なんか満足

この滝より上流にイワナは居ません。此処を持って今年の渓流は(ホントに)終了。今シーズンも拙ブログ御笑覧ありがとうございました。って、ブログは禁漁中も続く・・・

CIMG1280-1.jpg

午後2時釣り開始。「ここは鉄板でしょう!」という川。今シーズン、人に会った事が無い上に車を停めて10分で到着。釣果もそこそこで、天然のイワナが居る、でも大物は居ない(笑)、最後を飾るのに相応しいのかな。
 入渓してみたら・・・ここもかぁ(溜息)。先日の台風で、大分水が出た様です。流れが工事後みたいになってます。土砂も出てポイントも埋まってるのは昨日と全く一緒ですね。ポイントが少ないから、ペースは上がって、魚止めまで1時間チョッとで行けそうです。イワナの反応も昨日と全く一緒、ドライへの反応が宜しく無い。で、沈めたら良いのか?ってウエットにしたり、またドライに戻したり、フライの交換って老眼には非常にツライのです。
 今回は、エルクヘアカディス(EHC)に働いてもらう事にしましょう。大場所では、先ず全ての筋を浮かせて流してから、次は落ち込みに叩き込んで(沈めて)そのまま流します。ポイントを流しきって、ピックするためにロッドテイップを立ててフライを浮き上がらせると当たりました。う~ん、18cm位かな?
CIMG1259.jpgこれに味をしめてEHCを沈めてもう一箇所左岸側の開きを釣ってみます。ダウンストリームのウエットみたいにフライを送っておいて、怪しげな場所でロッドティップを立ててフライをターンさせると当たりました。これも似たサイズ。
 
 その後、続かずフロータント塗ってまたまたドライで釣り上がります(こんな釣りって何だかなぁ~・笑)。二つ良いのをばらしてからサッパリになりました。イヤ~な予感がしますねぇ~。


で、とうとう魚止め到着(冒頭の画像)。「魚止め」にしては可愛いですが、この上流にイワナはいません。上流部は急な滑滝が続いて、最後は崖見たいになっちゃってイワナが着く場所が無いです。実際、イワナを見かけません。

CIMG1268.jpg振り返るとこんな感じ。一本の水路の様で、所々に支流からの土石流の痕も見られます。土砂崩れも有って、ヤッパリかなり荒れたんですね。上流部に行くほど酷くなりますね。イワナが居るのかなぁ~?
 ここまで下流部で20cm前後を4~5匹。納得イカン!でも釣り上がりたくても魚止めより上にはイワナが居らん。どちらにしても此処で、今シーズンの渓流は終了ですね。
 最後の一投・・・


お腹に卵を持っている(と思われる)”お母さんイワナ”が居た。大きさは22~23cmか。旦那も居ると思うので、撮影は後にしてキャスト、出たけど乗らず。その後反応も無くて終了。卵産んでもらわなきゃいけないから、撮影もそこそこに滝壺へリリースしました。

 嬉しかったなぁ~、大きさなんて関係なし、台風で荒れた最上流部だけどお母さんが残っていてくれたんだ。最後の最後に、この谷の可能性というか希望を見た気がしましたね。

渓流シーズン最終日、数が出た訳でも型が出た訳でもないけど良い終わり方だった、と思いませんか?
CIMG1276-1.jpg

19:41 | 源流釣行 | comments (6) | edit | page top↑

望む!再戦

いよいよ今シーズン最後の釣行。釣果無しではスッキリしない、ここは一つ絶対釣れる「鉄板の川」に行こう。
CIMG1256-1.jpg

川に着いたら、未だ濁ってる。まぁ濁ってたってイワナは釣れますけど、先日の台風による大雨で流れが変わってます。土砂が出て川全体が浅くなっちゃった。「あのプール」も「このプール」も「例の落ち込み」も皆埋まってます。こう言うのを「川がリセットされた」って言うんですかね・・・リセットするなら禁漁になってからにしてくれよ!

 叩くのは落ち込み脇の反転流のみ!!(男らしいよッ、笑)。と、言いますか浅瀬は土砂で石が埋まってしまいポイントの体を成していません。僅かに残る落ち込みしか釣れそうに有りません。イワナも落ち込みの中に居るのかなと思うんだけど、気温低下・水温低下・濁り・増水・大雨による環境の変化、ドライには出ないだろうなぁ~そんな気配です。

 ポイントが少ないので1時間チョッとで予定区間を釣り上がって終了ォ~。小物が2匹でありました。ウェット使う方法も有った筈だけど、持ってかなかった(涙)。エルクヘアカディスが有ればウエットとして使えたけど持ってかなかった(涙・涙)。
 これをもって今シーズンは終了








え~ッ、これで終わるのォ~

明日、2時間作るしかないな(爆)。川は「鉄板の川2号」だ!!
17:28 | イワナ釣り | comments (6) | edit | page top↑

まだ終わらせない(つもり)

終わったな、今年の本流!!今は只々、被害が出ない事を祈るばかりです。


3月1日、このアメノヨ(アマゴ)から始ったシーズンも残す所10日ですね。おそらく、本流は今週中は釣りにはならないでしょう。と、言う訳で本流は本日を持って終了~。今年、本流で何匹釣ったんだろう?数かぞえて無いから分からないけど、(絶対)20は行って無い。まぁ、平年並みです。←当社比
 本流は釣行回数が激減致しました。何がいけなかったって、イネ科の植物が花を咲かせたらアレルギーが酷くて、戦う前に戦意喪失。5月いっぱいを持って今シーズンは終了してました。イネ科の植物がダメって、田舎の人間もヤワになったものです。
CIMG0967-1.jpg

最大はコイツでありました。本流ニジマス55cm♀。「釣った」と言うより「釣れちゃった」、交通事故の様な一匹でした。これが有ったから良かったけど、もし無かったら・・・本流はツライシーズンだったよ(涙)
IMG_0997-1.jpg

天気予報によると、明日までは雨ですね。天候は22日から回復しそうですが、一日や二日では水は落ちないでしょう。道路事情も良く無いだろうし、山奥は難しいかもしれませんね。

 当方の渓流の最終は27日か28日です。その辺りになれば、水も平水とはいかなくても落ちているでしょうから、釣りにはなりそうな気がします。未だ未だ、渓流は終わっちゃいません。
 ※例によって午後2時自宅出発、5時半には帰宅のパターン。今シーズン、遂に一日中(朝~夕方迄)釣りをする事は無かった・・・にも拘らず、釣りはした気がするなぁ~(笑)。



20:23 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑

予定変更

釣りだ!釣りだ!半日釣りだ!と、前回騒いでおりましたが・・・今朝、電話が

お客様  「今日、お願いしちゃって良い?」
自営業FF「ハイ!承りますよ~♪」

商売第一、イワナ釣ってもお米買えないからね。と、言う訳で仕事の段取りをつけていたら、いつの間にか2時なっちゃった(笑)。前回の川は断念して、速攻、車に飛び乗ったわけですが、午後3時釣り開始(仕事が有るので)6時半までには戻らなきゃいけません。当初の予定は何処へ・・・


入渓地点に車を横付けにして、斜面を下ります。乾いてますね~、日陰なのに土がパサパサ。減水しているのが容易に想像が付きます。
 先ずは開けた流れから。普段はパスですが、今日は何故か左岸から撃ってみる気になりました。50m程釣り上がると歩くコースが左岸側しかなくなるから、希望が持てるのはそこまでなんですがね。2~3投目、反転流で出たけど乗らず。

 でも、今までこの流れで出た事無かったから、これはひょっとして日陰にイワナが入ったのか?右岸側を釣り人が歩いた為か、その両方か?この開けた場所は左岸側の日陰(右岸側は西陽が当たるので日陰が少ない)を叩いて行くと出るのでは?と考えた訳ですが・・・。

小型の反応が良かっただけでした(涙)。その上流はこんな感じ↓

IMG_1322-1.jpg
オオ~ッ!この木漏れ日、ブラッド・ピットが竿振ってそうだ!(笑・笑)



IMG_1327-2.jpg出るのはこのサイズでこのタイプ。

 しかも、喰わない!!フライの下で反転して戻って行くのを何匹も確認しました。流し方が拙いのか?5xのティペットが拙いのか?両方か?多分全部でしょうね(笑・笑・笑)。

 予定のコースが終わる手前、左岸側の反転流(反時計回り)にフライを落としたら、フライが波に飲まれた。えッ、喰ったの?合わせを入れたら竿が伸されました。デカイ!って最初は思ったんですが、引きが直線的なんで「スレ疑惑」が・・・。

 引きを耐えてたんですけどね、落ち込みの下に潜られて動かなくなってしまいました。5Xの強度とバットのパワー生かして引きずり出そうとしたんですが、急に軽くなりました。切れた、と思ったんですがフライは付いてました。なら、口に掛かってたのかな?だったらそこそこの型でしたね、いや、きっと20cmのイワナの尻尾に掛かってたんだ!(爆)
 その後、大場所でイワナ2匹追加してタイムアップ!12~13cmを除けば、7~8匹行ったんですかね。ブログで予告まで入れた釣行にしては、締まらなかったぁ~。

IMG_1316.jpg間違いなく「秋の釣り」になってると思うんだけど、その日の傾向が分かりません。禁漁までに納得した釣りは出来るのでしょうか?

近日、試したい事が有って、リンク頂いているNOBUさんのホーム太田切川を釣ってみる予定!

晴天が続いているから、朝夕が有望そうですが釣れるでしょうか?減水して来るとヤバイ気がするなぁ~



23:04 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑

何処にするかな?

イワナが笑っとる!!

CIMG0104iwana_20110912184528.jpg

禁漁まであとわずか、仕事の都合が付いたので水曜日出撃しようと目論んでます。何処へ釣りに行ったら良いんでしょ?何時もの川は嫌だ(笑)、だって面白く無いでしょ(もう、飽きた!)。前回と同じ川ですかね?別に大物が釣れる訳じゃないけど、前々回から五年も経ってると色々忘れてますから景色も新鮮で良いや!今度は、午前中から川に入って5時間位釣ってやろうか♪←かわいい希望ですな!

 海外、東北、北海道!って、遠くへ出かけている人からすると笑っちゃうんでしょうが年中(ほぼ)無休「休みが無い」貧しい自営業者にとっては、これは遠征ですよ!なんてったって一日釣りするんだから(笑・笑)

八寸までしか釣れなかった!放流魚(ニッコウ系)しか釣れなかった!20匹しか釣れなかった!ッて仰る方々
上手い人たちよ!20cmのイワナを一匹釣って喜ぶオッサンを笑ってくれ!(爆)

19:36 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑

台風一過

たまには冒険が無いと面白くない!

IMG_1289-2.jpgいつも同じ川ばかりでは飽きますね!確かに釣果は約束される「鉄板の川」は有るけど(笑)、兎に角いつもとは違う川に行ってみよう!!という事で、天竜川の左岸側へ行って来ました。

 ハッキリと、行き先を決めて居た訳じゃあ有りません。まぁ、本流は台風の影響で増水して真っ白く濁っているだろうからテキトーな支流を見つけて入る事になるでしょう(事実そうなりました)。事前の情報なんて全く無し、その川には3年?4年?その位来ていませんから、今回の台風の影響がどの位あったのかも、サッパリ分かりませんでした。

 以前来た時と比べると、かなり土砂が出たようです。水はまだ真っ白、車を停めてトボトボ歩く訳ですが林道も荒れてますね。これは「バイク持込隊」も思うような活動が出来ないでしょうね(ざまあ見ろ)。
 40分ほど歩いて目的地に到着。午後3時釣り開始←遅ぇよォ~(笑・笑)。

 何しろ、どの辺から釣りになるのかサッパリ分からないし、片っ端からポイント叩いていたら直ぐ暗くなっちゃうから、一投か二投一番良い所に投げてさっさと移動します。で反応が有ったら、その周辺から丁寧に釣って行く事にしました。う~ん、水は白いし生命感が無いなぁ~。


3時35分、本日の一匹目。黄色の丸印で出ました。この辺からは、丁寧にポイントを潰して行きます。

IMG_1293-1.jpg 見ての通り、落差がきつく倒木がゴロゴロしてます。障害物をかわしながらの釣りですが、何時も釣っている所と比べれば楽勝ですね!何しろフォルスキャストが出来るんだから。
 V字状の谷だからサイドからだと弱冠見下ろす感じになります。障害物等の関係でサイド気味から釣ると、手前と真ん中に居るイワナは増水してても逃げます。(当たり前の事ですが)真下からのアプローチじゃなければダメですね。

 釣り上がる時、次のポイントでは石や木が有っても横に回り込まなくても良い様に歩くコース、アップで無難にキャスティング出来る位置、それとポイントの形を想定して(岩を乗り越えたら足元にポイントが有った!を無くしたくて)釣り上がったけど、自分のキャスティングテクニックでは・・・厳しい


朱点が綺麗なイワナ、当然ですが放流魚じゃないですね。
IMG_1296-1-3.jpg 午後4時30分、6~7寸が入れ食いになりました。光量が落ちて来たので、派手なパラシュートポストのフライにしないとキツイですね~(涙)。
 しかも、最近乱視が進んだ様で、カメラのファインダーも上手く見えないし、フライのアイも見辛くなって来てフライの交換が困難になって来ました。


 一応、昭和四十年代生まれなんですけど・・・遂に、老眼か?来たのか?

4時半終了のつもりが5時まで釣ってタイムアップ。谷は日陰になってきて、チョッと不気味な感じになって来ましたよ。来る時でさえ、途中の林道、暗かったからなぁ~。駆けるように林道を下って(途中で足がつって小休止したけど・爆)、5時50分、愛車(軽トラック)に到着。実釣二時間で、15~6匹でしょうか。入れ食いになった時、ゴボウ抜きにしていたら5~6匹空中で落としたんで、20匹チョッと掛けてたんでしょうね、25cm位が最大でした。

↓イワナは全部このタイプでした。
IMG_1303-1.jpg


禁漁まで約三週間、もう1~2回何時もの川を釣って終了でしょうか。ひょっとして、味をしめてもう一回左側(南ア)が有るかな?(笑・笑・笑)

22:40 | イワナ釣り | comments (10) | edit | page top↑

川で遊ぶのも厄介ですね

手取川サケ釣り募集中、今年は試合放棄かなぁ~。

IMG_1065-2.jpg

世間がお盆休みのなか、某漁協から某所に抗議があったとか。話を聞いてみると、漁協の話ももっともでは有りました。で、以前有った話を思い出しました。

 子供達の夏休みに合わせて地区のPTAが主体となって飯盒炊爨が行なわれます。その中で、(自然河川に)ニジマスを放流して子供達に手づかみで捕らせてあげようとした所、「河川の漁業権は漁協に有る。勝手に魚を捕らせるのは何事か?」という話が有りました。漁協の言わんとしている事は分かる、正論であるけど、主催者側の「買ったニジマスを逃がして捕らせるだけだから良いじゃん!」「子供の夏休みの思い出作りに文句言うんじゃない」「漁協ってそんなに偉いのか?」というのもわからない訳じゃない。これは、落とし所が難しいって思いました。もし、「手づかみ」の会場にC&R区間が設定してあったら?でも「手づかみ」は何十年も前から行なわれているイベントだったら・・・漁協に釣り人も加わって、もっとドロドロした事になりますよォ~。
 川で遊ぶって事も中々厄介ですね。


長野県水産試験場が調査した「渓流漁場におけるキャッチアンドリリース(C&R)区設置の成功要因と課題」で、全国に有るC&R区に於いて遊漁者数が増加、横ばい、減少に分けて表にしたものが有ります。で、興味深かったのが減少のC&R区間の共通の特徴として

・漁協が漁場管理
・漁協が発案
・協力団体が無い
・餌釣可
・(C&Rが)お願い
・イベントの実施
で、その結果、マイナス面として現れた事象が

・釣り人同士のトラブル
・密漁・持ち帰り・密放流
・放流効果が無い
が、上げられてました。これって、何処かの川で見たことない?この結果を見て妙に納得してしまいました。

いやぁ~、あまりにも現状と合致しているのでうなってしまいました(苦笑)。

因みに、遊漁者が増加した場所の共通点は

・地域が運営
・特別料金設定
・管理委託されている

マイナスの事象として

・漁場環境が悪化・・・釣り人が増えた事によるものですかね?

プラスの事象として

・資源の増加
・ゴミの減少

どうでしょう?皆さん、心当たりの場所は有りますか?

※研究の詳細は、独立行政法人・水産総合研究センターのHPをどうぞ!

18:25 | 未分類 | comments (4) | edit | page top↑