FC2ブログ

7年目・・・

ライブドアーブログからFC2に引っ越してきて7年目に突入です。引き続きお付き合いくださいませ。
 当時は、タイトルも現在の様な「イワナ釣りブログ」なんて何の捻りも無いそのまんまのタイトルじゃ有りませんでした。←旧タイトルは恥ずかしくてとても言えない。
 ホントはね、大物の画像ベタベタ貼って「見ろ!俺の釣果を」「メディアに寄稿もしてるぞ!」「控えよ、初心者。フライ歴○×年だぞ。道具の事も詳しいぞ」と言う、人間性が疑われそうな自慢が中心のブログになる筈だった訳ですが(笑)、ご覧の様に(自慢出来る釣果も無く、自慢の道具を買えるほどの財力も無く)実力相応の内容に落ち着きました。
 
 開設当時と何が一番変わってきたか?って、最近は釣った魚の数は如何でもよくなって来まして(本流は釣れないから数える迄も無いけど)、大きさも殆ど計らなくなりましたね。内径28cmのネット使ってるんで飛び出るようなヤツはめったに無いし、改めてメジャー当てる事も無いかな、と。・・・まぁ、早い話「自分には数も型もたいした釣りは出来ない」と言う事がようやく分かりました(長い道程でした・笑)。

※でも、本流はまぐれで大きいのが掛かる事も有るんじゃ無いかとメジャー用意してますけど(70UPは夢ですよ!夢!)。


 14~15年前でしょうか。南アルプス山麓の旧長谷村(現在の伊那市)、三峰川と黒川が合流する「三峰川橋」のたもとに、オウム事件の逃亡犯に備えて警察官が居た頃の話です。
 その頃、毎朝三時に我家を出発して、途中、友人と合流し三峰川上流に向かいました。薄暗いうちに入渓地点へ到着し白み始めた頃釣り開始。6時半、釣り終了。帰宅して8時からは仕事開始。これを1シーズン殆ど毎日行ないました。友人に到っては、イブニングにも出撃してたそうですから狂ってましたね。週に1回か2回は同じ川に昼間も釣行してましたから(笑)、その(狭い範囲に限っての)情報量たるや相当のものになりました。

 友人は「○×のポイント右岸側の石の前には30cmのアマゴが居る」とか「○×の大岩には尺イワナが少なくとも二匹は付いて居る」とか、一々話が具体的で面白かったです。で、人から「どうして分かるんです?」って聞かれると、「釣ってみた!」(爆)サラッと言ってのけましたからねぇ~。

 自分はその域には達しませんでしたが、その後、渓流のFFに対する見方が変わった転機になった年でした。
 今考えると、何がそんなに楽しかったんでしょうかね。二人ともFF初めて7~8年は経ってたし、「釣行する度に進歩するのが分かって楽しくてしょうがない」って言う時期は過ぎてたと思うんですけどね。でも、睡眠時間削っても行く価値が有ったんでしょうね、楽しくてしょうがなかったんでしょうね。さすがに毎朝3時は無くなりましたが、熱は今も冷めてません。こんなに面白い遊びが有るとは思わなかったなぁ~。

 さぁ、FC2ブログ7年目、行ってみましょう!

 P1020393-2.jpg


00:00 | 暇つぶし | comments (8) | edit | page top↑