再挑戦

この流れは、5月19日まーちゃ氏との釣行以来。その結果、判明した事は魚影「極薄」(笑)。たくさん釣れなくたって良いんです、最近同じ場所ばかりで釣果に関係無く飽きて来ました。でもココ、聞けば最近mckee氏も討ち死にしているとか!当方も返り討ち覚悟で行ってきました。


結果から言うと、2時間の釣りで五つ掛けて三つキャッチしました。入渓地点の関係で最初は様子見を兼ねて大まかに釣り下ったんですが、途中一箇所イワナが走ったのみでイケマセン。最下流部、前回反応が有った場所で漸く20cm位のイワナをキャッチ。で、そこから釣り上がった訳ですが、反応は無し。釣り下りの最中、魚影が有ったところは最も怪しい場所なので今回はそこが勝負所でした。しかも、ポイントの突き当たりは大場所で、その手前は開けた瀬になっていて、真ん中には木が一本流れと並行に沈んでます。ココは居る!良く分からんが居る!←いつものパターン(爆)。

大場所の手前の瀬って居るんですよ。みんな大場所に目が行って、(浅くて単調なら特に)釣らないんですよね。先行者が居れば蹴散らされちゃいますが、今日は居ません。倒木の上にラインの先端を載せて、木に沿わすように流したら出ました!掛けた時は魚体がハッキリ見えたのでデカイ長い!と思いましたね。でも、その後、やり取りの最中、倒木の下に潜られてサヨウナラ~!(涙)。

で、その後、瀬頭で釣ったのがこのイワナ。ばらしたヤツと一緒で痩せてますね。ただ、長さは割りと有って(内径28cmのネットより少し大きかったので)28.5~29cmって所でしょうか。
CIMG1168-1.jpg
今回もお約束、体側のアップ。
CIMG1169-1.jpg

突き当たりの大場所では、左岸側の反転流で中間型を一匹掛けて終了。この川で去年から数十匹イワナを釣りましたけど、全部ヤマトイワナで中間型を釣ったのは初めてでした。放流されて無いのは確実なので(何しろ最近まで道が無かった)コレもネイテイブですね。へぇ~、こっち(中間型)が少数派なんだ~。IMG_1177-1.jpg

入渓地点に到着してタイムアップ。下流部釣って正解でした。上流部は魚影が薄い気がします・・・時間が無くて釣ってないけど。

この谷で釣れなかった皆さん!
私を信じてもらえるならば、今なら必ず多分一匹は釣れるでしょう・・・ばらしたヤツも泳いでいるし(笑×2)。

※道路事情は相変わらず良く有りません。落石、土砂の流失による段差が酷いです。消防団出動にならない様、雨の日は止めた方が良さそうですよ。


19:56 | イワナ釣り | comments (6) | edit | page top↑

伊那谷のイワナ

今回はイワナの画像を並べただけ!スクロールが長くなります、スミマセン。二回に分けるほどの内容ではないのでご容赦!

民謡「伊那節」で

      東仙丈 西駒ヶ岳
             
      あい(間)を流れる
                
      あいを流れる 天竜川

というのが有ります。伝統に則って(笑)、天竜川の東と西でイワナの画像をまとめてみました。以前使った、画像なので、見覚え有るものが殆どで目新しさは一切ありません。でも、並べてみると面白いですよ!


IMG_2916iwana.jpg先ずは中間点、天竜川からスタート。なかなか釣れないから特徴なんて良く分からないです(爆)。全体にオリーブ掛かった魚が多い気がする。



続いて、東側!

その1
南アの標準タイプ?
CIMG0660-1.jpg
その2
朱点が濃いのも居れば・・・
IMG_1021iwana.jpg
その3
金色も居る・・・
20050920041205.jpg
その4
顎がしゃくれたヤツはお年寄りか?
bluedun-121.jpg
その5
これは源流に住む中間型。

如何でもいい話ですが、以前、ネットで見かける(多分中間型の事だと思う)「ハイブリッド」について水試の方に聞いてみました。種の異なるものが混じって「ハイブリッド」なので、種が同じヤマトイワナ×ニッコウイワナは「ハイブリッド」では無いです、との事。なるほど!どおりでこの話が出た時、水試の方は最初「イワナ×アマゴが釣れたんですか?」って聞いたわけですね。
学問とは関係無く、一部の釣り人で使われている呼び名と言うことなのかな。

因みにこのイワナが釣れた場所、近くに林道が無く下流には滝が有り漁協による放流の記録も有りません。
IMG_2363.jpg
その6
その5よりさらに上流。標高1,800m水源近く、一番奥は中間型?
CIMG0667-1.jpg
その7
秋になればイワナも色づく。良い色合い。
CIMG0071iwana.jpg


さぁ、ここからは西側!

その8
この朱点、毒々しい!
CIMG0608-1.jpg
その9
小型はパーマークのハッキリしてるのも多い
parmark.jpg
その10
おなじみ(笑)中アの白いヤツ
CIMG0700.jpg
その11
こちらもおなじみ、豹柄(爆)
CIMG0756-1.jpg
その12
「青」も良いですねぇ~。大きくなると白っぽく(薄いグレーに近い白に)なって来るんでしょうね。
CIMG1151-1.jpg
その13
こちらの「青」はチョッと暗い。暗い谷に居たからでしょうか。
CIMG0734-1.jpg
その14
ココは最近のお気に入り。色合いが少し違いますね!他の川に比べて、底石が茶色いんですよ。それが原因でしょうか?
 何故なら・・・
 「釣りキチ三平」で三平君が「青鮒」を釣った時、青く澄んだ水に棲んでいたから身も心も青くなったんだ!みたいな事言ってたから(笑)・・・あながち外れでは無いのでは・・・。
CIMG1133-1.jpg
その15
14と同じ川。ヤッパリこの色。如何です?背景の石と色が似てません?
CIMG1166-1.jpg

以上でお終い、スクロールありがとう御座いました。


改めて見てみると「東」と「西」では違いますね。そう言えば、東側には一年位行ってませんね。「空いた時間を使って、チョッと」じゃ行けないのが痛い所です。でも、西側にもまだまだ怪しげな場所が有るんですよね!そこにはどんなイワナが居るんでしょうか。


00:00 | イワナ釣り | comments (10) | edit | page top↑

今日もイワナを釣ってみた

ここは居るッ!良く分からんがきっと居るッ!
CIMG1162-1.jpgあれッ、出ないぞ!

何時もは2~3回叩いて移動するんですが「ここは居る!絶対に居る!理由は分からん」(爆)。と言う訳で、簡単に諦めるわけも無く、#10のドライフライを打ち込む事5回目か6回目、の場所から飛び出しました。頭上の枝をかわしながらのファイト。画像左側のブッシュの中に突っ込まれたけど、交換しておいた5Xのテイペットに助けられました。

相手はコレです。

     


     ↓

     ↓

     ↓


CIMG1165-1.jpg
 こんなのが居たんですね!水量とポイントの規模にしては、予想以上の一匹でした。良い面構えです。
まぁ、これがイワナ釣りなんでしょう。ポイントとサイズは必ずしも比例しない。


「お約束」イワナの体側。
CIMG1161.jpg

太古の昔より、この流れに住むイワナの末裔です。

閑話休題

この水系のイワナについて、研究者の方(県の水産試験場の方)に質問しました。色々、興味深い話を伺ったんですが、その中で面白いなと思った事がありました。

 以前にも書きましたが「ヤマトイワナとニッコウイワナが交配すると中間型が生まれるんですか?」って質問してみたんです。
そしたら、その回答が「理屈ではそうなるけど、実験では実証されてません」と言う回答でした。
えッ、じゃぁ、良く見かける「ヤマトイワナ(天然魚)とニッコウイワナ(放流魚)の交配」とか言う話は、根拠が無いんですか?って、聞いたら
「間違いとか正しいとかは分かりませんが科学的に実証はされて無いと言う事です」。これは驚いたなぁ~!


 いやぁ~、専門家の方に聞いてみると面白い発見があるんですね。←だからって釣果には関係ないけど(涙)

12:00 | イワナ釣り | comments (8) | edit | page top↑

なかなか良い色ですね!

ココの住人(住魚?)はこれだ!


この流れは7~8年ぶりですか。「渓相抜群、魚影希薄」の典型なんで今までパスしてましたけど、「鉄板の川」とか言って、毎度毎度同じ川じゃぁ飽きますよね!ボ~ズ覚悟、クマ覚悟で臨んでみました。

CIMG1151-1.jpg

CIMG1154-1.jpg元々、イワナが少ないのは承知してたけど、今日は水量が多いから益々望み薄です(笑)。
 チョッとでもフライをアピール出来ないかと思って、ヘンハックルテイップをウィングにしたスピナー#10を使ってみました。存在感有りますねぇ~。ハックルもビッシリ巻いてあるし、デカイから良く見えます。イワナからも良く見えていると思うんだけど・・・・・・予想通り、反応が無いです(涙)。
 途中、支流に入ったら魚影が確認出来ました。良かったぁ~、イワナは居るんだ。
 で、その後・・・




結局、2時間粘って出たのはこの一匹!でも、このイワナいけてますよね。中々良い色合いでしたよ。
帰り道、林道をトボトボ歩きながら思ったのは、此処は相変わらず「渓相抜群、魚影希薄」の場所だった。虫がたくさん飛んでたのに、この反応の悪さはイカンでしょ。
今年、この川はこれで最後でしょうね。(エッ、未だ6月なのに・笑×2)。
 


ヤッパリ「鉄板の川」は偉大でした(爆)



22:37 | イワナ釣り | comments (4) | edit | page top↑

某沢の住人達

自分はバス釣りをしないんですが、その釣りを見ているとブッシュの奥やゴミ・浮き草の中にルアーを入れて、バイトが有ったら水草ごと引き抜いてくる「カバー撃ち」なる釣り方が有るんですね・・・

 そうだ!木に覆われた某沢を釣るにはこの考え方で良い訳だ!バットのしっかりした短めの竿と太いティペットを使って、サイドキャストや(フリッピングみたいに)ボーアンドアローキャストで倒木の下や石の隙間にフライを入れてやる。イワナが出たら、小さいヤツはゴボウ抜き、良い型は障害物から引き剥がしてネットですくえば良いじゃん。さぁ、普段渓流のドライフライでは使う事が殆ど無い3X~4Xのティペットにフライを結んで釣り開始!!

CIMG1137-1.jpg典型的なこの沢のポイント。
 イワナが出たのは緑の円で囲まれた場所、正に「穴釣り」。石に囲まれたCD一枚分位の隙間、フライを落とすとイワナがゆっくり浮いて来て「パクリ」と喰った。
 ティペットの強度を信じて、穴から引きずり出したのは良いけど、頭上には枝が張り出していてロッドティップが挟まったりラインを引っ掛けたりでヤバイ状態になってしまいました。あ~ッ、喰わす事、障害物から引き離す事はシュミレーションが出来ていたけど、障害物に囲まれた中でファイトする事までは考えていませんでした。←愚か者(笑)
 踊り状態で漸くキャッチしたイワナは思いのほか大きくてきれいでしたよ。

 結局、この釣り方で正解でした。ただ手持ちのロッドでこの釣りに向いてそうなのが7f2inも有ったので、チョイ長かった様です。もう少し短ければ、トラブルは減ったでしょうね。ロングリーダーもファインテイペットも無用なこの釣り。#5~6のロッドで6f~7f位、柔らかいテイップとしっかりしたバットなんてのが良いんでしょうか。でも国産ロッドで6フィート5番なんてのは人気無いだろうな(笑)。今の流行だと需要は殆ど見込めそうも無いマニアのロッドかな。

この沢の住人達。

中間型とヤマト型と2タイプ居るようです。中間型も白点が極めて薄いですね。サイズも九寸が上限でしょうか。
中間型
CIMG1120-1.jpg
ヤマト型
CIMG1134-1.jpg


この沢の様子も分かって来ました。何時間も車に乗らなくても、何時間も歩かなくても居るんですね。
CIMG1131-1.jpg
CIMG1126-1.jpg
11300.jpg
CIMG1150-1.jpg




20:23 | イワナ釣り | comments (14) | edit | page top↑

あ~ッ、キツイ!

始った(イネ科の)「ホソムギ」「ハルガヤ」「カモガヤ」による花粉症。特にヤバイのが本流。車から川に辿り着くには、こいつ等をかき分けていかなきゃなりません。一回釣りに行けばもう目が痒くて堪りません。ひょっとしてスギ花粉より辛いかも。田舎者もヤワになったものです。

↓はオオキンケイギク。同じ外来植物ながらこっちは無害。コレが咲き始めると、イブニングの時期がやって来たって気がします。

CIMG1113.jpg

先日の大雨の影響で、濁っていた本流も良い感じになってきましたね。流れがだいぶ変わったけど、新たなポイントが出現してイケソウです、水量もまだまだ十分だし。
古い画像ですが、以前同じ時期に釣った一匹。良く見ると#6ロッドにシンクティップのヘッド使ってますね。なるほど!こんな感じで釣ってた訳ね。最近はダブルハンドにスペイラインのシンクティップで釣ってたけど、太いベリーのデメリットも感じてました。案外「温故知新」フラットビーム+ヘッドの昭和テイストがイケル気がしてきました!となれば、使うフライは昭和の香り漂う「フィエスタ」「アルテミス」「パルセウス」「ブタマン」でしょうか?(でも、ラトル音は無し。これ、分かる人は自分と同年代以上で、angling誌見て本栖湖にブラウン釣りに行ったか、カプラスのロッドを買った人・爆)

いずれにしろ本流良さそうです・・・花粉は酷いけど。
houraimasusayo.jpg


アルプスサーモンを使った丼ってなに?
アルプスサーモン丼

09:00 | 本流FF 餌やルアーよりも釣りたい! | comments (2) | edit | page top↑

やっと、イワナが瀬に着き始めた

健康診断終了。去年より体重が7キロ増!!昨年のデータと見比べて、計測ミスしたんじゃないかとご丁寧に再度測定。間違いは御座いませんでした(涙)
お医者さん曰く「家に体重計無いの?」「去年より重いって感じない?」。
ハイ、家に体重計は有るし、重いって感じてるよ!(怒)。15分以上立ってると或る部分に痛みが・・・。


お尻の痛みをこらえての釣行。←「痔」じゃ無いよ!右臀部ね(笑)。
歩くのが辛いので、谷の入り口からスタート。石が小さくて、瀬になってます。水深は深い所で50cm位でしょうか。こう言った場所は、魚が瀬に着き出すと型は出ないけど数が出るんですよね。しかもフライフィッシングの独壇場。「もしや」と思いキャスト!第一投目から喰って来ました。で、二投目にもヒット、コレで確信しました。「イワナが瀬に着き始めた」って。

 落差が無くハッキリしたポイントが無いので、何時もよりリーダーを長くして(と言っても12f位ですが)、流れの中に出来た「よれ」や「たるみ」と言った変化を手前から丁寧に釣って行きます。必ず反応が有りますね。この瀬で何匹釣れるのか生簀を作ってイワナを入れて行きました。ノーミスで5匹釣ったところでトラブル発生。リール(マーキス#5)のスプールが外れた。しかも、スプールを固定しているセンターのシャフトと一緒にとれちゃった(汗)。確かにリールの回転が悪いなぁとは思ってたんです。ずっとWFライン使ってるんですが、間違ってDTを買っちゃって下巻きそのままでラインを巻いたから、その所為で回転がキツイかと思ってた。「だからDTはいやなんだよ」なんてぶつぶつ言いながら。

 でも違ってたんですね。良く見たらリールの本体そのものにヒビが入ってました。良くコケテぶつけてたからなぁ~。無理矢理スプール押し込んで釣り再開。対岸のポイントを逆Uの字にラインを落として流すとイワナが出た!ここまでノーミス「ひょっとして俺上手いのか」なんて調子こいてたら(笑)、足元をスプールが流れて行くじゃないですか!(爆)。この際イワナは関係なし、スプールを追いかけてラインを手繰って下巻きも全部出てやっと回収いたしました。それからは、ハンドツイストで左手をリール代わりにして釣ったんですが「右手に釣竿・左手にライン」で両手が使えないから、岩を超えたり斜面の上り下りが怖い。集中力が切れてきました。

結局、この瀬では12出て11掛けて7つキャッチしました。その後、上流に移動して7つ出て4つ掛けてキャッチ3ですか。釣果は合計10匹。スプールが外れるようになってから、もうメタメタ。2時間で10匹だから悪くは無いんだけど納得いかないなぁ~。

※帰宅後、マーキスを物色したのは言うまでも有りません。


IMG_1109-1.jpg


20:49 | イワナ釣り | comments (6) | edit | page top↑

いい仕事だったはずなのに・・・

大連立?「国難」「復興」の名の下にどさくさにまぎれて世の中の仕組みが変わりそうですね。手始めに「増税内閣」誕生か。

「たまには、こう言う仕事も良いもんだ」と題したエントリーから一年、今年も行って来ました。
去年の記事は此方→たまには、こう言う仕事も良いもんだ

IMG_1108.jpg仕事がらみで山奥へ。標高は1,700m~800m位でしょうか?仕事そのものは1時間ほどで”サクッ”と終了。釣りがしてぇ~、イワナが呼んでる(笑)。 今年も、北向き斜面の沢筋には雪が残ってますね。ウドも小さいし、食べごろなのは標高1,600m辺りでしょうか。でも、ウドと雑草の区別がつかねぇ~(爆)。一緒に行った山菜取りのベテランに聞いたら「雑草食ったって死なねぇ~よ」だって(爆×2)

去年は治山工事のため(重機が通るから)道路状況も良く、入山には工事事務所に顔を出せばゲート開けてくれたんですがね(もちろん「釣り」目的はNG)、今年は工事も終了してゲートを管理する事務所が無いから、同行した役所が「釣りしてたって良いけど、一緒に帰らないとゲートにカギかけちゃうからね」との事。・・・去年は「注意して帰ってきてよ!」だったのに(涙)。そもそもこの仕事、「普段、入山出来ない場所に連れて行ってあげる」「仕事が終わったら後はフリー」の代わりに金にはならないと言うもの(苦笑)。だから、写真目的も居れば山菜取り目的も居て、釣り目的だって居る(誰かな?・笑)。
 なのに・・・今年は完全に空振りでした。貴重な時間を無駄にしてしまいました。
下山した時、偶然、拙ブログにコメントを頂くまーちゃ氏と遭遇。

まーちゃ氏「これから釣りに行きます」

当方「今、1,800mまで行ったよ。釣りなしで」

まーちゃ氏「えッ、何しに行ったんです」(爆)

近々、別の川で出直します(涙)。


※今回、クマに遭遇しました。距離にして10m位でした、黒くて艶々してましたね~。他にも人が居たから怖いとは思わなかったんですが、ヤッパリ冷静じゃなかった様でカメラ構えたら電源が入ってなかった。電源入れてる間に、相手が気づいて向こう岸に逃げて行きました。こんなに近くでクマを見たのは初めてでしたね、可愛かった。振り返ったら、みんな車の中に入っていて外に居たのは俺だけでした(爆×3)


思わず読み返してしまいました。


 
19:40 | 未分類 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑