FC2ブログ

”アメマスを釣る”の事・・・続き

ワカサギ釣りが大好きな友人いわく「ワカサギ釣りは残酷だ。上手い下手がハッきり出る」「同じ道具を使って、隣同士で釣っていても、片方は釣れて、もう片方は釣れない」。それを聞いて当方「うん、それッ!それが釣りだよね」

でも、北海道まで出かけていって「釣れなかった」は情け無い。腕だからしょうがない・・・そんな訳にはいかんぞ!

これが釣りだ
中規模の渓流を思わせる様な場所でのアメマス釣り、流れの中に有る石の周りを狙う。左右に出来た白泡の筋と、真ん中の落ち込みを手前から釣って行きます。先ず手前、小型が掛かったけどバレタ。当たりが小さくて、半分根掛りだと思ってアワセたから掛かりが甘かったですね。
↓こんなポイントにですよ!60UPが何匹も入ってるんだから!!只今、50cmと格闘中。
111117 208-1-2


 続いて真ん中の落ち込みにキャスト、白泡が切れる辺りで喰った!尻尾が水面に出た!「デカイ」しばらくリールファイトをした後、バレタ!まだ居ないかと思ってフライを打ち込むけど反応なし。次は、奥の白泡の筋にキャスト、40cmクラスをキャッチしましたが、続きませんね。ポイントも大きくないのでココはこれまでかと思ったんですが、ガイドさんが「もう一回、落ち込みの中にフライを入れて下さい」と指示が有ったので、打ってみたけどダメでした。でも納得できないみたいで「ちょっとお借りしていいですか」、当方のロッドを渡しました。で、自分が散々叩いた落ち込みの部分にフライを入れて流すと一発でヒット、デカイ!63cm!エ~ッ、ボクが散々フライを入れたのに~。

ガイドさん「やっちまった!ゲストの魚釣っちまった!」感が体中から出てました(気にしない、気にしない・笑)。

これが釣りだぁ~、同じ道具を使って、同じ場所に立って同じフライを投げたのに、片方は釣れて、片方は釣れないんだから、これが釣りだぁ~!!!

繰り返し言われたのが、大物ほどアタリガ小さい「疑わしきはあわせよ!」
 根掛りか如何か、よく分からんうちに釣れた62cm(サイズを測って居てくれてた)。画像を見ての感想、オッサンになったなぁ、痩せなきゃダメだ!体重オーバーは尻だけじゃなくて膝にも来る(涙)
111118 247-1111118 206-1

バンブーで釣りたい!
 普段、渓流ではバンブー使ってるんで、今回もバンブーで釣りたかったんですね。複数のオモリを着けても大丈夫か?ロールキャストが主体になりそうだけどフェルールは大丈夫か?キャストでオモリをブランクに当てたらヤバイんじゃないか?杞憂ですが大型が掛かっても大丈夫か?(杞憂でした、笑・笑・笑)、えッ、マイナスばっかりじゃん。でも、バンブーで釣ってみたいんですよ!!!
111118 203-1
サケが掛かった時はやばかった。後方で「あ~、サケだ。竿が~」「竿寝かして角度なくして、ライン掴んで”綱引き”して切っちゃって下さい」とガイドさん。こっちは「外れろ!外れろ!」って念じたら思いが通じたのか(笑)、外れてくれました。
 
 今回、使ったタックルはペゾン・パラボリック ソーヤーニンフ#5/6 8f10in。リールもハーディーのクリックを使いたかったけど、まぐれ・奇跡まさかの大型が掛かってもいい様に、”唯一の”小型のディスクを使いました。後で考えたら、クリックでも良かったなぁ~。次回は、是非クリックで釣りたいです、あの逆転音・・・堪らん。ただ、減水してたから良かったけど、平水~増水だったら大型はキャッチ出来たかは・・・?

試してみたい
来年も時間を作って是非釣ってみたいですね。今度は国産のバンブーで、リールはクリックで、エッグ以外のフライも使って・・・チャートリュースは効くとの事なので、チャートカラーでトラッドなウェットを巻いて行ったら如何かな?
口にピンクのエッグがワンポイントの72cm。マッチ・ザ・ベイトとは言え、絵的にチョッと・・・
111117 213-1

 釣行前、準備段階での愉しみ、釣っている時の愉しさ、帰って来てから思い出してはニヤニヤ!このわずか数日のために、バンブーオーダーしても良いかな、と思ったりして。

111118 267-1 今回、釣ってみて思ったけど、自分はフライフィッシングの楽しさの数パーセントしか知らなかったんですね。大きさとか、数とかじゃなくて、新しい事に挑戦するって面白い!ホントに面白いなぁ。

北海道には長野県には無い釣りが有った。こりゃ、皆さん嵌まる訳だわ。

18:10 | イワナ釣り | comments (12) | edit | page top↑