホントに釣りにくかったです。

IMG_1727-1.jpg最上流部に入ってからようやく釣れたイワナ。背中に白点は有りませんが、側線の付近に朱点と白に近い黄色の点が見られました。背中のあたりも撮影しようと思ったんですが逃亡致しました(苦笑)。
 時間が来てしまいました、予定よりも30分オーバーです。奥に小さな滝(最初の画像)が見えます。そこまで釣って終了しましょうか。

滝の手前。怪しげな反転流がありましたのでフライを投入。と、言いますか木の枝が邪魔してフライがポイントに入らないので殆ど”提灯釣り”(お恥ずかしい・笑)での釣り。出た!食い損ねた。もう一回キャスト(?)。出た!今度は乗った(嬉)、魚の大きさは確認できたので、引き抜くように障害物から離してネットイン。で、イワナは・・・











ヤマトイワナはいた!ちっちゃいけど(笑)
IMG_1730-1.jpg

たま~に、”ヤマトイワナ”と紹介している方のブログに対して「これはヤマトイワナじゃない」とか、イワナの釣果自慢に対して「これはイワナじゃなくてブルックだ」とか、いちゃもんご指摘する方を見かけますが(余計なことだと思うけど・・・)、自分も研究者では無いので難しい事は言わないように(爆)。
因みに背中のアップ↓感じとしては、南アのイワナに似てる気がしますが、根拠はありません・・・クレーム受けません。(笑・笑)
IMG_1734-1.jpg


人里近い伊那谷の某所に、ひっそりとヤマトイワナはいたのです。以上終わり

17:39 | イワナ釣り | comments (6) | edit | page top↑