こんな川には、何がいる?

IMG_1267-1.jpg

イワナがいたよ!

で、どんなのが・・・
IMG_1268-1.jpg
IMG_1272-1.jpg
IMG_1271-1.jpg

二時間ほど釣って7~8匹でしょうか。イワナはこの手のヤツばかりです。放流魚が居ないんでしょうね、何時間も歩かなくても居る所には居ると言う事でしょうか。良くしたもので、開けてる場所は魚影が薄いです。反応が良い場所は、大抵頭上に木が有って、ロールキャストでフライを入れないといけません。毎日の様に夕立が来るので川は増水してます。その御蔭でイワナの反応は頗る良好でしたね。その割に釣果は?ですが、大漁報告は上手い人のブログにお任せしましょう(笑)。
 
 最大は27cm位でしょうか、画像がいまいちですが・・・。これも、頭上の木をかわしながらロールキャストでフライを石の間に落としたら出ました。暗い所に居たので黒いですね、中々に良いイワナで有りました。
IMG_1275-1.jpg


千葉のONO様からコメントを頂いたのを機会に、改めて自分が求める(イワナ釣りの)竿って考えてみました。
 先ず、長くない事、短くて困る事より長くて扱いにくい方が自分の行く川では多いでしょうね。でも、短くても棒のようじゃなくてロールキャストの曲がりが十分得られる事。それから、バットがしっかりしていてイワナに主導権を握られない事・・・これって好みの問題ですけど、当方「引き味を楽しむ」って言うのが分からないんですよ。掛けたらさっさと取り込んで(必要なら写真撮って)リリースする。で、「もう一匹いったろか?」って感じなんで(笑)。と言う事で落ち着くのは、7f前後で#4~6位の竿ですかね。今のトレンドはライトラインなんでしょ?7fの#5~6って間違い無くマイナーな世界ですよね。こんなの竹で作って貰うしかないんじゃないのかなぁ~。当方のスタイル、リーダーも短いし、雑誌の特集だったら間違いなく「釣れないスタイル」の典型なんでしょうね・・・確かに釣れないけど環境で補ってますから(笑×2)。


20:43 | イワナ釣り | comments (12) | edit | page top↑

準備完了。さぁ、釣り開始!!ドォー(雨の音)終了ォォォ~

山岳渓流、何が怖いって「熊」と「夕立」ですね、それに暗くなると「お化け」も怖い。

IMG_1254-1.jpgタイトル通り最近、午後になると必ず天候が崩れてきます。

 雨が降ってくるのが目で追えます。カーテンを引くように山が白く霞んで来て、「来るぞ!来るぞ!」・・・ドォーッ!ハイ、(怖いから)終了です(笑)。今週も二回同じパターンでありました。しかも、全て開始前か開始直後で、釣らずに撤収でした。でも、増水も怖いし道路への落石も怖い。往きに無かった石が、帰りにはドーンッと道路に落ちているなんて事は珍しく無いですよね。命も車も(まぁ、当たれば廃車でしょう)お金も惜しいですからね。

 変り種ではこんな事も有りました。以前にも書いた事ですが、雨の日の夕方釣りの帰り道、カモシカが道路の真ん中にうずくまっていて、車が1m手前に止まっても逃げてくれない。生きてるんだけど逃げない、もしかして怪我してるのかな?右手は崖、左手は谷だから崖から落ちたんでしょうか?さすがに抱きかかえて退かすには大きすぎるので、こちらが避けて通る破目になりました。路肩から外れそうで、緊張しましたよ。チョッとタイヤがはみ出してたんじゃないかな?こんな事もあって、雨の日は色々な物が落ちてくるのが分かりましたね。

 今は、午前中釣って、午後三時には上がるって言うのが安全なんでしょうね。午後スタートは、注意しないといけません。今日も午後から崩れるような・・・

※中ア・南ア釣行の皆さん!雨要注意ですよ!!


10:29 | 未分類 | comments (6) | edit | page top↑

近~い源流

以前、監視員をしてた時、現場で県外の釣り人に「何処か良い川無いですか?」って聞かれたんで、近くの(自分は良いと思っている)川を教えました。翌朝、同じ釣り人に会ったから「如何でしたか?」って聞いたら「穴場じゃないじゃないですか、地元の人は知ってるじゃないですか」だって。アンタはバカか?川が流れているのは地元の人間なら知ってるよ!問題はイワナが釣れるか如何かでしょ。そもそも、「穴場」なんて無いし、有っても何処の誰か分からない人に教えないよ・・・。
 と言う訳で、お盆明け、先行者は(先ず居ない)「穴場」へ行って参りました(爆)。

IMG_1250-1.jpg黄色の円の場所でイワナ発見!水深10cm、隠れているつもりでも倒木から尻尾が出てるよ(笑)。一発で出ました、20cmのヤマトイワナでした。
 しかし、水が少ないですねぇ~。その所為でしょうか?イワナは瀬に出てません、居たとしても「メダカ」みたいなヤツばかりです。そこそこの型のイワナは水が有る大場所に移動していた様で、そんな場所では必ず反応があります。お盆明けの大場所でこれだけ反応が有ると言う事は、この渓は不人気なんでしょう。←ヤッパリ「穴場」かな?
 と言うか、まわりにたくさん良い川が有るからわざわざこんな川で釣る事無いか?竿抜けの典型ですかね。

超有望(そう)なポイントを前にしてティペットの交換中、大粒の雨が落ちてきました。場所が場所ですから、これ以上酷くなったら撤退しないとヤバイ感じです。でも釣り人として、ここでフライを投げなくて撤退は出来ません!(こう言うヤツが遭難するんでしょうね)。バックが取れないんで、ロールキャストで手前から叩いて見ました。すると・・・・
 やっぱり、大きい順に釣れて来るんですね(嬉)。ヤマトイワナ2匹の中間型が2匹でした。一番大きいヤツは30.2~3cm有りました。急な雨で、活性が上がったのかな?大きいイワナはポイントの中をウロチョロしているのが見えたから、割と簡単に釣る事が出来ましたよ。まぁ、日頃の行いの良さが出たんでしょうね(笑)。
IMG_1246-1.jpg

IMG_1258-1.jpgしばらく釣り上がって見たけど、ヤマトイワナと中間型がそれぞれ一匹釣れただけ。水は少なくなってくるし、落差もきつくなって来てイワナも居そうに無いからこの辺りで終了。2時間半釣って、しっかり数えた訳じゃないけど7~8匹でしょうかね。まぁ、良いイワナも釣れたし良かった良かった。
 さぁ、世間の休みは終わった事だし、釣りしますか~。



20:02 | 源流釣行 | comments (14) | edit | page top↑

夏休みィ~?そんなものは無いッ!

お盆の定番「てんぷら饅頭」、「お父さんにお供えして!」と近所の奥さんから頂きました。ただ、てんぷらにするのは面倒なのでそのまま頂きました。←これじゃぁ、ただの饅頭じゃん(笑)
有り難い事に、農家の皆さんから野菜も沢山頂きまして、毎日カレー&きゅうりをかじる日々で御座います(感謝!!)。
 で、釣りは・・・お盆明けでしょうねぇ。う~ん、後数日の辛抱だ!
IMG_1229.jpg

ハックルをビッシリ巻いたスペント・スピナーのでかいフライにイワナが「ガバッ!」堪りませんね~。かと思えば、お盆明け渇水の渓流でフライを「チョン」と突付いて帰っていったりと、源流のイワナ釣りは堪らん!!
8月一発目の釣行は17日、魚止めまで行って見ますかね。結果は拙ブログにて余すところ無く(笑)ご報告いたします。釣れっかなぁ~?と言うか、一匹は釣れて欲しい(爆)。
CIMG1153-1.jpg

18:14 | 未分類 | comments (6) | edit | page top↑