タイトルバックあれこれ

釣りに行くのは経済的にも時間的にも難しいと言う事で、過去(2011年)のタイトルバックの画像を並べてお茶を濁しましょう。ぱっとしない画像ばかりなのは「文系で素人」なんだからしょうが無いと言う事で(笑)。
 でも、拙ブログのコンセプト「田舎の下手な釣り人を笑ってもらう」に適っているでしょ?まぁ、お付き合いくださいませ。

2011年1月

①雪の中ア。我々が子供の頃から「西駒・にしこま」と呼んでいた山と、「木曽駒ヶ岳」と呼ばれている山が同じだと知ったのは、三十路を過ぎてからでした。←ビックリしたなぁ~(笑)。
IMG_0886.jpg
②ご覧のとおりです。この時は、タイトルに使える素材がなかったんでしょうね。
IMG_0913.jpg

2月
③南アを望む。解禁を控えて、ウズウズしてた頃でしょうか。
CIMG0921.jpg
④15年位前の、懐かしい写真ですね。デジカメが普及してない頃です。
IMG_0930-1-2.jpg

5月
⑤キャンプセンターの風見鶏(風見馬?)。キャンプの折に撮ったものでしょうか。
IMG_1039-1-3.jpg
⑥ヤマトイワナ。中ア?南ア?忘れてしまった。
IMG_1065-1.jpg
⑦雨で荒れる川だけど、ひっそりとヤマトイワナが住む川です。
IMG_1052-1.jpg

6月
⑧南アのヤマトイワナですね。古い画像?それとも、梅雨の合間に釣りに行ったのかな(笑)。
CIMG0025-1.jpg
⑨イワナが笑ってる。
CIMG0104-1-1.jpg
⑩斑紋の感じから中アのイワナでしょうか。
CIMG0110-1.jpg

以上が6月までです。やはり、ハイシーズンになるに従ってイワナの画像が中心になってきますね。今年は、どんなイワナに会えるでしょうか。
 たぶん来週(あたり)に続く・・・

18:27 | 未分類 | comments (2) | edit | page top↑

大吟醸と管釣り

度々登場頂く取引先の専務(社長の奥さん)。

専務   「あら、暖かそうな格好してるわねぇ~」

自営業FF 「懐が寒いので、見た目(服装)だけは暖かくしてます」

そこへ社長登場

社長   「懐の事言い出したら、ウチは一年中冬だぞ!」

自営業FF 「社長ォ~、最近思うんですけど”人件費が安い外国・・・”なんていってるけど、時給に直すと、自分の方が安いんじゃないかと・・・」

社長   「自営業FFさん!考えちゃダメだ!我々個人・零細は、一生働いて働いて資金繰りを心配し続けて死んでいくんだよ」

一同、顔を見合わせて爆笑。それにしても、新年にふさわしい会話ですな(笑)。

IMG_1657[1]大晦日から今日まで胃の中に、注ぎ込んだほんの一部。長野県の酒蔵のために肝臓がフル稼働しました。
 今後も応援しますよォ~。

 興味が無いとは存じますが、ちょっとお酒について・・・

 後列中央、向かって左に見える一升瓶は幻の酒ではない地酒、大吟醸・夜明け前山田錦40%精米”夜明け前”の最高峰!!(どうだァ、鑑評会出品酒だぞォ~、かかってこい!!・爆)。このお酒、二十年くらい前は春先にはメーカー在庫ゼロで売り切れてました。買おうとしたら、そう言われて「え~、(高い)大吟醸が4月で売り切れなの~、じゃあ、あと一年飲めないじゃん」と思ったものです。超有名銘柄じゃなくても大吟醸売り切れ!!90年台前半、未だバブル経済の余韻が残ってたんでしょうね。あんな時代はもう来ないだろうなァ~。

 二十年前と言えば「渓魚年間1000匹」を最低の目標にして、川に通ってた頃でもあります。「数は腕、型は運」とか言って(バカですね)、兎に角上手くなりたくて数釣りにこだわってました「今日は30匹しか釣れなかった」みたいに。←まァ、ホントに嫌な奴だったわけです(笑・笑)
川は今の様に(災害等で)荒れてなくて、自分の様な釣り人にもシーズン中千匹以上釣れちゃうんだから良い時代でしたね。もう来ないだろうなァ~。
 
 さすがに三十代も半ばを過ぎたあたりから、数釣りへの執着はなくなりました。でも、最近、エリアを使った大会を見ると「あんな楽しみ方もあるんだ」と思うようになりました。以前の自分なら「自然河川で使えないシステムで100匹釣ったって意味がない」”池の鯉”の如くウジャウジャいるニジマスを釣って楽しいかァ?自然河川で沢山釣るのがまっとうな釣りだ!(苦笑)って思ってましたけど、歳をとったせいか変化が・・・。

 同じエリアに立って、決められた時間の中で、人よりも(一匹でも多くの)マスを釣る。その一点に絞ってスキルを高めるのも面白いでしょうね。自然河川で応用が効かなくても良いの!他のエリアでは結果が出ない方法でも良いの!魚の引きを楽しむとか、そんなことは関係ないの!兎に角、周りの釣人より一匹でも多く釣る!そのために、タックルを組む!練習をする!全てを研ぎ澄ます!これも釣りの楽しさなんだろうなァ~。
で、そんな人たちが集まった大会で、結果を出す人は凄いと思うようになりましたね。遊ぶのに真剣って良いよ。

 まさか、こんなに意識が変わってくるとは。でも自分は管釣りで50も100も釣れなくても良いかと、だって、のんびり出来なさそうだし(笑)。ヤッパリ数釣りは卒業したのかな。でも、管釣りで沢山釣る人ってホントにすごいと思いますよ。

1月23日追記
釣りビジョンで、エリア・トーナメントの特集してましたね。おッ、タイムリーだ(笑)

 
09:19 | マス釣り | comments (2) | edit | page top↑

今年は何かが違う・・・かな?

高校時代、プロレス大好きの友人が居ました。卒業文集はテリー・ファンクについて語るほどの入れ込みでしたね(笑)。その彼は、レスラーの身長・体重は覚えているのに、江戸幕府歴代将軍は「”家康”以外は覚えられないんだよ」よく豪語してました。それに漢字の読み間違いは芸術的でしたね、特に源氏物語は凄かった!!オリジナルを超えたといっても過言ではないでしょう(笑・笑)。そんなヤツから今年も年賀状が届きました。相変わらずの字で「大変な時代だけど、少しづつ前へ進むようお互い頑張ろう!」だって・・・お前も偉くなったなぁ~(涙)、まさかお前が人を励まそうとはなぁ~。家族の写真を見たら、息子がオヤジにそっくり!漢字苦手だろうな(爆)


IMG_1642.jpg午前中、ひと仕事済ませてからだったので12時過ぎに現場到着。釣り人口減少のためでしょうか?それともマトモな人間が増えたのでしょうか?去年、今年と元旦の”ひょうたん湖”は空いてますね、第一桟橋貸切状態。
 12時30分釣り開始。第一桟橋の先端で駐車場方向に向かってキャスト。31日の午後7時まで仕事だったので、準備が出来ませんでした。なにしろ仕事が終わったら、テレビ見て酒飲まなきゃいけないから。
 9f#6のロッドに、#8タイプ2のシューティングヘッド、チョット竿が負けてる感じですがこれしかないからしょうがありません。。リーダーはアメマス釣りに使った2X・7f、ティペットはフロロの3X・・・だってこれしかないんだもの(笑)。フライも、10年くらい前に巻いたモンタナマラブー#8・・・だってこれしかないんだもの(笑・笑)。キャストの距離は20~25m・・・だってこれしか飛ばないんだものね(笑・笑・笑)

マーカーを使った釣りは性分に合わないので殆どしません。リトリーブする左手に「ガツン」と来るのが止水の釣りの醍醐味だと思ってるんで、「投げては引く」を繰り返すだけです。開始から2時間、カウント50でようやくアタリました。ティペットが切れるはずは無いので、掛かった場所が悪くなければバレないでしょう、40cmくらいのニジマスでした。拙ブログの「元旦・ひょうたん湖」に関して一番古い記事が2007年の元旦で、その年4年連続ボ~ズって書いてあるから、なんとこのニジマスは2003年の元旦に釣って以来の正月魚じゃないですか!えッ、九年ぶりの「元旦フィッシュ」(爆)。足場から水面まで距離があったので、記念すべき魚は撮影しませんでした。(まぁ、いいって事よ)。
これにて、一年に一回のひょうたん湖は終了ォ~、来年までサヨウナラ~(まだお正月なのに・笑)
一匹(も)釣れたという事は、今年は何かが違うかも←気のせいだとは思いますが
 
12:32 | マス釣り | comments (8) | edit | page top↑

今年もお付き合いください

kako-69wKUxF9ujaPo9z9.png


00:00 | 未分類 | comments (8) | edit | page top↑