10/100・・・やっと一匹

本流のフライフィッシングほど結果が出ない釣りは有りませんね。カテゴリーの”餌やルアーより釣りたい!”も”餌やルアーより辛抱強く釣りたい!”にしますか?

CIMG1688[1]-1やっと釣れました、2012年の初イワナ。ニジマスやアメノヨ(アマゴ)じゃなくてイワナでスタートするあたりが”イワナ釣りBLOG”でして(笑)。
 本流イワナにしては可愛い29.5cmでした。←別に自己申告だから30cmでも良かったんですがね、拙ブログは、田舎の下手な釣り人のドキュメントですから(笑・笑)。
 今回、いつもと違ったのはスカジットラインのティップをライトモウ・10fシンクからスペイライン#9/10用のタイプ8・15fにしてみました。右岸から下手なダブルスペイでキャスト、流心を横切って岸よりのかなり流れがゆるい場所まで流しきってからゆっくりリトリーブ。

CIMG1687[1]-1あまりにも流れがゆるい場所でのバイトだったので、アカウオかとも思ったんですが、イワナでした(嬉)。これが5月以降だったら間違いなくコイ科の魚しか付かないような場所ですね。という事は、川の中でも季節が遅れているのかもしれません・・・イワナだったから居たというべきでしょうか?ニジマスならもっと流心よりでしょう。
 10回目の釣行でやっと一匹、時間にして延べ20時間はいかなかったか!このペースで行くと4月は二匹かな。何れにしろ本流は見返りの少ない釣りですね。でもやめられない。


17:18 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (6) | edit | page top↑

9/100・・・この反動はデカイ!

取引している業者の担当さんが退社の挨拶にみえました。「えッ、転職するの?」ってきいたら「定年ですよ!」との事。もうそんなになるのか、なんて話をしたいたら取引を始めてから十数年になるのに気がつきました。「自営業FFさん、お互い確実に時間は過ぎて行くんですよ」・・・仰るとおり、確かに時間は流れて色々変わるんですね。丈夫で病気知らず「私が最後に入院したのはアンタを生んだとき」と言っていた母親が今は施設か

CIMG1458[1]今シーズン9回目の本流釣行。何時もより上流に入ってみました。パッと見ただけでルアーの釣り人が三人います。去年はシーズン通して(平日は)殆ど釣り人を見かけなかったのに、今年は多いですね。ヤッパリ雑誌か何かに載ったのかな?まぁ、このブログが情報源でないことは間違いないですね!だって釣れないんだから(爆)。
一部のポイントに集中するということは、情報源が一緒のような気がします・・・嫌だな~、場所の取り合いになりそうですね。
 シンクティップで1時間釣ってタイムアップ。今日も釣果なし。9回連続釣果なしですか、良いですねぇ~、きっとこの反動はデカいよ!

 
16:36 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (2) | edit | page top↑

8/100・・・今日も変化なし

今シーズン8回目の本流釣り、否!フライフィッシングと言うべきか。まぁ、自分にとっては釣り=FFですがね。←だって”自営業FF”だもん。
 シンクティップで左岸を釣り下りますが反応無し。バックが取れないので、スナップティーでキャストしますが気を抜くと、Dループが張り出した枝に掛かる掛かる(涙)。誰か見てないか?周りを見回して(苦笑)、ラインを外しに行くのは悲しいものがありますな。釣れないと集中力が散漫になってなおイケマセン。1時間半やってタイムアップ。一切、変化なし。

 あッ、何時もと違ったことが一つだけ有りました。


17:34 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (4) | edit | page top↑

釣りは小休止・・・ご紹介諸々

今回は(構成が悪い)新聞みたいです(笑)。
iwana06.jpg今から12~13年前、木曽の養魚場産のヤマトイワナが太田切川水系に放流されました。2006年までは釣れてましたから、大きなものは30cmくらいにはなってました。一目見て中アのイワナとは違うので、友人達と”木曽タイプ”とか”木曽ヤマト”なんて呼んでました。ここ数年で、自分を取り巻く環境も変わり、以前に比べて太田切川で釣る機会も減りましたが、今でも”木曽イワナの末裔”は釣れるのでしょうか?
←太田切川で釣れた”木曽タイプ”

IMG_4354iwana5.jpg←中アのイワナ。ねッ!一目で分かりますよね。木曽の方がオリーブ掛かっていますね。

IMG_4027iwana.jpgこちらは、放流されたイワナかその末裔たち。↑二つのイワナと違いますよね。イワナ三態、全て中アを源に流れ出す川で釣れたイワナ達です。比べてみると”木曽タイプ””木曽ヤマト”と呼んでた違いがよくわかりますね。



以下はご紹介・・・
Pick Up・・・拙ブログより有益なり

sakesaniwana442i.jpg<<渓流のルアーフィッシングmckeeさん・・・かつて、ご近所さんだったmakeeさん、手取川のサケ・管釣り・渓流のルアーフィッシングとオールラウンドプレイヤーです。手取川サケ釣りの帰路、スピード違反で捕まった事は黙ってますよ(笑)。太田切川でスタックした時、助けてくれた恩人です。>>

<<伊那谷のFF!たったんさん・・・バンブーロッド愛好者のたったんさん。竹竿でネイティブ・ヤマトイワナを釣る!私と同じ組合の方(嗜好が近い同士)でしょうか?>>


photo18.jpg<<渓流のFF、SHIGEさん・・・釣りはご一緒した事はありませんが、宴会でご一緒する(笑)SHIGEさん。キャンプでの調理いつもありがとうございます。手際の良さは、奥様の仕込みが良いのでしょう。伊那谷の釣行多数。>>

<<下伊那の釣り、けばりさん・・・けばりさんも、釣りでご一緒した事はありませんが、宴会でご一緒になります(笑)。いつも、コンロ・食材ありがとうございます。渓流からひょうたん湖(管釣り)まで、FFの釣行多数。>>


iwana18.jpg<<太田切川の釣り、NOBUさん・・・太田切川水系の釣りの終着駅!!釣行回数が違います。手取川サケ釣りの往路、サバーバンの速度がマイル表示だったことを忘れていて、スピード違反で捕まってしまった自営業FF、それを見たNOBUさん嬉しそうだったなぁ>>

お役立ち情報もどき?
IMG_2405hon.jpg<<イワナその生態と釣り―神秘の魚イワナの謎を探る (アングラーズ・サイエンス)、著者の山本さんには、何回かイワナについてお話を伺いました。興味深いお話が多かったです、特に産卵数と体長制限に関するお話はなるほどと思いました。>>

<<たびたび紹介の古本信州の渓流釣り (1983年)と同じ著者の魅力あふれる信州の清流釣りカシミール3D入門―山と風景を楽しむ地図ナビゲータの組み合わせは如何でしょう?特に”信州の渓流釣り”は大変お世話になりました。使い方によっては今でも十分役に立ちます、特に木曽方面は。手書きの地図が良い味出してます。>>

14:11 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑

7/100

田舎の釣り人の記録をそのまま書きなぐる拙ブログも、事実とは言え毎回「釣れません!!」じゃあ更新のモチベーションも上がりません。←と、言うことは・・・今回も(苦笑)。

以下、閑話休題。

 松下幸之助さんだったでしょうか?”(業績不振で)ろくに税金を納められない者が、大きな顔して(税金で出来た)道を歩くな!”みたいな事を仰って部下を叱咤激励したとか。その日暮らしの個人事業主の自営業FFは、平成22年11~12月に行なった設備投資のおかげ(?)で、去年より減価償却費が大幅アップしまして、増収減益となりました。融資を受けるには落第の決算書ですが、まぁ、減価償却は帳簿上の事でキャッシュが減ったわけじゃないし、借り入れの予定はない(出来ない?)からイイや。(帳簿上)所得がダウン→納税額”かなり減”になりました・・・\(^o^)/わーい、\(^o^)/わーい。

まぁ、このあたりの意識の違いが”経営の神様”と”自営業FF”との決定的な違いでしょう(爆)

IMG_1697.jpg朝からは鼻がムズムズします。花粉症春になりましたか?しかし、寒いですねぇ~早朝釣りをする気にはとてもなりませんが、本流へ。
 シンクティップラインを使って、障害物やカケアガリに沿ってフライを送り込む釣りがイマイチ上手くいかないなので、ヘッドを使って流れを横切らせる釣りに替えてみました。こちらの方が、慣れてる分いいなぁ~。ラインのテンションを通して、フライがどう泳いでいるか?想像出来ます・・・ラインが重くなって、ターンが始まりフライが流れを横切って、それを魚が追ってきて、なかなか喰わなくて、ターンが終了してラインが軽くなってリトリーブ一回目、喰ったぁ~・・・みたいな(笑・笑)


移動時間も入れて1時間20分。二つのランを流して、結局、7回目も釣果無し。




07:53 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (2) | edit | page top↑

6/100・・・気温も結果も寒かった!

確定申告終了。決算書を見ると涙が・・・一年の労働の成果がこれか!あ~、所得税納税してみたい。
そう言えば最近、ヤミ金怪しげな金融屋さんからダイレクトメールも来ないなぁ。回収が見込め無いのが分かっているんだな(笑)。

IMG_1682[1]本流を1時間弱釣ってみました。寒くて、手先が思うように動きません。ジョイントのテーピング、ガイドにラインを通す、フライを結ぶのも一苦労ですね。やっと、準備が整ったと思ったら、ラインが一箇所ガイドを通って無い、釣りを始めるまでに時間を食ってしまいました(涙)。
 結局、一つのランを釣ってタイムアップ。全く反応なし。魚は絶対に居るはずなんですがね。システムがマッチしていないのでしょうか?次回はスイングの釣りでランをカバーしてみましょう。手持ちのシューティングヘッドを探したら、STS450gr・タイプ4があったのでこれでやってみようかな。
 今年は(も)、一匹釣るまでが長そうです。
 去年の3月11日、某河川の堰堤で釣りをしてました。一年経つか・・・


両親がニジマスでもサーモンとはこれ如何に?
アルプスサーモン&アルプスサーモン丼
八ヶ岳山麓の玄ソバは味が濃いのが特徴


10:06 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (4) | edit | page top↑